2009年12月06日

結構簡単に引っ越しできるもんです。

http://ameblo.jp/onenesskyoukai/

ライブドアにも書こうと思っていたけど、
引っ越ししちゃうとなかなか書けないもんですね。



rich23 at 19:13コメント(0)トラックバック(0) 

2009年09月30日

祝! 丸善丸の内本店 ビジネス書週間ランキング 1位!

【Amazonキャンペーン中】10月1日23:59まで!


第二弾の書籍も無事発売になり、
アマゾンキャンペーンをやらせていただいています。

http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html

ご協力いただけるとうれしいです!


かなりなが〜いタイトルです。
「売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!
と言われてもなかなかできない人のための
営業質問術」
(明日香出版社)
  聞き方の達人!コミュニケーション心理学で人生が変わる!


【Amazon総合ランキング ご報告】
9月30日  8:00 110位
      11:00  58位
      13:00  46位
      14:00  39位
      15:00  34位

各カテゴリー内でのランキング:
2位 ─ 本 > ビジネス・経済・キャリア > マーケティング・セールス > セールス・営業
3位 ─ 本 > ビジネス・経済・キャリア > 経営学・キャリア・MBA
7位 ─ 本 > 投資・金融・会社経営


【アマゾンキャンペーンは二日間です】
9月30日(水)0:00〜10月1日(木)23:59


◆キャンペーンページはこちらです。
http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html

出来れば10月1日の午前中に購入いただけると嬉しいです!


◆応援してくれている方々
◎カリスマコーチ谷口祥子さん ※二人で出版パーティーを共同開催します。
http://ameblo.jp/communication-messiah/day-20090916.html
◎集客の鬼・カカコトリさん http://ameblo.jp/cacatokori/day-20090925.html
著書:「一天地六の法則」
◎鳥居祐一さまhttp://blog.livedoor.jp/t4109/
◎魂の伝道師:後藤勇人さんhttp://ameblo.jp/bari1990/day-20090925.html
◎マーク富岡さんhttp://blog.livedoor.jp/yemco0321/
◎出逢いの法則のイチローhttp://plaza.rakuten.co.jp/ClaireIchiro/diary/200909290000/
◎活字中毒モモさん
◎革命的な印刷会社の社長・吉田和彦さん
著書:「ヒトがいない カネがない 仕事がない 社長、ネットがありますよ!」
◎ストレスフリーの木村英一さん
http://ameblo.jp/e-kimura/day-20090925.html
http://www.change-growth.jp/mailmagazine.html
著書:ストレスゼロの仕事術
◎心の求道者・白戸良幸さん
◎イタリア車販売の水河昭彦さん http://www.giallo-garage.com
◎岩永勇二さんhttp://blog.livedoor.jp/yukuyu689/
◎猪狩大樹さんhttp://skaterswalkersparadise.blogspot.com/
 http://mini.mag2.com/pc/m/M0092195.html
◎超一流ファシリテーター福嶋宏盛さんhttp://blog.livedoor.jp/youstillthere/
「まだそこにいるの?」サンマーク出版
◎経営コンサルタントの森谷敬子さんhttp://books.self-creative.net/index.php?%A5%A2%A5%DE %A5%BE%A5%F3%A1%A6%A5%AD%A5%E3%A5%F3%A5%DA%A1%BC%A5%F3%C3%E6%A1%AA

◎四ッ柳茂樹さんhttp://kigyo.livedoor.biz/archives/51569603.html
「起業のルール」(明日香出版社)11月初旬発売
◎アメリカ式美容鍼 上田隆勇さんhttp://ameblo.jp/j-face/entry-10353042872.html
◎発明プロデュース協会木村 勝己さんhttp://kirax.dtiblog.com/?no=59
◎セミナー職人金子欽致さんhttp://ameblo.jp/gogomaui/entry-10352243438.html
◎小顔マスター鈴木清隆さんhttp://blog.livedoor.jp/shinso001/archives/51399864.html
◎素肌美感動プロデューサー今西宜子さんhttp://www.mini.mag2.com/pc/m/M0092247.html
◎マーケティングライター堀内伸浩さんhttp://archive.mag2.com/0000124205/20090929134759000.html
◎花らっ京さんhttp://ameblo.jp/hanaracchio/day-20090929.html
◎人材育成トレーナ小森康充さまhttp://kevin.livedoor.biz/archives/1136504.html#comments
◎きよみんさんhttp://ameblo.jp/happykiyomy/page-1.html#main
◎読書通さんhttp://archive.mag2.com/0000176248/index.html
◎恒信印刷吉田社長http://blog.livedoor.jp/no1syatyou/
◎1日2秒で1冊!究極の成功法則365冊http://archive.mag2.com/0000265234/index.html
◎心屋さんhttp://archive.mag2.com/0000168185/20090930101057000.html
◎某放送局アナウンサーhttp://ameblo.jp/mymymymy1/entry-10353892444.html
◎ちぇぶちゃんブログhttp://ameblo.jp/marisienne/entry-10353579844.html
◎浜地秀穂さん
◎高野美保さん

※ご紹介が漏れている方は申し訳ありません。

ブログやメールでご紹介していただけるとうれしいです。

【告知文の例】
◆この本を書いた理由とは?
私は営業16年間で、人の心を動かすのがうまい人の共通点を見つけました。
自分の要求やセールスを一生懸命をする前に、
しなければならない質問が5つあるのです。

私は部下に教えるために、営業の質問の本を探しまわりました。

しかし、


営業に関する質問の本は

ほとんど無い

という状況にびっくりしたことがあります。


それ以来、長年にわたって
研究し続けてきた集大成がこの本です。


この本でお伝えしたいのは、
特に質問と確認の大事さです。

どんなタイミングで、どんな適切な質問をしたらいいのか?

自分の言い分を言う前に確認したらいいのか?


を中心にまとめました。


相手が動いてくれるように促すには、

質問の順番が大事です。


本に書いてあるマジックキーワードで

順番通り質問するだけで、

驚くほどスムーズに営業ができます。




私のように話が下手で、

説得するのが苦手な人でも、

らくらく売れる方法です。


ほとんど話さなくても売れるようになります。


ただ適切な質問をするだけで、

相手から「売ってください」といわれる技術です。


営業だけでなく、人をスマートに動かしたい方は必読です。

※特典満載のアマゾンキャンペーンは9月30日と10月1日の二日間のみです。
  


http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

とても具体的で使える本だと自負しています。



どうぞよろしくお願いいたします。


http://www.nlp-oneness.com/article/13530162.html

rich23 at 15:44コメント(0)トラックバック(0)セールス出版 

2009年08月07日

一天地六の法則とは?

----------------------------------------------------------------------
このメルマガは、セミナーに参加した方、ワンネス協会にアクセスした方、
松橋と名刺交換した方にお送りしています。
メルマガ購読の登録と解除はこちらから出来ます。
http://www.nlp-oneness.com/article/13157147.html
----------------------------------------------------------------------
サイコロを正面に見て、1の目が出ているとします。
自分には1ですが、目の前の人には6しか見えません。
ひとつの物事の裏側には、必ず別の見方が存在します。

NLPには、リフレーミングというスキルがあります。


リフレーミング(reframing)とは、

ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組みをはずして、
違う枠組みで見ることをいいます。

同じ物事でも、人によって見方や感じ方が異なり、
ある角度で見たら長所になり、また短所にもなります。

このスキルは奥が深いのですが、
その助けになりそうな本を紹介します。


物の見方や考え方を変え、

失敗を成功に、

短所を長所に、

悩みを笑顔に変えていく、

「一天地六の法則」


そんな本が出版されました。
http://www.bookcampaign.com/dsp_html.php?b_id=bok00044&k_id=kai00401


著者はカカコトリさん。

本名は林俊之さんといって、
会社経営のかたわら、
出版やブランディングコンサルティングのセミナーで
全国を飛び回っている方です。

岡山に住んでいるはずなのに、
今月は東京で2回も会いました(笑)


私自身、コンサルティングをしていただいて、
大変お世話になっており、
師匠と呼んでいます。

この本は、
企画段階でチームカカコトリを結成し、
そのメンバーに私も入っているおかげで、

最終ページに、なんと、

私の名前も載っているんです。


その企画ミーティングで、
「逆境で悩んでいる人を励ますような
 コンセプトがいいのではないでしょうか」

と私も発言させていただきましたが、

そんな物の見方を変えるヒントが

たくさん詰まっています。


アマゾンキャンペーンがスタートして半日経ちましたが、

15時47分現在で、なんと2位!

さすがです!


発売前に増刷が決定するくらいの本ですから、

ぜひお読みいただきたいと思います。


そして、キャンペーン期間中に購入したら、
たくさんの特典があります。


まあ〜並みいる有名著者の特典の豪華なこと。

木戸一敏さん、吉江勝さん、心屋仁之助さん、
マーク富岡さん、小幡英司さん、サニー久永さん、
野崎美夫さん、大須賀祐さん、鈴木ヒカルさん


しかも!

その中にはさまれて、

私とカカコトリ師匠の対談音声も

提供されているのです!!


・特別対談 
「クビ寸前社員がトップ営業に変身した、たったひとつの秘密」】


正直、あまり話したくない恥ずかしい部分まで、

カカコトリ師匠の見事な質問で

しゃべっちゃっいました。



キャンペーンは、明日までですので、

有名人の音声をしっかりゲットしてください。


◆捉え方

人生は、物の捉え方次第だとつくづく思います。

師匠は、ガンを患って、
死というものに直面した経験をしています。

そこまでの経験はなくても、
辛かった経験を抱えている人は多いと思います。

本の中に、
「未来のあなたが今のあなたを創っている」
という項目があります。


「未来のために過去があったのだ」

成功を収めた人は、
過去を振り返ると、
「それらはすべて必要なことだった」と、
捉えているはずです。


この捉え方の柔軟性を高める一冊として、
ヒントがたくさんです。

何回か読んでいますが、
読めば読むほど深いです。

お勧めします。

http://www.bookcampaign.com/dsp_html.php?b_id=bok00044&k_id=kai00401

==============================
◆セミナーのお知らせ
==============================
いよいよ明日に迫りました!

★2週間で理想のパートナーと出会える恋愛心理学セミナー8月8日
http://www.nlp-oneness.com/article/13466767.html

※現在参加者の8割が女性ですので、男性の方大募集です!

===================================

◆編集後記

いよいよ、次回作の追い込みに入りました。

もし原稿が間に合わなければ、
出版は中止!

というプレッシャーの中、
原稿を書いています。


絶対書くぞ!
というコミットを兼ねて、

仮のタイトルを発表しちゃいましょう!



『売れる営業マンになりたかったら相手を知れ!
 といわれてもなかなかできない人のための
 営業質問術 』

キャッチコピーじゃないんです。
いや、ホントに、

この長いのが、本のタイトルなんです(笑)

私も、未だに覚えられません(爆!)


こうやって発表してしまったからには、
なんとかせねば。


お客さん、上司、部下など、交渉に関わるすべての人に、

スムーズな交渉技術をお伝えできるよう、
頑張ります。


ということで、
しばらくの間、魅力的な飲み会やパーティーのお誘いも
残念ながらお断りです(悲・・)

--------------------------------------------------------------------
★アメンバー申請大歓迎! http://ameblo.jp/onenesskyoukai 
★mixiは「松橋良紀」で検索してくださいませ。マイミク大歓迎。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社内・取引先・ご友人などへこのメルマガの転送はご自由にお送りください。
【メール】info@seminar-oneness.com
【URL】http://www.nlp-oneness.com/
【運 営】ワンネス協会
 ※メルマガ購読の登録と解除はこちらから出来ます。
 http://www.nlp-oneness.com/article/13157147.html
 まぐまぐの場合→http://www.mag2.com/m/0000237701.html
Copyright (c) 2007-2009 oneness‐kyoukai. All rights reserved.
----------------------------------------------------------------------

rich23 at 16:01コメント(1)トラックバック(0)自己啓発書評 

2009年07月04日

とても豪華な会場でのパーティーでした。
最近はおなじみになった人たちとの会話は楽しい時間になりました。

7月19日にNLPコーチングセミナーでジョイントする谷口祥子さん、
他には珍しくカジュアルな鳥居祐一さん、
いつもおしゃれな市川浩子さん、
市川さんと一緒にセミナーをしているプロカウンセラーの塚越友子さん。

私のセミナーの参加者でもあり、
わざわざこのために岡山からいらっしゃったイタリアンおやじの水河さん

プロアクティブの山口さん、
そして宝の地図の望月俊孝さん。

ところで、望月さんとは深いご縁があるんです。

20年前、初めて参加した自己啓発セミナーの講師をされていたのが
望月さんだったんです。


終わりのあいさつで
「実は今日が最後のセミナーなんです。
独立するので今月いっぱいで退社することになりました。
ありがとうございました。」

ということで、
私にとって初めてのセミナーの参加でしたのに、
辞めますという話でびっくりした印象が鮮明に残っています。

そんな話をしていたら、一緒に帰ろうということになり、
二人でタクシーに乗り込んで、
数十分間お話できるチャンスをいただきました。

友人の市川浩子さんも、どうやらすごい昔に
望月さんの受講生だったと聞いてまたびっくりです。


自己啓発の分野では知らない人がいない有名な方と、
いろいろお話ができる機会に恵まれて、
最近はほんとにツイてるな〜


マツダさんのスピーチは、ほんとうに感謝にあふれるものでした。
何度お会いしても思うのは、
今までお会いした成功者の中で、あれだけ肩の力が抜けた感じはすごいです!

明日、恋愛心理学で取り上げる部分でもありますが、

「自分の感情を直面する」
「自分を受け入れる」
「ゆるす」

こういったことができてる人なんだろうなぁと思います。

そういえば、似たようなことしてますし、次回作は質問術だし、
しばらくモデリングさせていただきます。

魔法の質問に対抗して、

「魔法の聴き方」のマツハシヨシノリ


違和感・・・。

rich23 at 15:32コメント(0)トラックバック(0)出版自己啓発 

2009年06月22日

rich23 at 23:50コメント(0)トラックバック(0)書評出版 

2009年06月16日

私の友人で、全国人材発展協会の後藤勇人さんが出版しました。

【成功したければ目標は立てるな】です。

ところで、私は、20年前に、ポールJマイヤーや、
青木仁志さんのもとでナポレオン・ヒルの成功哲学を学んだり、
その後ナポレオン・ヒルの会社に入社するくらいですから、
「目標を明確に持つことは成功には不可欠」だと思ってきました。

でも、これに対して、

「目標は立てるな」

ですから、
とても興味深いタイトルです。

出版と同時にプレゼントしていただいたので
さっそく読ませていただきました。


グレコ、アイバニーズと、
私の大好きなギターを製造して、
売上で世界のシェア40%を占めるまでになり、
世界一に輝いた会社がフジゲン株式会社です。

その、世界に誇るギター会社の創業者が横内祐一郎会長です。


私は2年前に横内会長の長野での宿泊セミナーに参加して、
心をとても揺さぶられる体験をしました。

なぜ世界一になれたのか?
それは運がいいとか、ノウハウを知っているとかのレベルではありませんでした。

感謝が大事ということは誰でも知っていますが、
横内会長ほど、人への感謝にあふれた方を見たことはありません。
だからこそ、多くの社員が頑張り、卓越した結果に結び付いたのでしょう。

その他にも、世界一の男の言葉はとてもインパクトがあり、
翌年も長野まで泊りがけで参加しています。


なので、待ちに待った本がようやく出たという気分です。


そのセミナー主催者である後藤さんに、初めてお会いした時は、
違う世界の人という感じでした(笑)


サーフィンが好きで、ビジネスマンには見えない異色の風貌ですから、
新宿を歩いているとよくホストに間違われるそうです。(笑)

しかし、スーパービジネス養成講座代表の吉江さんに誘われて
一緒に飲む機会があり、
彼の体験談を聞いてすぐに虜になりました。

24歳から独立してからのさまざまな体験を聞かせてもらい、
独立して数年の私にとって、とても刺激になりました。


一言で言うと、とっても誠実で、まっすぐで、
静かな情熱を感じさせる素晴らしい人です。


彼が、横内会長と初めて会ったとき、
数時間にわたって会長の話をただ聴くばかりだったので、
家を出た後、
自分のアピールを何一つできなかったことを後悔したそうです。

しかし、横内会長からすぐに電話があり、

「話の腰を折らずにあれだけ人の話を聴ける人はなかなかいないですね。」

それ以来、後藤さんは会長から信頼され、
後に講演会の主催などを任されるようになったそうです。


私のライフワークの一つである「聞き方の技術の普及」のために、
この話はぜひ使わせていただきます(笑)


目標を立てるな、という意味について、
会長いわく、

「自分の人生のデザインは天に任せてフローな状態にしておきなさい」


「人間は無限の可能性がある。


その可能性は、あなたが自分自身で描く小さなデザインでは、

引き出すことはできません。」



この言葉に後藤さんは目からウロコが落ちたそうです。


「自分で描いた小さなデザインに縛られるのではなく、
 目の前のことに完全燃焼することを心がけていると、
 天がその人にあった人生のストーリーをデザインしてくれて
 本人の前に提示してくれる。」

というのです。

といっても、単に目標持たずに流されて生きるのとは違って、

壮大なプランを描くことの必要性も説いています。


この相反する部分は、この本から読み取っていただければと思います。

他にも、世界一の男、横内会長の言葉と、
20年以上理美容業界という世界で成果を出してきた後藤さんの言葉は、
大きな力を与えてくれるでしょう。


【特典だらけのアマゾンキャンペーン】

6月22日0:00〜23日23:59まで
アマゾンキャンペーンが実施されます。

1,500円の書籍を購入するだけで、
非売品を含めた多く豪華なプレゼントも用意されています。


【特典1】 経営コンサルタントの吉江勝氏と、
ベストセラー加速成功の道幸武久氏の営業対談と
      億万長者の平秀信氏の出版ブランドマーケティング対談【完全版】

【特典2】 繁盛店から生まれた利益を生み出す実践情報レターPDF

【特典3】 横内祐一郎「世界一マインド」習得塾 入会30%OFF権

【特典4】 元TBS報道番組キャスター菅原美千子ボイストレーニング音声

【特典5】 ネットで10倍!「エン×ブラ」の魔術の菅井浩二氏と
      吉江勝氏のプロモーション映像のマル秘トーク!

【特典6】 人前で話す前の必需品、プロ講師ご用達の話し方チェックシート

【特典7】 後藤勇人・吉江勝・木戸一敏の3人による夜中の大激論
      「なかなか聞けない!コンサルタントのマル秘話」音声

【特典8】 世界配信された横内祐一郎 世界一寸前 55歳の秘蔵映像!

【特典9】 吉江勝氏の教材「パーフェクトマインド・博士の教え」



こういった特典に加え、キャンペーン前に事前予約をすると、
さらに5点もプレゼントになっています。

そのひとつに、私、松橋の
「NLPマル秘PDF」も提供させていただいています。
(現在、急いで執筆中です・笑)


まずは、今すぐ事前予約をお勧めします。

多くの著名人、経営者を魅了する
横内祐一郎会長の魂に触れてほしいと思います。


rich23 at 04:11コメント(0)トラックバック(1)出版マネージメント 

2009年06月04日

3accde64.jpg私のセミナーを10回以上受講していただいている方から、
嬉しいメールをいただきました。


お久しぶりです。H・Kです。
神田の「いずみ書店」では、
入口に近い一角に「営業力アップ」のコーナーが設けられ、
そこに名だたる著者と共に、
松橋さんの「聞き方のルール」が平積みされていました。

ここの書店は小さいながらビジネス書が充実しているので、
多くのビジネスマンが利用しています。

そのうち、どこぞの企業の重役が手にとって
「是非、わが社の社員研修に!」
なんて話が舞い込んでくるといいですね。

rich23 at 13:05コメント(0)トラックバック(0)出版 
友人のマツダミヒロさんが2冊同時に新しい本を出しました。
友人といっても、著者の集まるパーティーで10分くらい話をしたのと、
他のパーティで数回会ったくらいですが(笑)
今まで会ったことのないタイプの人です。

もう、世俗から自然に解き放たれた感じといいますか・・・。
愛に満ち溢れている温かい感じがしていて、
ファンが多いのはとても納得です。


10を超える特典がもらえるキャンペーンの期間はなんと100年!
ただ、出版パーティーだけは、14日までの購入です。
忘れないうちに、サイトを見たらすぐに購入した方がよさそうです。

彼のメッセージです。
これだけでもずいぶん示唆を含んでいます。

本日より出版のキャンペーンを始めました。
新刊「やめる力」(中経出版)新刊「起きてから寝るまでの魔法の質問」(サンマーク出版)

実はこの本、今までのどの本よりも発売後すぐの反響が大きいのです。
どこの本屋さんに行っても目立つ位置に置いてあり嬉しい限りです。

私が初めて読んだビジネスはドラッカーの本でした。
大学の時のことです。
経営の神様とも呼ばれ、「現代経営学」あるいは「マネジメント」の発明者とされることもあったのがピーター・ドラッカーです。

ビジネスに携わっている方であれば1冊くらいはドラッカーの著書を読んだことがあるかと思います。

そのドラッカーはこういっています。
「abandon(アバンドン)せよ」と。

このアバンドンとは「捨てる、見放す、悪い習慣を止める、諦める、断念する・・・」など様々のニュアンスを含んだ言葉です。

古いものにずっとしがみついていては、未来の創造はできません。
でも、経営という視点にたってみると今まで投資をしてきたものはもったいいなく感じなかなかやめることはできません。

「咋日を捨てることなくして明日をつくることはできない」
とも言っているように捨てること、
廃棄することが大切なのです。 それが集中することであり、
資源も限られている企業では何に集中するかが大切であり残っていく条件にもつながっていくんですね。

そう、「やめる力」はビジネスでも大切な力のようです。

新刊「やめる力」のオーディオをプレゼントいたします。

ぜひ受け取っていただけると嬉しく思います。

●オーディオプレゼント http://yameru-chikara.com/


以上、さりげないプレゼントのメッセージでしたが、
サイトを見ると特典が盛りだくさんです。

お勧めです。



rich23 at 04:21コメント(0)トラックバック(0)書評出版 
セミナー講師限定の交流会へ参加してきました。
今日は、営業本を10冊書いている菊原智明さんがメインスピーカーでした。

kikuhara
菊原さんのHP→ http://www.tuki1.net/

コミュニケーションNLP心理学ブログ-菊原智明さん

彼とは、出版パーティーやセミナーで何度もお会いしてきたのですが、
彼がどんな経緯で出版に至り、今の成功へたどり着いたのか、
その話はとても興味深いものでした。

大学を卒業後、不動産営業となり、
首寸前の状態で過ごしていた7年目のこと。

お役立ち情報のプリントをお客さんに配り始めたら、
そこから一件建てる人が現れた。
そこで工夫を凝らし、定期的に情報を与え始めたら、
どんどん売れるようになり、ついにNO1セールスとなる。
毎年トップを維持し、その後独立したというのです。

と、これだけ書くと運のいい人という感じですが、

独立に至った経緯は、上司との人間関係などがあり、
準備なく会社を辞めたので、しょうがなく独立。

何かしないと、ということで自分が成功したノウハウを
ブログで紹介していたりしたら、
出版社の目にとまり、そこから活路を見出したとのことです。

数年間で10冊もの著作をどうしてできるのかを聴いて衝撃でした。


彼が独立してから、毎日どれくらい仕事をしているかというと、
毎日たったの1時間半だけ!!

それを一分もオーバーすることなく、ずっと続けているというのです。

30分はブログ作成。
1時間だけ、本の執筆。

それを欠かさずやっていくと、だいたい1か月半で1冊出来上がるというのです。

私は一日10時間くらいPCの前にいるのに、
次回作の著作は、5か月たった今でも
ほとんど進んでない状態です(悲)


彼の時間管理能力と、維持していく力に驚きっぱなしです。

その後、懇親会があり、お酒もたっぷり飲み、うわさの宮崎マンゴーをいただきました。

mango

美味しかった〜!


と、今日はここで終わりません。

懇親会を1時間くらいで退出して、次は木戸さんか主催しているみとめの勉強会へ。
こちらはゲストスピーカーが何かとお世話になっている吉江勝先生。

吉江先生の体験談も、またすごいものでした。

20代の頃、有名商社に入ったものの仕事に身が入らず、
遊びすぎて借金が山のようにふくらみ、
借金の取り立て屋が来たときに、
「私は吉江じゃありません。友人です」
言い張ったくらいですから、
相当肝が座ってますね。(笑)

そんな彼が、小児病棟というドキュメンタリーを見たとき、
「残りの命がほとんどない子供たちにくらべ、自分は何をやっているんだろう!
五体満足で生まれてきて、何でもできるじゃないか!
もう、いろんな事から逃げるのをよそう!」

そこから、借金とも向き合い、取り立て屋の事務所で話し合いをし、
債務整理を自分でしたそうです。
そして、だらだら仕事をやっている状態から、
営業職で何社も経験し、
その体験が今のコンサル業にとても役立っているといいます。

そして、今までの経験で思うのは、

いろんな問題や悩みは、その人の枠の中で解決できるものしかやってこない。

だから今少しでもできることを一つずつやっていけば、

必ず解決できる!

とおっしゃいます。

吉江先生のポジティブなエネルギーは、
こういった部分に支えられているんだなあ、
と、その秘密を知ることができました。

私もそうですが、みなさんも、
お金や人間関係、仕事、それぞれで悩みはあるかもしれません。

でも、すべてあなたが解決できることしか

やってこないのです。


だから大丈夫です。

安心してください。

すべてうまくいくようになっています。


有名なスピリチャル精神科医の言葉です。

「すべてはうまくいっています」

rich23 at 04:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年06月02日

私の友人のネクストサービス代表で起業コンサルタントの
松尾昭仁さんが、この度、7冊目の本を出版されました!

セミナー講師になるためのセミナーで一躍脚光を浴び、
その後次々と事業を展開されている方です。
先日の出版パーティーも、実は松尾さんの主催でした。

戦略的! クビにならない技術
会社はあなたのココを見ている(すばる舎)
http://www.next-s.net/next/amazon_kubi.html

この本は、会社の中で自分の居場所を確保し続ける
「行動ルール」と「仕事の習慣」をまとめたものです。
社内評価の格差をかいくぐり、
サラリーマンとして長生きするためのポイントが満載です!

自分のサラリーマン時代を思い返すと、
いい仕事をしようが、
能力を発揮しようが、
評価は結局のところ、
お客さんがしてくれるわけではないのです。

そうです。
最終的な評価を決めるのは上司なんです。

社内で成功していくには、
上司との人間関係をいかにうまく作るのか、
に尽きると思います。

この本ともっと早く出会っていたら、
もっとスムーズにサラリーマン生活をエンジョイできたなあ
と、読み進むたびに想いがよぎりました。(笑)


〜著者の松尾昭仁さんより〜
この本は現役サラリーマンだけではなく、
スタッフを一人でも抱える起業家(経営者)の方にも、
ぜひ、お読みいただきたいと思います。
その訳は・・・・本書でご確認ください!!

☆豪華特典つきアマゾンキャンペーン、やってます!

・6月4日(木)0:00〜5日(金)23:59の二日間(48時間・限定)

・特典内容
オリジナルCD「戦略的 サラリーマン長者になる方法」 (定価5,250円)
※1,475円の本を買うと、5,250円のビジネスCDをもれなくプレゼント!

豪華特典つきアマゾンキャンペーン
http://www.next-s.net/next/amazon_kubi.html



rich23 at 02:31コメント(0)トラックバック(0)書評 

2009年05月29日

今回は、全く心理学やコミュニケーションに関係ない話を長々と書きます。


昨日は「HAMMERS WORKS」というバンドのライブに行ってきました。
小野研二(tp)矢堀考一(g)柴崎浩(g)鹿島達彦(b)長谷川浩二(ds)というメンバーです。
これが豪華メンバーだとは後で知りましたが。

ギターの矢掘孝一さんが大好きで行きましたので、
他のメンバーについて全く知らなかったんです。

どんなジャズギタリストかというと、アランホールスワーズと、ジョンスコフィールドを足した感じです。
(マニアしかわからない・・・・)

ジャズというか、プログレが好きな人じゃないと来ないだろうと思い、
開始時間ぎりぎりに入ったら、なんと満員。
「なんで?」

しかも、前列3列ほどは、若い女の子ばっかり!
「なんで?日にちを間違ったかな?」

前半が終わり、この音楽は、若い女の子にわからんだろうと不思議に思い、
休憩時間にお店の人に聞きました。

すると、
「柴崎浩さんのファンが多いんじゃないでしょうか。
彼はWANDSのギタリストだったんです。
今は、TMレボルーションの西川さんと一緒にやってますから。

あとドラム長谷川さんのファンも多いと思いますよ。
アルフィーで22年やっていて、
今はTMレボルーションでもやっているようですから。
筋肉少女帯のドラムもやってます。

ベースの人は、嵐のサポートメンバーだったかな。」

という感じで、それぞれ成功しているミュージシャンでした。

普段はポップス系をやっていて、
おそらく溜まったうっぷんを晴らすかのように、
全員好き勝手にジャズをやってた感じのライブでした。

矢掘さんは凄いのは当たり前ですが、
元WANDSの柴崎さんも、かなり切れてるフレーズの連発で、
ジャズ心たっぷりで、良かったです。

リハーサルはほとんどなしだったようですが、
やはり一流の人達の組み合わせは素晴らしいですね。

スタッフの細身の人たちを見て思いだしました。
22歳のころ、ミュージシャン仲間での会話です。
「飯食いに行くか〜?」
「ああ、オレはガム食べたからいい。」
そりゃ痩せます。

ところで、皆さんの中には、
本業の仕事は不本意だけど、お金のためにやっている。
という人もいるかもしれません。

でも、お金抜きで楽しいと思えることをする時間は必要ですね。

このライブの場合、ライブ入場料3000円で、
満員で40人だから12万。

店に何割か払って、残りを5人で分けたら、
1万円ちょっとのギャラかもしれません。

機材を運ぶ手間や駐車場代など考えたら、
とてもお金目的だとやってられません。

メンバー同士のMCで
「お前らライブの前に、蕎麦屋で二人で1万円使ってんじゃねえよ」
「蕎麦屋は飲むところですから」

こんなやりとりしてましたから、
本日のギャラは、すでにライブ前に、
かなりの割合で飲み代に消えていたようです。

とにかく酔っていてもあれだけ弾けるのは凄いね。



rich23 at 18:24コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月28日

昨日は、タクトコンサルティングという、
税理士の世界では有名な会社に訪問して来ました。


なんと東京駅から徒歩2分の、豪華ビルティングの16F。

そこで、社長の本郷たけし様、

ではなくて、

本郷尚(たかし)様と、お会いしてきました。

私の年代だと、ついつい本郷猛さんと言いそうになります(笑)


本郷社長は、
社員にもっと成長して欲しい、
もっとお客様の役に立って欲しい
という熱い方で、
すぐにファンになりました。


さらに、こんなことをおっしゃってくれました。

「今まで話し方教室などいろいろ通ったりしたけど、

何か足りないと思ってたんだよ。

それが、あなたの「聞き方のルール」を読んで、

自分に足りなかったことが言語化されて本になってる!

と思ったんですよ。

この本は素晴らしい!

もう10回以上読んでます。

私はいい本は何回でも読むんです。」


と、最高の褒め言葉を頂きました。


家に帰ってamazonを見たら、
本郷社長自身が40冊も本を出しているじゃないですか。

とにかく文章を書くのは好きな方らしいのですが、
そういう方がおっしゃってくれるのですから、
なおさらとてもうれしいものです。


ということで、
東京駅徒歩2分の会社で毎月研修を行うことになり、
頭脳明晰な方たちとどんな研修になるか、

楽しみです〜。(*・ω・)ノ

rich23 at 08:00コメント(2)トラックバック(0)セールス聞き方 

2009年05月24日

5月22日金曜日のことです。

出版した経験があるか、あるいは出版社の編集者だけの、
参加者限定のパーティーに招待され参加してきました。

主催者の松尾さんの尽力もあり、終電間際まで楽しみました。

実はこの日、
大東建託様から数日前に研修の依頼が急に入り、
午前中に研修講師をしてきたんです。

毎月研修のご依頼をいただいていて、
先週、全国の成績優秀者に対して研修をしたばかりでした。


朝9時から企業研修ですから、終了したあとはいつもぐったりです。

でも、この日は休む間もなく午後いっぱい打ち合わせがあり、
そして夜からパーティーでした。


有名人だらけで、それぞれのお話を聴いていてとても楽しい時間でした。
びっくりしたのが、6店舗の飲食店の経営を副業でやっていて、
年商3億円の人。
で、本業は、上場企業のサラリーマン。

「え?なんで副業?
週末起業で6店舗ですか?
年商も3億円!

でもサラリーマンだと、年収1千万円ないでしょう?
なんでサラリーマンを続けてるんです?」

と失礼にも聞いてしまいました。


「まあ、サラリーマンの年収は900万円台ですけど・・・
まあお金はいいんですよ。ハハハ(笑い)」

そのコツは?と聞くと、
「いかにシステムを作るか!ですよ」



世の中にはいろんな人がいるもんです。

私は、今は定時に起きて、
定時に出かける生活にはもう戻れないですねえ。

サラリーマン世界では、もう完全に社会不適格者です。(笑)

その分、本をたくさん出して印税だけで暮らせるように朝までがんばります。(『昼やれば?』と、妻の声が…(笑))

rich23 at 17:25コメント(0)トラックバック(0) 

2009年05月11日

NLPプラクティショナーコースがいよいよ始まりました。
10日間に及ぶ心の旅とでも表現しましょうか。

最初の二日間が終わり、NLPはやはり座学じゃ難しいと改めて感じます。

実習がNLPのノウハウの本質かもしれません。

相手に合わせるペーシングというものを知っている人は多いでしょう。
でも、きちんとやれる人はそれほど多くないようです。

この人いい感じの人だなぁ〜
すごく共感してくれているなぁ〜
この人になら何でも話せるなぁ〜

あなたはこんな印象を持つ人に、今までどれくらい出会ってきましたか?

自分の抱えている問題が大きくて、どんな相手でも心を開けないという人も少なくないですが、
それは別として、本当に共感してくれる人はそれほどいませんね。

つまり、多くの人は理屈を知っていても、本当の意味でのペーシングをきちんとやれている人は少ないのです。

ペーシングに限らず、
まずは、自分ができていないということを知ってから、
様々なことが始まります。

参加者の皆さんは、知らなかったことや、
知っていても自分ができていなかったことを体験されて、
大きな一歩を踏み出したようです。

一人残らず、現在の課題や目標をすべてクリアしていく10日間になるよう、私も応援したいと思いました。


NLPの深さと、人の可能性に感動中です!


rich23 at 02:45コメント(0)トラックバック(0) 

2009年04月17日

こんにちは、松橋です。

ワンネス協会では、初のNLP認定プラクティショナーコースを開催します。
この10日間のコースで講師をしていただく近藤哲生先生が出版されました。


マインドマップ資格試験勉強法 (単行本(ソフトカバー))
萩原 京二 (著), 近藤 哲生 (著) 価格¥ 1,680

すでに2万部決定!文教堂書店市ヶ谷店では、ワゴンで100冊山積みだそうです。

資格勉強と銘打ってますが、マインドマップだけでなく、
NLPの高度なスキルをとてもわかりやすく解説しています。
脳を動かす秘訣がてんこ盛りです。

近藤先生がマインドマップ系のNLPのセミナーをする場合、
通常3万円以上します。
そのセミナーで披露しているスキルを出し惜しみなく書いてくれています。

アマゾンキャンペーン
2009年4月17日(金)〜19日(日)の3日間やっています。

13:30現在31位です。アマゾン1位にご協力をお願いします!
http://www.mind-m.jp/


◆特典 
PDF「一級建築士受験 9年連続不合格で学んだこと」

※特典2と3の個人セッションはもうすでに定員に達したそうです。

そこで、この本をキャンペーン中に購入の方には、
ワンネス協会での近藤先生のセミナー
「NLPミッション発見セミナー」の受講料を割引いたします。


◆NLPミッション発見セミナー

講   師 :近藤哲生先生
開催日程: 4月18日(土)・5月16日(土)
開催時間: 10:00〜17:00
場  所: セシオン杉並
交通手段: 東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅5分
定  員: 15名
http://www.nlp-oneness.com/article/13380162.html

お申し込みフォームの備考欄に、
アマゾンから届く注文確認メールの注文番号をご記入ください。
会員価格で受講できます。

※すでに4月18日のセミナーにお申し込みへ、

本日中に本をご購入された方には、会員価格との差額を返金いたします。
アマゾンの注文番号をメールでお知らせいただくか、
アマゾンから届く注文確認メールのコピーを当日お持ちください。

金  額: 29,800円のところ、本をご購入の方は、
      会員価格14,800円!



■プラクティショナー平日コースがオープン!
NLP歴15年の近藤先生が講師です。本物のNLPを学んでください。

NLPを学ぶということは、脳を使いこなし、
他人との関係を変わり、自分との関係が変わるということです。

お支払いはカードでの分割もご用意しましたので、
お申し込みがしやすくなりました。

認定コースはこちら
↓↓↓
http://www.nlp-oneness.com/category/1273167.html


■編集後記
最初の本を書くというのは、
自分の人生で、何千時間と、何千万もかけて学んだことを
すべて吐き出す作業のようなものです。


私の「聞き方のルール」の著作でも、
今まで学んだことをすべて出し切った感じがします。

それを考えると、本の価格って安いですね〜。
脳の使い方に興味がある方は、必読!
http://www.mind-m.jp/



rich23 at 13:59コメント(0)トラックバック(0)書評NLP 

2009年04月07日

「どんどん後悔しよう!」
えっ?なんで?

----------------------------------------------------------------------

こんにちは、松橋です。


先月そういえば、週刊ダイヤモンドの記者の方から電話がありました。
「聞き方のルールを読んで電話しました。
営業に関しての聞き方について取材させてください。」

あれ?今営業質問術について書いてんだけど、
知ってるわけないし・・。
もちろん雑誌に載るかもしれないから、
「ええ、もちろんいいですよ!」
「ありがとうございます。では明日はいかがですか?」

ということで取材を受けたのでありました。
2時間にわたって質問の仕方、営業の心理術をお伝えしました。

4月中旬の週刊ダイヤモンドの営業特集に掲載されるらしいので、
またお知らせします〜。


■どんどん後悔しよう

カウンセリングの相談内容で多いのが、
「ぐずぐず悩む癖があるんです。
こんなマイナス思考を変えたいんです。」

茂木健一郎さんが出ている
「プロフェッショナル」という番組で、
脳活用SPの回でこんなことを言っていました。


「後悔はどんどんしなさい」

解説はこんな感じでした。
--------------------------------------------------------
後悔とは、こうすればうまくいく!という想像と、
現実にやってしまったことを比較しているんです。

ただ単に起きてしまったことだけを、
ただ反省するの違って、

ぐずぐず後悔するということは、

『他にこうすればよかった・・』

と想像することなんです。

成長、向上に必要なんです。

後悔は、過去を変えるためにやっているんじゃない。
後悔は、未来を変えるためにやっているんです。

--------------------------------------------------------

どうです?

いつもぐずぐず後悔してばっかりの人も、
それでいいですよ!
どんどん後悔しましょう!

NLPでいうと、
未来質問と問題質問の使い分けも加えたらいいですね。

「あの時に、あんな余計なことを言わなきゃよかった!
どうして言ってしまったんだろう?」

「どうして?」
と自分に質問するということは、
理想の結果を導く行動と比べているのでしょう。

ということは、
茂木さんによるとこの場合、
余計なことを言わずに、
どんな行動をしていたらいいのか、
潜在意識ではイメージしているはず。

そのイメージをより早く導くためには、
「なんでやってしまったんだ?」
を、
「どうしたらよかったんだろう?」
という質問に変えるといいです。

どんな言葉を自分に使うかで、
脳の使い方が大きく変わります。

ぐずぐず後悔=「どうしたら」

この図式が自然に身に着くまで、
練習あるのみです。


では練習です。


まずは、後悔できることを探してください。(笑)

そして問いかけましょう。
「どうしたらよかったんだろう?」

何かが変わるかもしれません。



■本の紹介

4月29日にスーパービジネスマン講座主催のNLPセミナーで、
市川浩子さんと吉江さんと3人でジョイントします。

その、友人でもある市川浩子さんがが満を持して出版しました。
彼女はモテ塾のパーソナルプロデューサーであり、
NLPマスタープラクティショナーです。

モテ塾と名前だけだと軽い感じがしますが、
NLPや心理学のコミュニケーションセミナーなどで
モテるビジネスパーソンを育成するかなり硬派なビジネス塾です。

開塾5年目で、受講者は累計2000名を超えていますので、
それだけ内容がしっかりしているわけですね。
現在は結婚相談所と提携して婚活者を強力に応援中です!

【本の内容】
101個の話し方のルールは、さすがNLPの講師だけあって、
心理的裏付けがきっちりしてあり、読み応えたっぷりです。
数値がたくさん出てきますのでロジカルな方も納得です。

・なぜオバマ大統領が勝てたのか?
・人前で話すときの立ち位置、スペースの活用法
(NLPの秘儀なので、これを本で書いてほしくなかったです)
・男女の話し方の違い
・男女のウソをつく時の視線の違い
・誉め方のスキル

読んでみて、コミュニケーションの専門家を名乗る私も、
知らないことがたくさん書いてありました。
マナーの先生でもあり、心理学に精通している彼女ならではの、
とても内容の濃い本です。

女性向けのタイトルですが、男性も読んで欲しい本です。
婚活している人は必読です!
私の本と同じ明日香出版社のルールシリーズです。

「働く女(ひと)の伝わる話し方の新ルール」
(1,365円 市川浩子 明日香出版社)

4月7〜8日、アマゾンキャンペーン開催!
PC⇒ https://m.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=motejyuku&c=84&n=1700
携帯→ http://motemaster1-hp.hmb1.allin1.jp/add/1237468210161/;jsessionid=073C9EF5C993F42FF96A7573CAD26DCE

■コミュニケーション心理学を一日でマスター

「コミュニケーションNLP一日セミナー基礎編」
http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html

会話が苦手な理由が分かります。
一日でコミュニケーションが確実に変化します。
NLPのスキルを、一日で一気に学びたい方へ!


■NLPミッション発見セミナー
http://www.nlp-oneness.com/article/13380162.html

「やりたいことがわからない」
「生きがいを見つけたい」
「熱中できる仕事につきたい」

このセミナーで、自分の素晴らしい可能性に出会いましょう。


■プラクティショナー平日コースがオープン!

NLPを学ぶということは、脳を使いこなし、
他人との関係を変わり、自分との関係が変わるということです。

お支払いはカードでの分割もご用意しましたので、
お申し込みがしやすくなりました。

認定コースはこちら
↓↓↓
http://www.nlp-oneness.com/category/1273167.html


■編集後記
近くの公園では、毎晩花見が行われています。
学生8人のグループが道路脇で飲んでました。

なぜか、和田アキコの「あの鐘を鳴らすのはあなた」
を、フォークギターで歌っている男性がいました。
とても歌が下手でした・・・。


でも、あの歌を、
人がたくさん通るあんな場所で歌える度胸があれば、
何でもできそう。うまくなるには場数が大事ですしね。

でも、自分のキーに合う曲をせめて歌って欲しい(笑)


あ、それは、私がよく言われてることでした。
カラオケでXジャパンを原曲キーで歌うと、
「超音波だ」「鳥が鳴いてる・・・」
「血管が切れそうな曲ばかり歌うね」

そこで教訓。

「人のフリ見て、わがフリ直せ」


でもやっぱり、
「ゴーイングマイウェイ」ですね。

ちなみに、もっともゴーイング・マイ・ウェイを貫く有名人は?

というアンケートで第一位は、
高田純次さんだそうです。

あのテキトーな芸風をずっと変えずに、
有名なCMに出てるのですからすごいです。


私も貫きます。
え?超音波じゃないですよ。今の仕事のことですよ。(笑)


rich23 at 08:00コメント(0)トラックバック(0)心理学NLP 

2009年04月02日

自分のやりたいことってなんだろう?
これに答えられる人がうらやましいです。


こんにちは、松橋です。


社員研修がありました。
社内の活性化という目的で、
50人くらいの一般社員や営業社員を対象に、
聞き方の技術の研修です。


社員同士の会話が少ない職場ということもあり、
とてもみなさん楽しそうでした。



聞き方の技術と言っても
自分の楽しかった話をしてもらい、
それを聴くというパターンで行ったので、

自分のリソースを拾うことが
いかに人を元気づけるのかを改めて実感。


聴き方がうまくなると同時に
元気になる研修を目指していますので、
大成功でした。


◆自分のリソース
NLPでいうリソースとは、
直訳で「資源」ですが、自分の成功体験や、能力、スキル、
他には人脈などを指します。

潜在意識は、言い方は変ですが、けっこうおばかさんです。(笑)
過去も現在もわからないのです。

今、自分が体験していることと、
過去に体験したことをイメージしていることの違いがわかりません。


ということは、
自分の能力を発揮できる人は、
自分の素晴らしい体験にアクセスして行動を起こしてる。

なかなかうまくいかない人は、
うまくいかなかった体験にアクセスして行動を起こしている。

つまりトラウマっていうヤツですね。


そのイメージを変える技術がNLPにはたくさんあります。
その一つにサブモダリティーというものがあります。

視覚なら、イメージの明るさや大きさ、位置、距離などのことです。



◆自分のワクワク
NLPでサブモダリティーを学んで衝撃的だったのは、
恐怖症なんかも短時間で治療できてしまうということでした。


ある嫌な体験が忘れられないという場合、
脳の中に大きくて、距離が近く、色が鮮やかなイメージを
刻み込んでいるかもしれません。


そのサブモダリティーを
まるでミキサーのツマミをいじることで、
イメージを変えることができるんです。


そういったことを、時間をかけて学ぶとしたら、
やはりプラクティショナー認定コースということになりますが、
そこまでやれない方に、お勧めのセミナーを用意しました。



あなたは自分のワクワクした体験を
どれだけ現在に使えていますか?

今現在、自分の使命が明確に言えますか?


この問に答えられる方には、
とてもうらやましく思います。


なぜなら私は長い間、自分が何をしたいのか
さまよい続けてきました。

NLPでやっと自分の使命が明確になったとはいえ、
もっと短期間に、
自分やりたいことを見つけるセミナーを
構築できないか悩んでいました。


そんなことを考えていたら
認定コースのトレーナーをしていただく
近藤哲生先生がいうんです。

「そんなのNLPとマインドマップを使えば簡単だよ」


ええ〜!もっと早く教えてくれればいいのに〜!(笑)

といった具合で、
急きょ、4月18日のセミナー開催となりました。



◎NLPミッション発見セミナー
http://www.nlp-oneness.com/article/13380162.html


近藤先生のNLP体験セミナーも4月5日開催です。
こちらは、9,800円という特別価格でやってます。
・NLPってなんぞや?
・本は読んだけどよくわからない!
・何にも知らないけど、コミュニケーション力を変えたい

などという方にはうってつけです。



■プラクティショナー平日コースがオープン!

「土日は休めない」
そういった職業の方も多いと思います。

私自身、20年以上にわたって、
個人相手の営業や販売でした。

なので土日休む事はほとんどありませんでした。

何曜日に開催するか、
かなり悩みましたが、
とりあえず毎週水曜日に開催ということで
平日コースをオープンしました。
告知したばかりでまだお申し込みはありません。

とりあえず水曜日にしましたが、
「○曜日だったら参加します」
というご連絡があり次第、
先着一名様のご意見を優先して、
開催する曜日は変更したいと思います。
(NLPは柔軟性が大事なんです・笑)

お支払いはカードでの分割もご用意しましたので、
お申し込みがしやすくなりました。

心のことを知りたいなら必須のコースです。
認定コースはこちら
↓↓↓
http://www.nlp-oneness.com/category/1273167.html


■編集後記

気がついたと思いますが、
4月になったので気分を変えて、
メルマガの書式を変更してみました。



というフレーズですが、
ミルトンモデルを使っているのに気が付きましたか?

NLPでは、暗示などを使って誘導していくスキルのことを
ミルトンモデルといいます。

「4月になったこと」と「書式変更」は、
原因を暗示しているようで、
よくよく考えると全く関係ないですね。

実は携帯での登録の方が増えたのが
大きな理由なのですけどね。


テレビでは、こんな誘導言語があふれていますが、
妻が妙に気づくんです。

「今のさ、ミルトンモデルだよね。
『〜なので、・・・だよ!』
って、前後は全く関係性がないし・・・。」

ふと気がついて彼女が言いました。

「NLPを覚えたら、
こんなことに気がついてめんどくさいね・・・」


彼女がどんな販売員にも誘導されない理由が
わかった気がします。

ちなみに私の言うことにも・・・・。


お願いだからNLPをこれ以上学ばないでください。(笑)




rich23 at 12:00コメント(0)トラックバック(1)NLP 

2009年03月26日

知り合いの心理セラピスト、心屋さんが
二冊目の本を出版します!

3月26.27の2日間、アマゾンキャンペーン中は、
いろんな特典が付いています。

-------------------------------

恋愛・仕事・家族・学校・友人・子ども・病気・お金・・

この短い物語には、
目の前の問題を解決する「人生の法則」があります。



■この本の主人公は、33歳OL 裕子。

調子の良かった彼女の人生が、
ある上司の登場によって突然崩れ始めます。

しかし、どん底の彼女は、ある本との出会いから、
彼女が抱えていた「本当の問題」に気づくことになります。

出会いと別れ、様々な出来事を通じて、
それらを紡ぎ合わせることではじめて見えてきたのは
「本当の問題」 でした。

それは、遠い昔に起こった、思いもよらない出来事。
そんなことが、今の彼女の前の問題を引き起こしていたとは・
・・


■自分の「本当の問題」を探す

裕子が、
問題を解決していくその過程を通じて、
読んでいるあなたの中にある、
「目の前の問題を引き起こす本当の問題」に気づくかもしれません。

この本当の問題に気づくだけでも、
人生が大きく変わるでしょう。


心屋さんの心理療法を使い、
実際に変化を遂げたクライアントのケースを
元にした話だそうです。

多くの人に共通する心の悩みのパターンと、
その解決方法を知ることのできる心の成長ストーリーです。



☆光と影の法則(経済界) ←キャンペーン中
  http://www.bookcampaign.com/kokoroya/index_main.php


◆「送料分は楽に元の取れるプレゼント」 が用意されています。

・ 心屋が掲載された雑誌 an・an の「損な性格・得な性格」の
  完全拡大版PDF
・ 心屋のリラクゼーション誘導音声プレゼント
・ 心屋のイベント10% 割引券
・ お勧めメルマガ、ホームページの紹介
・ 主人公を解決に導いた質問のワークシートPDFプレゼント
・ このキャンペーンを紹介していただける方からのプレゼントオンパレード


 また、キャンペーンページでは、
 「光と影の法則」の内容の一部を、先読みしていただくことができます。
  http://www.bookcampaign.com/kokoroya/index_main.php

  お楽しみください。 


■事前に読んでいただいた感想だそうです。

・過去の自分のために書かれていると思い涙が溢れ出しました。

・朝のラッシュ時に読んで、かなりウルッときて大変でした。

・何度も繰り返して読みたくなりました。

・この本を読んで、
 何故、僕はあの人に嫉妬するのか、
 何故、僕はあの人を好きなのか、
 何故、僕はあの人を嫌いなのか、
 何故、僕はあの人と別れたのか、
 何故、あの人は僕を避けるのか、
 何故、あの人は僕に頼るのか、
 何故、あの人は僕を好きなのか、
 何故、あの人は僕と付き合っているのか、
 何故、何故、何故、。。。

 沢山の何故が、!!! となりました。

========================
心屋さんは、セラピストとして実績のある方ですが、
その豊富なセラピー体験から、
職場での人間関係の悩みをとてもわかりやすい物語風に書いています。

読んでいるうちに潜在意識レベルからの変化が起こるでしょう。

rich23 at 10:00コメント(0)トラックバック(0)書評 

2009年03月08日

nakamatu
浜口直太先生のパーティーへお招待いただいて行ってきました。
ドクター中松氏と写真を撮らせていただきました。
私の顔はあまりコンディションが良くないので、カットです(笑)

浜口直太さんの本は先日ブログでも紹介しましたが、今回の本で50冊、一年で15冊ペースだそうです。
私も来月出版が決まり、これから執筆にかかるところです。

え?今から?
そうなんです。これからの二週間くらいで書くのです。
今は、30ページくらいしかかけてないので、まるまる一冊をこの2週間で書くのは、私にとって、とても大きなチャレンジになります。

浜口さんを目指して頑張ります。

rich23 at 00:39コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月20日

「聞き方のルール」出版記念パーティーを開催します。

 
【日時】 2009年2月28日(土)
【時間】 15:00〜18:00(受付開始14:30)
【会場】 カブリシャス・カフェ(門前仲町駅1番出口より徒歩2分)
     東京都江東区富岡1-13-1 電話 03-3642-3373
【会費】 5,500円
 
主催は高田馬場起業村代表の岡村さんです。
岡村代表⇒ http://eupsychia.jp/modules/weblogD32/details.php?blog_id=1

彼の人脈も凄くて、弁護士や、国会衆議院議員、心理学の先生、税理士、有名な著者と幅広いのです。
おかげで、初めて国会議員の方と親しく話す経験ができました。
六本木の南原竜樹さんの自宅でのパーティーに毎月参加できるのも彼のおかげです。
(3月もあるそうなので、超豪華なお住まいに行きたい人にはご紹介します)

スーパービジネスマン養成講座で有名な起業&経営コンサルタント、
吉江勝先生がゲストでいらっしゃいます。
吉江先生のおかげで今の私があると言っても過言ではありません。
吉江勝先生⇒ http://www.eigyou.jp/
スピーチをお願いしています。

2,3曲、友人の女性カウンセラーがジャズを唄います。
かなりの美人です。
白神さん⇒http://www.plus-mind.com/
私がギターで伴奏をやります。
でも、まだ打ち合わせすらしてません。(苦笑)まあご愛嬌ということで。

吉江先生のセミナーや鳥居祐一さんのパーティーで司会をした元アナウンサーの菅原美千子さんもいらっしゃいます。
なんと彼女は同じ高校の後輩だったのです。
プロのスピーチに乞うご期待。

他にも来られた方に、スピーチをお願いしようと思います。

私が主役のはずですが、主役よりもパワフルな方がたくさん来られるので、私の影は薄くなるばかり。
聞き方の本も出したし、聞く方に回ります(笑)

単なる交流会、というか、飲み会になりそうな予感もありありですが、
メルマガでしか私を知らない方も気兼ねなくご参加ください。

申し込みはこちら⇒ http://qol.shop-pro.jp/?pid=11765872



rich23 at 10:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年02月18日

保険の営業をしている女性から相談を受けました。
「どうも保険の話じゃなく、異性として興味を持たれてしまうことがあるので、
どうやって、それをかわしたらいいかわからない。」
また、こういった相談も良く受けます。
「相手からなめられている感じがする」

私も営業マン時代、異性として見られる経験がないわけではありませんが(笑)
かわすような事を特にする必要はありませんでした。
なぜなら、今思えば、あるポイントを押さえていたからだと思います。

また、重要な商談があるのでコーチを受けたいという時に、
セールストークの指導もしますが、
最終的に最も大事な「あるポイント」に時間をかけていきます。


あなたなら、どんな相手から商品を購入したいと思いますか?

人間関係づくりがうまい人。
波長の合う人。
話をよく聞いてくれる人。
商品知識をたくさん持っている人。
他社との違いをしっかり伝える人。

いずれも大事です。
ただ、もっと大事な部分があります。


◆5つの意識レベル

NLPではニューロ・ロジカル・レベルという、
とても私が大好きな考え方があります。
(このメルマガでも何回も紹介していますね)

あなたが何か相手に伝えたいとします。
例として、保険を勧めたいということで考えてみましょう。
その意識レベルを5段階に分けてとらえてみます。

?第一段階:環境レベル
このレベルでとらえた場合、こういったトークになります。
「私の会社は、あなたから近いところにあるので、
何かあったとき、いろいろと便利ですよ。」

?第二段階:行動レベル
「うちの会社はフォローをまめにしますので、安心です。」

?第三段階:能力レベル
「私は、こういったことに関してかなり詳しくて知識が豊富です。
他のセールスマンより安心できますよ。
商品も、こういった保障が特徴で、こういったメリットがあります。」

?第四段階:信念・価値レベル
「この保険の価値はこういった価値があります。」
最高のもの、素晴らしいものだという信念を持ってお勧めしています。」

?第五段階:アイデンティティー・使命レベル
「私がなぜこの仕事をやっているかというと、
保険で自分がとても助かった(あるいは嫌な)体験をしたからです。
だから、そういったことを多くの人へ広めるためにやっているんです。
一人でも多くの人に安心して欲しいという使命感を持ってやっています。」

◆信念や使命感を伝える

相談してくれた保険の彼女に聞きました。
「なぜ保険の営業をやっているんですか?」
「それは、自分がOL時代に保険に入っていて、
 保険のおかげですごい体験があるんです。それは〜」
(あまり詳しく書くと特定されますのでこのくらいで)

「それでは、その思い、信念、使命感をお客様に伝えていますか?」
「いえ、今まではあまり話していなくて、商品の説明に終始していました」


信念にあふれていて、使命感を持って、一生懸命やっている人に対して、
人は、軽くあしらうような態度はとらないものです。
それどころか、応援してくれる人が増えていきます。

セミナーや本などでいつも私が発信していることがあります。
「話の聞き方を学ぶ人が増えることで、多くの人が救われる」
ということです。

話を聞くのは、簡単なようで案外難しいのです。
相手のことを聞いているようで、ついつい自分に意識が向かいがちです。
NLPには相手に意識を向ける技術がたくさんあります。

私のコミュニケーションが苦手だという悩みや、
まったく売れないという悩みは、話を聞く技術で救われました。
そこで、「そういった技術を伝えていくことで、多くの人を楽にしたい!」
という使命感を持つようになりました。
今回の出版に関しても、私のそういった使命感や思いに対して、
たくさんの人が応援してくれたように思います。

あなたが尊敬する人、応援をしたいと思う人は、きっと、
自分の広げたいことに対して信念を持っているでしょう。
自分のためというより「人のために」という
使命感を持って行動しているところに魅力を感じているはずです。

だから常に、自分の使命感、思い、信念を言葉にしましょう。
最初は居心地が悪いかもしれません。
しかし、たくさんの人に話すうち、
しっかりと自分の目指すことが固まっていきます。


◆使命を見つけるには?

ちなみに、どうやったら自分の使命が見つかるのか?

それはあなたの過去の苦労したことや、
悩み苦しんだことの中にヒントがあります。

私自身、「悩んでいた頃の自分」のような人に向けて
伝えたいという使命を感じてやっているところがあります。

営業3年目、売れなくて悩んでいた頃にNLPに出会って、
私は突然売れるようになりました。
人とのコミュニケーションが苦手というのも克服できました。
悩みもなく、すぐに営業で成功していたら、今の私は存在しません。
セミナーもやっていないし、本も出していないでしょう。

あなた自身が過去に悩み苦しんだ体験は、実は素晴らしい宝物なのです。
今現在もその悩みから抜け出せない人に対して、
あなたは体験者として、力を貸してあげられることがあるはずです。

あなたが現在やっている仕事は全く関係なさそうでも、
実はあなたの経験を伝えることができるかもしれません。

その体験と現在の仕事とのつながりを発見できた時、
今の仕事に対する意欲や、説得力など、質が大きく変化するでしょう。

そして今、悩んでいることがあるとしたら、将来の宝物になります。
あなたが将来、多くの人を助けるために体験しているのかもしれませんね。

ちなみに私の今の悩みは、メルマガをなかなか書けないことです。(笑)
これも将来の宝物?

・・・・単に発行してない言い訳でした。(笑)

rich23 at 13:38コメント(0)トラックバック(0)NLPセールス 

2009年01月26日

「生まれてこなければよかった・・・」
今、小学生の30〜40%がそう思っている。
そんな事実を聞いて驚きました。

なぜでしょう。
その理由を聞くと、
「自分の周りにはなりたい大人がいない」
と答えている子供たちが多いそうです。

問題なのは、そう思っている子供ではなく
周りにいる大人が原因なのかもしれません。

子供が生まれてきたときにはまるで「天使」が舞いおりた感動をお持ちの方も、なぜかダメなところばかり見えてしまい、怒った後に後悔したりするようです。

そこで、友人のカウンセラーのレポートを紹介します。
自らを"ラテン系メンタルセラピスト"と名乗り
ソース公認トレーナーでもある 山志多みずゑさんが、
「子育て」と「自分育て」をするすべての人へのメッセージを
レポートにしました。

山志多みずゑさんのメッセージです。
=======================================
【「問題児の母」と呼ばれた私が、実は 一番の問題児でした・・・】

「天使に『自信』の魔法をかける・・・あなたにしか出来ない3つの魔法の使い方」
すでに全国、そして海外の約2000名の方が読まれています。
これは育児をしている、していないに関係なく、
あなたが忘れている「何か」を気付かせてくれます。

無料レポートのダウンロードはこちらからです
「天使に『自信』の魔法をかける・・・
あなたにしか出来ない3つの魔法の使い方」
http://switch.ongaeshi.biz/page11.html
=======================================

聞き方の普及に努める私ですが、
さらに進んで相手の素晴らしさに目を向けて口にする、
つまり承認するということの必要性を痛切に感じています。

「誉める」というと、何か思っていないことを言うようなイメージがありますので、
心理学的な言い回しで「承認する」という言葉を使っています。

人を認めることは、自分を認めることにつながります。
子供さんがいない方にもお役にたつと思います。
http://switch.ongaeshi.biz/page11.html

rich23 at 03:30コメント(0)トラックバック(0)心理学 

2009年01月25日

友人の澤田さんが書籍を出版しました。

「選ばれ続ける社員の法則77 出世が早い!にはコツがある」

浜口直太さんとの共著です。
「聞き方のルール」を編集者から依頼された時に、『浜口直太さんの「仕事のルール」は20万部の大ヒットなんです。この形式でお願いします。』とお願いされました。
彼の本を読むと、なるほど、わかりやすく、仕事でのメンタリティーとノウハウがぎっしり詰まっていて、それぞれは簡単なようで、奥行きの深さを感じました。
今回の本は、その上級編といった感じです。

心理学をベースにしたスキルを紹介するのが私の持ち味ですから、その観点で書評を書きます。

115ページの「人のいいところだけ盗もう」
悪いところは見内で、相手のいいところを見るというのは、実は自己イメージを最も上げるのに役立つということを書いてあり、その通りだなと思います。

自己イメージが自分の人生を決めています。
他人の欠点に注目するのは、実は自分の中での治療が必要なポイントを知らせるシグナルだといいます。
自分の痛みを感じるところなので、相手の欠点が気になる。

でも、相手のいいところは痛みが発生するわけじゃないからなら、注目するのは難しい。
その上で、相手のいいところを口に出すことで、どんな効果があるのかを紹介しています。心理学のことには触れていませんが、おそらく深い心理を学んでいないと書けないなぁと思います。

本を読むことについてもその重要性を紹介しています。
自分が本を書いて思うのは、その時持っているものを全部出して何とか書けたように思います。
長い間セミナーなどをやって積み重ねてきたノウハウを、フルに出し切って一冊が仕上がります。私の場合だったら、何十年にわたって経験したことを一冊に凝縮しているようなものです。

それが1500円くらいで手に入れられる本というのは、最も費用対効果の高い投資だと思っていますので、本はあまり躊躇せずに買うことにしています。

そうして多くの自己啓発書を読んできた私から見て、自己啓発書のダイジェスト版のような本だと思います。その証拠に参考図書は秀逸の本ばかり並んでます。

一つ一つの項目はルールシリーズのように短いので、自己啓発書を読みまくってきた人には復習本として、社会経験の少ない方、あまり自己啓発書を読んだことないには、これからの導入本として役に立つと思いました。

私も浜口さんのように、ベストセラー作家を目指して、書いてある、できそうでやれてない基本をしっかりやっていこうと思います。

26日限りでアマゾンキャンペーンをやっています。
浜口さんの講演会の無料券が当たるか、はずれてもその音声がもらえるそうです。
http://www.bookcampaign.com/erabaretsuzukerushain/



rich23 at 03:17コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月21日

アマゾンランキング なんと初著書にして5位達成 !!

わたくし松橋良紀が、世の中に情報を発信しはじめたのは、このブログが最初でした。
2005年3月ですから、約4年前です。
そのころには本を出すなんていうのは遠い世界の話でしたが、そこを出発点として、今月出版までこぎつけることができました。
しかも、もうすでに2冊目の出版の話もあります。
皆さんの応援のおかげです。感謝です。ありがとうございます。

聞き方のルール

◆日経新聞掲載&アマゾンランキング5位記念キャンペーン実施中
http://www.nlp-oneness.com/article/13354574.html

【 記念キャンペーン特典の詳細 】

 近藤哲生ブレイントレーナーのガイドブック
『NLPで学ぶ「脳を生かす勉強法」』
 日本で初めてマインドマップトレーナーとして公認され、
 脳の使い方を知り尽くした近藤哲生先生の極秘ファイルです。
 NLPトレーナーとしても10数年のキャリアを持つ、
 NLPの草分け的トレーナーが、脳の使い方の秘密を公開します。


◆【アマゾンランキング!】
各カテゴリー内でのランキング:
1位 ─ 本 > ビジネス・経済・キャリア > ビジネス実用 > ビジネス交渉・心理学
1位 ─ 本 > ビジネス・経済・キャリア > ビジネス実用 > プレゼンテーション
1位 ─ 本 > 実用・スポーツ・ホビー > 話し方・プレゼン


【総合ランキング 1月20日】
14:20 49位
15:10 42位
16:04 32位 
16:49 28位
17:33 22位
18:14 22位
19:03 16位
19:33 15位
20:31 13位
21:01 13位
21:31 11位
22:16 11位
22:30 10位 ついにトップ10入り!
23:04  7位
 

そして24:23 ついに5位です! 凄いです!!    
ありがとうございます!感謝です!


オバマさんと清原さんとハルヒには残念でした・・・。(泣)
しかし、「夢をかなえる象」に勝ちました!
勝間さんにも勝ちました!原田隆史さんにも勝ちました!

みなさん、ありがとうございます!!


◆大手書店の週間ランキングにも入りました!

丸善丸の内本店週間ランキング第5位!
リブロ汐留シオサイト週間ランキング5位!

そこで早くも増刷が決まりました!
さらに、21日の日経新聞で紹介されました。
クリックすると拡大されます
↓↓↓↓↓↓
聞き方 日経新聞









以下告知文です。
===============================

「自分の良さをわかってもらえない」
「上司とうまくいかない」「人にもっと好かれたい」「人間関係が苦手」
そんな悩みをお持ちの方に特効薬を紹介します。

『あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール』
 明日香出版社 1,470円 著者松橋良紀
  http://www.nlp-oneness.com/article/13354574.html

===============================
ワンネス協会代表の松橋良紀です。
私はあることを学んだ瞬間から突然トップセールスに生まれ変わりました。

何を話したらいいかわからない、上司との関係がうまくいかない。
これらはひょっとして「話すこと」が苦手だからと思っていませんか?
ほとんどの人は、実は聞き方の技術を知らないで苦労しているだけなのです。

カウンセラーの勉強をして大きな衝撃を受けてから、
売れない営業マンから脱出できました。
心理学のプロであるカウンセラーは、
「聞き方の技術」で相手の内面の変化を作り出します。

タイトルは「あたりまえだけど」といいながら、
全然あたりまえじゃない聞き方に関するプロの技術、
心理学、NLPなど高度な技術をふんだんに紹介しています。
目から鱗がたくさん落ちること間違いなしでしょう。


◆書籍「聞き方のルール」で得られることとは?
・人に好かれるようになります。
・コミュニケーションの悩みが解決します。
・なぜか「話し上手だね」といわれるようになります。
・人の気持ちが読めるようになります。
・空気を読めるようになります。
・人から相談されるようになります。
・多くの人から頼られるようになります。
・NLPなどさまざまな心理学の技術がわかります。
・多くの人を幸せにする技術が学べます。

どうせなら、様々な特典をいただいちゃいましょう。

→ http://www.nlp-oneness.com/article/13354574.html

===============================

◆送料がもったいない人へ!
 アマゾンで合わせて買うとしたら、こちらがお勧め!


スピード・ブランディング―普通の人がブランドを確立し、成功を加速させる鳥居祐一著
サラリーマンの方には、小さな一歩の踏み出し方が特に参考になります。まずは踏み出そう!

みとめの3原則 - 人間関係にも業績アップにも効く「1日たったひと言」の仕事術
木戸一敏著
聞き方を学んだその先は、3つの『みとめる』をマスターしましょう!究極のコミュニケーション本。

いつも目標達成している人の読書術 (アスカビジネス)丸山 純孝著
成功者は本の読み方が違います。成功ノウハウ研究家の丸山さんが10年以上かけてまとめた、なりたい自分になるための本です。

あなたが変わる「話し上手」の法則 田中省三著

あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール (アスカビジネス)堀内 伸浩著
話し方、プレゼンのプロが語る技の宝庫、聞き方、観察の仕方も大事だということがわかる本。

直江兼続のことがマンガで3時間でわかる本 (アスカビジネス)
吉田浩著
義を重んじた武将直江兼続の生きざまには学ぶものがたくさんあります。

図解入門ビジネス 最新コーチングの手法と実践がよーくわかる本―変化してきたコーチング手法と考え方! (How‐nual Business Guide Book)
谷口祥子著

話術!虎の穴―現役アナウンサーが明かすトークのネタ帖
三橋泰介著

まだ、そこにいるの?
福嶋宏盛著

視覚マーケティングのススメ (アスカビジネス)ウジトモコ著

サラリーマン長者 会社を辞めずに年収と幸せを10倍にする方法吉江勝著

誰よりも売る! アポ取りの達人【法人営業編】 口ベタでも無理なく話せる
絶対成功する営業術―知らずに差をつける! (パンドラ新書)
ドキドキ初回営業の極意―「最初」の1回が「最大」の営業チャンス!
3冊とも渡瀬謙著


===============================
【応援してくださる方へ】

ブログで告知していただいた方は、このブログで紹介させていただきます。
メルマガで告知していただいた方には、ブログに加えて、まぐまぐと私の自社メルマガでの告知をお礼にさせていただきます。

メルマガまたはブログをお持ちで、
応援し他のに、漏れているという方はこちらから登録頂ければ幸いです!
⇒ http://www.nlp-oneness.com/article/13382242.html


これからも応援よろしくお願いいたします。(⌒-⌒)
===============================

◆1月19・20日、二日間のアマゾンキャンペーンで応援してくださった方たち

お知り合いにメールを送っていただいたり、ブログやメルマガでご協力をいただいていた方です。本当にありがとうございました。

・ミリオネアコンサルタント鳥居祐一様 著書「スピードブランディング」は素晴らしい本です。
http://blog.livedoor.jp/t4109/

・セラピスト 山志多 みずゑ様 
http://ameblo.jp/grazie-grazie-ciao/

・本田健も認めるクレア&イチロー様
http://plaza.rakuten.co.jp/ClaireIchiro/diary/200901190000/

・画像加工ならしもまゆ様 
http://blog.livedoor.jp/shimomayu0928/archives/51538515.html

・東北放送アナウンサー三橋泰介様
http://ameblo.jp/mymymymy1/entry-10194735984.html


・コーチングのビィハイブ・谷口祥子様http://ameblo.jp/communication-messiah/entry-10194728321.html
 まぐまぐ大賞を受賞したすごい携帯用メルマガhttp://mini.mag2.com/pc/m/M0047717.html

・おけい♪様http://ufufufufufu.seesaa.net/

・木戸一敏様 みとめの3原則メルマガは聞き方の本質です。
http://archive.mag2.com/0000107105/20090119111903000.html


・スーパービジネスマン養成講座 吉江勝先生のメルマガ
 (私が5年以上読み続けている唯一のメルマガです)
http://archive.mag2.com/0000112762/index.html

・全国人材発展協会 後藤勇人会長   
http://www.zenkokuribiyo.com/index.cfm

・「エンジニアがビジネス書を斬る!」 まるるちゃん書評メルマガ
http://archive.mag2.com/0000132223/index.html

・コンサルの外間秀幸様 
 書評ブログ http://www.breview.jp/
 書評メルマガ http://www.mag2.com/m/0000125885.html

・出版業界のドンと言われる(株)天才工場 吉田浩様
 『ベストセラー作家を育てる最強メルマガ!天才出版道場』
http://www.mag2.com/m/0000222335.html

・1200人のセミナー集客する山本舵依介代表 
http://feel-alive.jp/

・確信プロデューサー木村英一様 
http://ameblo.jp/e-kimura/entry-10194809117.html

・起業成長支援コンサルティングの蝪錬達迷緝 四ッ柳茂樹様
http://kigyo.livedoor.biz/archives/51449974.html?1232355395#errors

・リトル・ガリヴァー社の内藤 善弘様 
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1056543453&owner_id=928348


・奇跡のネーミング職人スズキ ヒカル様
http://ameblo.jp/3staridea/entry-10194781850.html

・人材育成心理カウンセラー重田貴士様 
http://blog.livedoor.jp/takashi_s777/

・ジェトロ認定貿易アドバイザー!輸入のカリスマ 大須賀祐代表 
http://importpreneur.jugem.jp/

・ファシリテーション研修会社代表 福嶋宏盛様
http://blog.livedoor.jp/youstillthere/

・集客の鬼 林俊之社長
http://blog.livedoor.jp/toshiyukih/archives/951625.html

・感動Visual Planner小野 強士様
http://ameblo.jp/onestep-happy/day-20090119.html


・米澤寿展社長 http://ameblo.jp/yonep/entry-10195110756.html

・明日香出版の同じシリーズ『あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール』の堀内伸浩先生
http://cplus.if-n.biz/5000509/article/0109618.html

・ハーブセラピスト 生田正一
ブログ:http://blog.livedoor.jp/roundpacific/
メルマガ:http://archive.mag2.com/0000277272/index.html

・書評メルマガ「1日2秒で1冊!究極の成功法則365冊」牧野谷輝様 
http://archive.mag2.com/0000265234/index.html

・転職支援のキャリア・ゲート株式会社 金岡澄江代表取締役
http://maximiliana.seesaa.net/article/112886267.html

・たけみつ様 メルマガ「本から峠の向こうの日本をみよう!」
http://archive.mag2.com/0000177710/index.html


・カワイ経営労務管理事務所 川合昇様
http://blog.livedoor.jp/monsieur_k123/archives/51184406.html


・デジタルジュエリー協会 佐藤善久会長
http://blog.goo.ne.jp/jbpzen/e/36c5ed9bbc38d653b2b72a2d1f0561aa

・カウンセリングのプラスマインド白神美央代表http://happytherapy.cocolog-nifty.com/mioustherapy/2009/01/post-3f34.html

・「コミュンケーション能力向上・岡山 柏野尊徳の日記」   
 http://knf.jugem.jp/

・メルマガ「自分を知る」〜100%思いどおりになる魔法
 http://blog.mag2.com/m/log/0000146010/ (まぐまぐ)
 http://www.melma.com/backnumber_166694/ (melma!)

・一つの小さな「コツ」があなたを変える  野澤卓央代表
 http://www.mag2.com/m/0000234944.html

・ドリームインテリジェンス 炎の経営コンサルタント 久保ひろし様
http://dreamintelligence.com/


・藤井孝一のビジネス選書&サマリー 
http://www.bbook.jp/today/2009/01/post_172.html

・動物園のどうさん 人材派遣会社社長が語るメルマガ
http://ameblo.jp/ohori-yoshitaka

・ストレスのない営業を提案する「営業のカンセツワザ」メルマガ
http://www.mag2.com/m/0000115536.html


他にも、ブログやメルマガを持っていなくても、ここでは紹介しきれないくらいたくさんの方がご紹介してくれました。本当にみなさんありがとうございました。

こんなにたくさんの人に応援していただいたのは人生初めてです。とても感動しています。ありがとうございます!感謝です!!

===============================

rich23 at 15:13コメント(0)トラックバック(5) 
今回アマゾンキャンペーンは大成功でした。
処女作でアマゾンランキング5位になれた大きな理由は、新刊「スピードブランディング」で有名な鳥居祐一さんの応援が大きいです。
彼と知り合えたのは、プリンスホテルでのパーティーでした。
懇親会も申し込んだので18,000円です。
ちょっと高いなと思いつつ参加。しかしそのパーティーでは、知っているビックネームがたくさん参加されていて、その中でも特に有名な方が鳥居さんでした。
1万円以上のパーティーはほとんど行ったことがありませんでしたが、その時の人脈が、今回のキャンペーンを支えてくれました。

この数か月で数十回ものパーティーや講演会に参加者として出かけましたが、やはり金額の高いものほど、影響力を持つ方たちの知りあえるチャンスが大きいです。

そういえば、私が10年以上付き合いのある方たちは、数十万円かけて参加したセミナーでの友人が多いです。
こういった価値ある投資は、将来を大きく変えるかもしれません。


その鳥居さんが新刊発売を記念して、2月15日(日)に 高輪プリンスホテル にて出版記念イベントを開催します。

以下鳥居さんのコメントです。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
人生の質は誰と付き合うかによって決まります。
そういう意味では拙著193ページにも書きましたが、著者やインフルエンサーなどの人脈が一堂に集う出版記念パーティーは、最もリターンの高い投資といえます。

今回の講演テーマは、効果的なブランディングと影響力の付け方。
そして人に応援してもらえる人とそうでない人の違いは何か?
その『応援力』の秘密についてお話したいと思います。
さらには各界で活躍中の方にも皆さんの成功へのヒントとなるスピーチをお願いする予定です。

講演終了後は、皆さんの富のシンジケーションの輪を広げていただくためのレセプションも御用意しました。今回も多くの著名なゲストが参加予定ですので、お楽しみに!
皆さんの参加を心よりお待ちしています。

       出版記念イベントの御案内

              -  記  -
場 所 : 高輪プリンスホテル  B1F
       港区高輪3−13−1    03-3447-1111
       http://www.princehotels.co.jp/takanawa/access/index.html

日 時 : 2月15日(日) 14:30 開場
       15:00 〜 17:00  記念講演    (ロイヤルルーム) 170
       17:00 〜 19:30  立食パーティー (クラウンルーム) 264

会 費 : 15,000.円

詳しくはこちらへ
http://www.yuichitorii.com/shinchaku10+index.id+27.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「環境で人は変わる」
これを私は肌で感じました。そして昨日のアマゾンの成功につながっています。
成功している人、成功していく人達との出会えるこの日は、大きなインパクトを人生に与えてくれるでしょう。

rich23 at 14:15コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月17日

11月にある交流会で知り合ったすごい人がいます。吉田浩さんといいます。
吉田さんはたくさんの出版社とつながりがあり、出版業界ではかなりの大物と知られています。
・約500人の出版関係者が参加します。
 内訳は、編集者100人以上、編プロ50社、著者100人、
マスコミ関係者50社、著者候補及びフリーランス200人。

本を出したい友人はみんな誘ってこうと思ってます。

ミリオンセラー作家、ベストセラー作家もたくさん来る出版パーティーです。スペシャルゲストとして、
『そうじ力』で累計200万部のミリオンセラー作家・舛田光洋さんや
『朝バナナダイエット』のはまち。さんが参加してくれます
そして、「聞き方のルール」でベストセラー作家になりつつある松橋良紀(笑)

将来本を書きたい方、編集者と知り合いたい方、著者と知り合いたい方は絶対参加をお勧めします。
それでは会場でお会いしましょう。


≪第5回「てんたまパーティー」のご案内≫

◆主催
株式会社 天才工場
NPO法人 企画のたまご屋さん

◆日時
2009年1月30日(金)
19:00〜21:00(18:30 受付開始)

◆会場
アルカディア市ヶ谷(私学会館)3F・富士の間
東京都千代田区九段北4-2-25
市ヶ谷駅(JR線、有楽町線、南北線、都営新宿線)より徒歩2分。
http://www.arcadia-jp.org/

◆会費
6,000円
必要な方には領収書を発行します。

◆詳細はこちら
http://tinyurl.com/765pjz

◆てんたまパーティー 参加申し込みフォーム
http://my.formman.com/form/pc/IxywLZ4kYHCqkJ0B/



rich23 at 13:57コメント(0)トラックバック(0)講演会出版 

2008年12月29日

今日は、手伝ってくれているWEB系のスタッフと忘年会に行きました。
一年間、それぞれに頑張ってくれたおかげで何とかやってこれましたが、来年はとても忙しくなりそうです。

まずはアマゾンキャンペーン、NLPプラクティショナー認定コース、カウンセラー養成コース、など、今までの手軽な金額だけではないコースをはじめますので、サイト運営ももっと大掛かりになりそうです。彼らには今後ますます負担をかけますね。


ちなみに今までは、自分のやりたいようなセミナーをしてきましたが、NLP認定コースを行うにはカリキュラムや日数、時間、金額など制約があります。
そこでNLPについては超ベテランの講師におねがいすることにしました。

私は資格を取得してから4年目です。他団体の講師もほとんどが4,5年以内のようです。
ですが、何と13年前に資格を取得した人が近藤講師です。
この時期にNLPの資格を取得した方は、わずかしかいないといいますから、NLPの分野では草分け的な存在になります。

トレーナーズトレーナーのアシスタント講師を長年やっていらっしゃって、NLPスキルを使いこなしているという部分では、彼にかなう人はいないでしょう。


ところで居酒屋でこのブログを書いています。
今の時間は2時40分。
なぜかというと、スタッフが皆飲み疲れて寝てしまい、一人さびしく暇だからです・・・・。
彼らが起きるまでパソコンをいじっていることにします(笑)

rich23 at 02:42コメント(0)トラックバック(0)NLP 

2008年12月27日

私は経営コンサルタントの吉江勝先生の会員で、いろいろとご相談に乗っていただいているのですが、22日の月曜日に交流会に出席してきました。
モエル塾の木戸さん、6店舗の美容室を経営されている後藤さん、そして吉江先生の3人が主催者です。
それぞれ素晴らしい実績をお持ちですが、参加者も素晴らしい方がいらっしゃいました。
思えば、今年の1月に吉江先生が主催の出版セミナーに参加したのがきっかけで、本の出版が決まったようなものです。
その出版セミナーが来月1月25日にまた開催されるのですが、なんとゲストスピーカーとして招かれました。
実際に本を出すことになったことや、執筆について、アマゾンキャンペーンなどについての体験を話すことになりそうです。

http://www.eigyou.jp/seminar/131.html#more

そのほか、6冊の出版をされていて業界では有名な松尾さんがゲストだそうです。彼の話を聞くのは出版やセミナー講師を考えている方には見逃せませんね。


rich23 at 02:20コメント(0)トラックバック(0)出版 
私は経営コンサルタントの吉江勝先生の会員で、いろいろとご相談に乗っていただいているのですが、22日の月曜日に交流会に出席してきました。
モエル塾の木戸さん、6店舗の美容室を経営されている後藤さん、そして吉江先生の3人が主催者です。
それぞれ素晴らしい実績をお持ちですが、参加者も素晴らしい方がいらっしゃいました。
思えば、今年の1月に吉江先生が主催の出版セミナーに参加したのがきっかけで、本の出版が決まったようなものです。
その出版セミナーが来月1月25日にまた開催されるのですが、なんとゲストスピーカーとして招かれました。
実際に本を出すことになったことや、執筆について、アマゾンキャンペーンなどについての体験を話すことになりそうです。

http://www.eigyou.jp/seminar/131.html#more

そのほか、6冊の出版をされていて業界では有名な松尾さんがゲストだそうです。彼の話を聞くのは出版やセミナー講師を考えている方には見逃せませんね。


rich23 at 02:20コメント(0)トラックバック(0)出版 

2008年12月26日

19日は、セールスNLPセミナーでした。
他団体でプラクティショナーのみならず、マスタープラクティショナーまで学んだかたが参加者でした
もう一人の方も、NLPの二日間のセミナーを受講した方で、こういったときほど燃えるものです。

そういえば、以前カウンセラーと、大学で心理学を教えている方の組み合わせの時もありましたが、なぜか心のことについてのプロが参加するときは集中するものです。

結果的に、「今まで学んだNLPは概念的なことだったので、本当に使えるレベルまで落としこんだセミナーだった」「NLPスキルの使い方がよくわかった」「これはほかの団体に比べて安すぎて、金額だけでみると大した中身じゃないんじゃないかと誤解されますよ」などどおっしゃっていただきました。

セミナー自体の経験がない方だと比べようがないわけですが、ほかに経験したことのある方だと、ほとんどの参加者が「安すぎる」とおっしゃってくれます。

来年から、米国NLP協会認定の資格発行コースを始めることにしました。
その兼ね合いもあり、金額を見直す時期を考えていましたが、後押しをいただいたような感じがします。

1月11日にセールスNLP販売心理学セミナーの予定ですが、今の金額でやるのは最後になりそうです。
ちなみに、超一流の銀座のクラブでNO1ホステスをされている方に1時間ほど特別講師をしていただけることになりました。
彼女はカウンセラーでもありますので、心理学を知り尽くしており、一流の接客に慣れた一流の人たち相手にどのような接客をしていてNO1を勝ち取っているのかを
披露してくれるそうです。

参加者も今回はすごいです。
私の師匠である吉江勝先生やそのブレーンである和田さんなど一流の人が参加されますので、興味のある方はお見逃しなく。

rich23 at 02:01コメント(0)トラックバック(0)NLP 

2008年12月24日

「スキルはたくさん知っているのに、それを生かせるパワーが足りないなぁ」

案外こういった方は多いと思います。私もそうでした。
パワーを上げる、エネルギーを上げるための方法で、
私が最も効果があったと思うことをお伝えします。

訪問販売をしていたころ、
超有名企業の社長宅など大金持ちの家に行くチャンスが何度もありました。
家に入って思ったのはとにかくきれい。

テーブルや床には、ほとんど物を置いていなくてすっきり片付けている。
当時は、「お金持ちだから収納場所も沢山あるからきれいなんだろう」
でも違ったようです。

会社訪問しても、活気があってエネルギーが高い会社はきれい。
良い氣が流れている神社やお寺なんかはもちろん徹底してきれい。
その理由を今回紹介する本を読んで納得したんです。

私の人生で役に立った本・ベスト5に入りますが、
文庫本も出ているくらい結構売れた有名な本で、
「このメルマガの読者にはちょっと違和感があるかなぁ?」
と思いつつ、年末なので思い切って紹介します。

----------------------------------------------------------------------
『ガラクタを捨てれば自分が見える - 風水整理術入門 -』
カレン・キングストン著より抜粋

◆人がガラクタを溜めてしまう理由とは?

1.「いざというときのために」
これは自分の未来に信頼を置いていない証拠。

捨ててから必要になるのではないかと心配をすれば、そのとおりになります。
「そのときには手に入らない貧しい状態になっているかもしれない」
という欠乏意識からきています。

2.自己存在価値という執着
物に対する執着はある種の波動を発し、
よく使うものや好きなものや自分で作ったものなどには
本人のエネルギーが浸透しています。

プレゼントには送り主のエネルギーが浸透しています。
しかし、処分はもっとよい家にもらわれていくのだと思いましょう。
エネルギーのことが分かると、使わないのに手元に置いて執着することは、
その品に対してかえって良心の呵責を感じるようになるはずです。

3.遺伝
「万が一のため」という考え方は欠乏意識から来るもので、
通常は親から子供に伝達されます。

少しその考え方を変えることで、
もっとよい新しいものを人生に取り入れるスペースを作るために、
積極的に物を整理していくようになります。

4.ケチ精神
「最後の一滴まで元を取らないと処分しないのは損」
このような考え方は、古ぼけた不要物を後生大事に溜め込んで、
エネルギーの流れを滞らせます。
そんな所に新しくて良いものが入ってくることはありません。

5.感情を押さえ込むため
ガラクタはあなたを忙しそうに見せてくれます。
孤独や問題を直視する恐れなど紛らわせてくれます。
でも、その感情を抑え続けるにはとてつもないエネルギーが必要。
エネルギーの浪費です。


◆タンスの中身
ほとんどの人は、自分の持ち服の20%しか着ていないそうです。
タンスの中身を整理する時は、普段よく着ている20%をとっておき、
残りの80%を捨てるべきです。
これがあなたのエネルギーレベルを高くし、
良い運を引き込むコツなのです。

型、素材、デザイン、布地、
その他に何か気に入らないことがあったら処分しましょう。
ぎっちり詰まったたんすを開けて
「何も着るものがないわ」などと愚痴る必要がないように。

◆服とエネルギーのバイブレーション
去年一年袖を通さなかったもの、
特に過去2、3年に袖を通さなかった服は処分してください。
着る気にならなかった服は、確実にもう処分するべき時が来たのです。

色、素材、デザインなどは、その時の自分のエネルギーの
バイブレーションに見合ったものを私たちは選びます。
人は人生の中で、ある特定の色の時期を過ごします。
その色を自分のオーラに蓄えます。

私(カレン)はある時期、紫ばかり着ていたことがありました。
その時には紫色の高貴なオーラが必要だったのです。

ほとんどの人たちが一度着たきりという服を持っています。
こういう事が起こる理由は、誰でも精神的にバランスの悪い日があり、
そんなときはオーラも「オレンジ地に紫の水玉の色合い(笑)」
などになっているために似合うと感じてしまうのです。

あなたは次に着る機会を待っているのですが、
幸いなことに(笑)あの感覚は戻ってくることはありません。

◆収集癖の理由
コレクションを始めるのは、
実は自分の成長のために何かを欲している本能のなせる技。
そのときに自分が必要としている波動ですので否定する必要はありません。

でも人生は変化しています。
それらの集めた物は、本質を自分のエネルギーの中に取り込み終われば
用済みです。もう新しいことを始めていいのです。


◆紙のガラクタ「本」
古い本を保管し続けると、
人生に新しいアイディアや考え方が入ってこなくなります。

さらに、段々新しいことにチャレンジをしなくなり、
かび臭いエネルギーを発するようになってしまうのです。

高学歴なのに配偶者が見つからない場合、
風水でいう恋愛を司る位置に古い蔵書がぎっしり詰まった
大きな本棚が置いてあることがあります。
時がきたら、本を処分することを学んでください。

使ったことのない料理の本、見ることのなくなった児童書や参考書、
未読の小説の本など。

今の自分に、そして自分の将来を象徴するような本だけを残してください。
それと、よく使う資料や心から好きな本を残して、あとは処分しましょう。


◆ガラクタかどうか審査のコツ
1.これを見たり思い出したりしたら、私は元気になるのかしら?
2.私は心からこれが好き?
3.本当に使ってる?

『必要なものは全て与えられる、あなたが必要なものは与えられる』
と心から信じれば、それは現実になるでしょう。

そうすれば、「ガラクタ」をため込む必要は、二度となくなるのです。

--------------------------------------------------------------------
氣や風水などの権威であるカレン・キングストンの本ですから、
いつも紹介している理論的なものではありませんが、
みなさん読まれていかがでしょうか?

私はこの本を読んだときから人生は変わりました。
この本を読んでから、物が1/8くらいに(笑)減ったと思います。

捨てられないのは自分の未来を信用していない欠乏意識からだといいます。

「何かあった時、大変だから」
うちの親からいい聞かされて来たこのフレーズのおかげで、
家には物があふれている中で過ごしてきました。

その使われていない物がマイナスのエネルギーを発生するというのは、
初めてこういったことを読む方には受け入れ難い話かもしれません。

でもこんな話を聞いたことはありませんか?
道端にほんの少しのゴミが落ちていた。
それが一ヶ月もすると山盛りになっていて、なんとトラック一台分!
これはマイナスのエネルギーが呼ぶからだそうです。

モノだけでなく、執着を捨てることで運気が変わるというのは、
お客様との関係や、わかれたくても別れられない恋人との関係にも
言えるかもしれません。

「この人との関係を切っちゃったら、
こんないい人は二度と現れないんじゃないか?」
こんな不安はやはり自分の力を信じていないし、欠乏意識かも知れませんね。

「踏ん切りをつけた瞬間から、更に素晴らしい新たな出会いが始まった」
なんていう体験をしている方は多いと思います。

「自分は必要なものが、必要なときに手に入る」
過去を振り返ればいつもそうだったでしょうし、これからも大丈夫です。

この本を読んでからは、私自身はエネルギーが確実に高まりました。
年末のこのチャンスに思い切ってガラクタ処分してみませんか?

私は、友人にヤフオクの達人がいますので、
手数料を払ってどんどん頼んで処分しています。

「松橋もガラクタになってきたから関係を処分しよう」
といわれないよう私も頑張ります。(笑)


rich23 at 12:00コメント(0)トラックバック(0)精神世界 

2008年12月19日

今までに何人ものファシリテーターを育てた組織開発のプロ。
それが友人の福嶋宏盛さんです。

経営コンサルタントしても経験豊富で、ユーモアもあってとても楽しい方です。
会社のリソースを引き出すプロ中のプロである福嶋さんが、いよいよファシリテーター養成上級コースを開催いたします。 

ファシリテーターの技術は、会議運営だけでなく、研修や指導の技術に革命を起こします。

■こんな方にお勧めです。
・ファシリテーションを学んだけれど、他の会社のセミナーだけでは満足できない方。
・さらにファシリテーションを追及していきたい方。
・人が自分の意思で動くように働きかける技術に興味がある
・研修担当をしている
・会議をもっと有意義なものにしたい
・新人を早く育てたい
・etc

■ 「ファシリテーター養成上級コース開催」

日時 第1回 平成21年1月29日〜30日(2日間)
   第2回 平成21年2月26日〜27日(2日間)    
第3回 平成21年3月26日〜27日(2日間)

時間 午前9時〜午後5時(2日間とも)
場所 東京都目黒区
講師 福嶋宏盛さん(ファシリテーター)

人を気持ち良く動かしたい人には必須のスキルです。

興味のある方は今すぐこちらをクリック→ http://1system.jp



rich23 at 05:44コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月16日

今日は、衆議院議員の木原誠二氏の講演会&懇親会に参加。

私の友人の高田馬場起業塾代表岡村さんの先輩ということです。

東大卒業後、大蔵省のエリートコースから政治家に転身。
政治家のイメージを覆すフレンドリーで豪快な人でした。

今日はお会いするのが二回目ですが、現在の政局の裏話や将来の展望を聞けて、政治には普段関心のなかった私ですがとても興味深い時間を過ごせました。

現在の税制について。
80兆円以上必要なのに、58兆円の収入しかない状態。
そのうち21兆円は借金の返済。
さらに21兆円は社会保険など社会福祉に支出。
15兆円は地方の教育費や先生の人件費へ行く。

するとすでに合計57兆円、ということはのこり1兆円です。
自衛隊をやめるわけにいかないし、あれやこれやで足りないので、また30兆円借金です。
ので、消費税を上げるのは必要。

税金の無駄を抑えるシステムになっていないので、きちんとチェックするシステムが必要だということです。現在役人は予算を勝ち取ることには頑張るが、適性に使われたかどうかのチェックはされていないといいます。

この無駄をなくすためのシステム作りに木原氏は取り組んでいるそうです。

私のメインバンクのみずほ銀行は、お客から集めたお金のうち53%しか貸しだしていないそうです。
しかし政府から今後80%まで貸し出すようにこれから圧力がかかるそうです。そのことがこれから問題視されていくだろうとのこと。

懇親会で聞いたのですが、
「なんであんなに麻生さんは固まってないことを言うんですかね。」

すると小泉さんと麻生さんとの違いをおっしゃいました。
小泉さんは周りを固めてから発表して、政策などしっかりと形になるようにするが、麻生さんは根回しせずにどうも口が滑ってしまうらしいとのこと。
大物は戦略が整っていけるという段階までまで漏らさないことが条件らしいです。

早く口にしてしまうと、固まっていない分、撤回したり意見が変わってしまって、どうも信頼に欠ける感じを醸し出してしまうようです。

でも、今は麻生さんに変わる人がいない。
ひょっとしたら東国原さんということもあり得るかも!なんていうんでびっくりです。
「うそでしょう〜!!」
「いや、その可能性もまんざらないわけじゃない」

元お笑いが首相になったらすごいですね。


などということを、現職の議員から聞くととてもわかりやすく、いちいち納得。

政治家というと、マイナスのイメージを持っていましたが、日本を良くしようという思いが伝わり、悪ガキっぽいところがまた魅力でした。




rich23 at 02:08コメント(0)トラックバック(0)講演会 

2008年12月14日

昼から木戸一敏さんのセミナーに参加してきました。
http://mitomeru.com/menu5.html

みとめの法則を日本を広げる会(だったかな)入会してきました。
私の「聞き方の技術」を広げたいというのと、ほとんど目的が一緒です。

木戸さんいわく、
「営業をやっていて、あるときから突然売れるようになった。
それは、『人はとにかく認められたいんだ』ということ。

「お宅の商品は高い」など反論されたら、
「そうじゃないんですよ、それは」とやっていた売れないセールスマンからの脱出だったとおっしゃっていました。

全く私と一緒です。
話すことから聞くことに意識をシフトした時、まったく売れなかった営業マンから私も脱出しましたから。

「みとめの法則が広がれば戦争はなくなる」ともおっしゃっていました。

私も常々、聞き方の技術を多くの人が身につければ、自殺も減るし、秋葉原の事件のような孤独出行き場をなくす人もなくなり、日本を平和にできると思ってやっています。

聞くだけでなく、木戸さんはさらに相手の認めることのできるポイントを探すことが大事だといいます。

真我というセミナーで、徹底的に相手の奥底に眠る素晴らしさに焦点を当てて誉めるというのをやりましたが、最近忘れていました。

誉めるというと本当のことじゃないことを言うような誤解がありますので、認めるというのがやはりフィットします。
心理学的にいうと、承認とか受容という言葉になりますが、とにかく相手のリソースを引き出して、そこを認めるというのは、相手の輝きを取り戻すには最も有効だと思いますので、みなさんも周りの人を認めて言葉を素直に言ってみましょう。

懇親会もあったのですが、夜はパーティーがあり残念。

次は市川浩子さん主催のモテ塾。
モテるための十九みたいで、ネーミングは少し軽いのですが、起業家が大集合。
またもやここでも鳥居祐一さんとお会いしました。
他にはマネーの虎に出ていた臼井さん。
来週はマネーの虎の南原竜樹さん宅のパーティーに参加するのでマネーの虎続きです。
話し方の本を出している元ディスクジョッキーの羽田徹さん。
ちなみに話し方の専門家と聞き方の専門家がここにいますねと紹介していただきました。
輸入ビジネスの大須賀さん。

美人カウンセラーの白神さんの紹介で参加しましたが、彼女のボーカルで私が伴奏。
ミスティーとクリスマスソングというスタンダードでしたが、みんな名刺交換&会話でワイワイガヤガヤ。

ちっとも聞いてもらえなかったのは残念でしたが、そうそうたるメンバーに静かに聞け!というのも無理な話で、いい練習になりました。

とにかくまたまた素晴らしい出会いがたくさんありました。
この一ヶ月で名刺が数百枚になりましたので、整理が大変です。
40人を超える参加者で、全員が積極的に名刺交換をしていましたが、サラリーマンばかりだと営業職人以外はあんまりやらないので、やっぱり起業塾っぽいなと思います。

名刺をいただいた方とは、そのあと数人の方とコラボをしたり、仕事をいただいたり、連絡を取り合ったりと、今後の展開が楽しみにです。

明日はコミュニケーションNLPセミナー基礎編なのに、テンションが下がらないので3時だというのに書いてますが、そろそろ寝なきゃ。

PS
酔っぱらっていると、結構すらすらと書けるものですね。

rich23 at 02:51コメント(2)トラックバック(0) 

2008年12月12日

昨日は、起業家の藤井ゆかりさんとHP&WEBマーケティングのコンサルでミーティング。名言セラピーで有名なひすいこたろうさんの講演会を紹介してもらい、今日参加することになりました。
彼の独特のメルマガは、購読し続けている数少ないメルマガのうちのひとつです。

その後、久しぶりの音楽スタジオで、ギターアンプから音を出しました。ギターを弾くのは数か月ぶり。ちょっと弾いたら、すぐに手首が痛くて・・・。
たまにはやっておかないとキツイね。

美人カウンセラーの白神美央さんが、ジャズボーカルをやるというので、土曜日の「モテ塾」というパーティーでギターを弾くことになり、土曜日に本番なのに、いいのかそれで!という感じです。(笑)

さらにそのあと、昔の同僚たち12人で忘年会。
ほとんどが、現在独立して講師業や人材育成の仕事についてます。
ディールカーネギーの講師や、NLPの講師。アンソニーロビンスジャパンのスタッフ。保険会社の人事部。コミュニケーション講師。社長をされている方もいらっしゃいます。
あっ、私も社長だった。


独立してからは講師をしていますので、からかわれて笑いを提供することはほとんどなくなりましたが、久しぶりにやり玉に挙げられ、笑いを相当提供してしまいました・・
特に、ここには書けない恥ずかしい失敗体験を、以前話してしまったのは失敗でした。女性がいるというのにその話を振るやつがいるんです。

あと、自分がどれだけ人に勧められると弱いかという話。
上京したての頃、新宿でビル群を見てたらキャッチで会員権を買わされた話や、原宿を歩いていたら映画の券を買うはめになった話など、自分が数々の意図しない買い物をした経験など。

まあ、そんな購入者の体験が、営業研修をする際にはとても役立ってますが(いいわけ?)

そんな話もたまにはいいか(笑)
とっても楽しい時間を過ごせました。




rich23 at 13:49コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月11日

今回はメルマガで送った文章を膨らましたものを書きたいと思います。

ノーベル賞のニュースに合わせて、マザーテレサのノーベル賞受賞を、
「その時歴史は動いた」で放映していました。

彼女は大きなシステムで援助するのではなく、
あくまで一人一人とのつながりの中で愛を伝えるのが
重要だと言っていました。

死を前にした人でも最後は愛されていることを感じて欲しいと彼女は言います。

見ていて、彼女の言う「愛」ってなんだろう?と考えました。

マザーテレサは思いやりのある言葉をかけたり、手を握ったりして、
たくさんの人に接していました。

相手の存在価値を認めることが「愛」だとしたら、
やはり相手の話をじっくり聞いてあげるというのも、
「あなたは価値ある存在だ」というメッセージを
伝える大きな手段だと思います。

「聞き方のルール」の初稿を校正し終えましたが、
この本で一番伝えたいことは、次のようなことかなぁと感じます。


いろいろ励ましたり教えてあげるのもいいでしょう。
それに比べて、聞くのは簡単なようで、案外難しいのです。

しかし聞き方の技術を身につけて「聴く」ことで、
「あなたは価値ある存在なんですよ」というメッセージが
深いレベルで相手に伝わります。

「あのね〜、それでね〜」
よく、母親が子供の話を楽しそうに聞いて入る微笑ましい姿を見かけます。
親が愛情を伝えるひとコマです。

カウンセリングをしていると、親が自分のことを受け入れてくれなかったということがトラウマになっている方が多くいらっしゃいます。

秋葉原の悲惨な事件は、社内では全く話せる人がなく、ネットでも批判され、見返してやる!と凶行に及んだとニュースで見ました。
もし彼に、きちんと話を聞いてくれる、受け取ってくれる人がいたなら、あのような事件は起きなかったでしょう。

何でも話せる友人の重要性はいまさらながら言うこともありませんが、自分の話を聞いてくれる存在というのは、自分の価値を認めてくれることと同義語と思います。

大それたことをしなくても、しっかり聴くことで、人は救われます。
それにはある程度の技術が要ります。
このことを、改めて多くの人へ伝えていきたいと、出版を目の前にして改めて思います。

出版まで一ヶ月を切りました。みなさん応援よろしくお願いします。

rich23 at 09:41コメント(0)トラックバック(0)出版聞き方 

2008年12月05日

集客の天才、 山本舵依介氏のメルマガで、自分の兄のような存在だと書いてあり、どんな人かと思って、久保ひろしさんの講演会に行ってきました。
http://dreamintelligence.com/

アチーブメントという営業研修で有名な会社で営業をやっていたというので、びっくりです。というのも、代表の青木氏がマネージャーだったブリタニカで、18年前に営業を始めたのが「営業の科学」との出会いだったからです。
モチベーションの科学、達成の科学、そして販売心理学を学びました。
私が最も影響された中の一人です。

久保さんは、とても熱血という感じの人で、ビルを手放し再起をかけている最中とのことですが、また必ず成功していくだろうと思える人でした。
そういった現状などうまくいっていない事も話しながら、さまざまな苦労をした体験談は、人を惹きつけます。

やはり体験に勝るものはないと思います。
しゃべりがうまいとか、スマートに話すとかではないですが、「好きだから」というエネルギーは、とても多くの人を魅了するようです。

私自身も、セミナーではスキルだけでなく思いを伝えていることで、わずかながらでもファンがついてくれているように思いますし、本気で伝えたいかどうかがやっぱり大事ですね。

コミュニケーションで特に聞くことの重要性を伝えていくために、本を出すことになったのも、その思いが編集者に伝わったからのようですし。

皆さんはどんな思いを発信していきたいですか?



rich23 at 01:15コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月03日

ご紹介いただき、税理士の薬袋先生とお会いしてきました。
何て読むかわかりますか?
「みない」さまと読むんです。
打ち込むと、きちんと「薬袋」さんと出ます。

とても楽しい方でした。
そろそろ今年も終わりますから、申告の準備をしておりた方がいいようです。

rich23 at 22:26コメント(0)トラックバック(0) 

2008年12月01日

カカコトリという、不思議な名前の大交流会へ参加してきました。
有名著者や出版関係者が大集合でした。
「スピードブランディング」という本の出版を予定している鳥居祐一氏。
SSIでも講師をされる予定のようです。
アマゾンキャンペーンで12月3日0:00〜23:59です。
本人いわく、50回読み返していい本だなぁとのことですから、せっかくならプレゼントがある時に買うのをお勧めします。http://www.yuichitorii.com/amazon3/
自分には「売り」がないと思っている方は必読でしょう。

マイミクの有末さんとも会いました。
相変わらず美しくて、天使の声は素敵です。
『みんな「頑張ってね!」ってよく言うよね。
でも、本人にしたら、「頑張ってるよ!」という気持ちになると思うんです。
私が昔遅くまで残業していた時先輩にこう言われたの。

「あなたいつもがんばってるね」

この一言でどれだ救われたかわからないくらい。
私はこういったことをたくさんの人に伝えていきたいの。』

お話を聞いていてとても感動しました。
同感です。

マーク富岡さんは、とてもフレンドリーで、「一流の人脈術」で紹介されていた以上に素晴らしい方でした。
クレア&イチローのイチローさんは、まざまざこのためにシカゴからいらっしゃっていました。
吉野真由美さんは、妻がセミナーを受けたことがあり、「すごいパワフルだったよ!」と聞いていましたが、その通りでした。「ポジティブ」が服を着て歩いている感じです。

魔法の質問で有名なマツダミヒロさんは、歩くヒーラーですね。
あいさつしただけで、癒される感じでした。

たまたま二次会で隣に座ったところ、研修会社リフレームズhttp://re-frames.com/の講師一覧にも載っている猿渡講師と仕事をしていた方で、プレゼンテーション講師としては第一人者の浜田幸一さん。

他にも書ききれないくらい、有名な著者がたくさんでした。

みなさんの話を聞いて、アマゾンで1位というのもできる感じがしてきました(ホントか?)

私も著者として、やれるだけやろうと思います。
「あたりまえだけどなかなかできない 聞き方のルール」
 明日香出版社

これを見ている方は、1月中旬に発売ですので、購入していただけるとうれしいです。

rich23 at 08:47コメント(2)トラックバック(0) 

2008年11月27日

南原竜樹さんの家でパーティーがあり、行ってきました。
南原三とは、あの伝説の番組「マネーの虎」で、虎といわれたクール冷徹な社長です。
http://www.autotrading.co.jp/tn/index.html

彼の家は、たぶん誰でも知ってる超一流のホテルの一室。
家賃は250万円。
年額じゃないですよ、月額です・・・。

足を踏み入れた瞬間、
「ここは一流レストランかっ!」
と突っ込み入れたいほどのインテリアや照明。
東京のど真ん中の豪華ビルの30階から見下ろす夜景は、そりゃ素敵なものでした。

お会いして話をしてみると、冷徹といった感じもなく、ギラギラした感じもなく、普通の人という印象でした。
しかし、私も聞く技術を伝導しているので、過去の体験など聞いてみました。
するとやっぱり普通と違う太さというか、腹の据わり具合が違うなあと思います。

「事業を始めてここまで来る時に、最初は苦労もあったんでしょうね?」
「そうだなあ、最初に一人で始めたら二人になり三人になり、300人になったところでみんな退職してもらわなきゃいけなくなったことがあるよ。」
(つまり倒産?)
「ええっ!そりゃ落ち込んだでしょう?」
「いや、人生はゲームだからさ、また振り出しに戻っただけだと思ってね。面白くないじゃない、普通にやってたらさ。」

私なぞ、一人二人で気分が左右されて人生を送っております・・・(悲)

他にも参加者はさまざま。
モデルさんかなと思い、名刺交換したら、「ミス日本」と書いてあり、興味津津でいろいろ聞いてみました。
30代前半かと思ったら、43才!さすがです。
気さくだけどずいぶんパワフルな人だなと思ったら衆議院議員の木原誠二氏だったり。
38歳で政治家としては若手ですが、これから中座して、予算案をどうするかの緊急会議に行かなきゃいけないとのこと。

1000人規模のセミナーを一人で集客する山本だいすけさん。
彼とは、横内塾という長野で行う起業家が集まるセミナーで同室でしたが、また会ってしまいました。ご縁があります。

10年間プロとして音楽活動をし、その後マーケッターとしてNLPトレーナーの平本あきお氏のサポートなどをしている松浦貴昌氏。

素晴らしい刺激をいただきました。
これも、主催者の岡村さんと、山本だいすけ氏のセミナーで名刺交換をし、面白そうな人なので、メールで「さっそく会ってください」とアポを取ってからの広がりになります。
今回の出会いをまた大きく広げたいと思います。


rich23 at 03:27コメント(0)トラックバック(0) 

2008年11月26日

セミナーの荷物をたっぷり詰め込んで、セミナーの開催日はキャスターバックで移動しています。 22日、セールスNLPセミナーの会場に向かうとき、取っ手がバキッと取れてしまいました。ブロジェクター、10数人以上のレジメや資料、パソコンなどの重さについに耐えかねたようです。 でも、まだ横に取っ手があるので使えます。次の日の横浜でのコミュニケーションNLP基礎編でも使用しました。 ところがセミナーが終わり、帰る途中に今度は雨の中、なんとキャスターがボキッと折れた!・・・ しょうがないので抱えてコンビニまで走り、自宅まで配送。 次回のセミナーで困るので、キャスターバックを買いに新宿へ。 確かこれくらいの大きさだったかな、と使っていたサイズより少し大きめの購入。 家に帰り、今まで使っていたものが届いてびっくり。 「こんなに小さかったけ?」 少し大きめのつもりが、ほとんど倍の容量を買ってしまいました。 今後のセミナーは、資料も倍に・・(笑)

rich23 at 03:44コメント(0)トラックバック(0) 

2008年09月05日

メルマガを貼り付けるだけだとつまらなくなってきたので、
日記風なブログにしていきたいと思います。
ノウハウ・スキルにご興味ある方はメルマガに登録してくださいね。

まぐまぐ→ http://www.mag2.com/m/0000237701.html

昨日はとてもユニークな会計士の方とお酒を飲ませていただきました。
紹介してくれたのは、自己啓発・能力開発会社の同僚だったトミーです。
私はセミナー運営と、WEBマーケティングが本業ですが、彼は私に劣らずパソコンやインタネットに詳しくて、今はネットだけで生計を立てているという人です。

その彼が、会社経営にとても有意義な人を紹介してくれるというのでお会いしたのが会計士の鎌田さん。
http://infoplaza0.blog112.fc2.com/

私のセミナーの受講生に、公認会計士を目指している人がいることもあり、とても興味深いお話をしていただきました。

スピリチャル会計士と言ってもいいくらい、
精神的な分野についての話に花が咲き、
久しぶりに人生の本質を考えることができました。

あと印象に残ったのが、
「資格を取ってからスタートだ」

これは私のNLPなどの心理学関係の資格にも言えますが、資格を持っても利用してくれる人がいなかったら意味がないわけです。
結局、営業力がとても重要ですね。
ということは土俵に立ってから成功と失敗を分けるものは、コミュニケーション能力次第ということになります。

コミュニケーション講師として、さらに自分の使命を強く感じることができました。
分野は問わず、資格は持っているけどどうもお客が少なくて・・という人は私のセミナーへどうぞ(笑)

rich23 at 11:49コメント(0)トラックバック(0)自己啓発 

2008年05月03日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 カムバック
----------------------------------------------------------------------
伊達公子さんのカムバックが話題です。
12年のブランクをものともせず、決勝まで進みました。
明日4日11時に決勝だそうですが、優勝しちゃいそうですね。

彼女ほどのネームバリューだと、予選は免除してもらえるそうですが、
普通の選手と同じように予選から出場し、勝ち続けています。
日本のテニス界に貢献したいということで、多くの人を魅了しています。
やはり使命感に動かされている人は強いですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 なぜ紳助のように話せないんだ?
----------------------------------------------------------------------
「自分を出せない理由とは?」の第二弾です。

前回は、拒絶されることや孤立することへの恐れや不安が原因だということ、
それらの感情が自分にあることに気づき、認めることが第一歩だということ、
という話をしました。

今回は「他の人に比べて自分はダメだ」という思い込みについてです。

生まれてから20歳を迎えるまで人間は、
およそ14万8千回ものダメ出しを受けて育つんだそうです。
逆に、褒められたり承認される回数はというと、ごくわずかです。
なので、自分は「人に比べてダメだ」という感覚を持つといわれています。

結局、「自分が劣る」なんていうのも『誰かと比べての評価』なのです。
底なし沼に足を踏み入れるようなものかもしれません。

先日の相談の時には、こんなやり取りをしました。

「しゃべりが下手なんです。場を盛り上げるようなことが言えないし。」
「それは誰に比べてそう思いますか?」
「同僚の中で、盛り上げるのがすごくうまい人がいて、 
 彼のようにあんなうまく話せないなぁっていつも落ち込むんです。」

「それはまるでテレビ見てて、『俺はなんで紳助のように話せないんだ!』
 って落ち込むようなもんですよ。」
「?・・・」


「紳助と同僚の面白さのレベルは違うじゃないか」と思いますよね。
もちろんレベルは違うかもしれませんが、
「あの人には劣る」と自分にないものを持っている人と比べるのは、
「自分は島田紳助より下手だ」って落ち込んでいるのと
変わらないと感覚のように思います。

とはいえ相手が身近な存在だと、
自分の方が優れている部分も知っているので余計に、
「あいつがやれているのに自分は・・・」と比較してしまうんですね。。

それぞれの持ち味があるのですから、
自分でないものになろうと頑張るのをやめて、
自分の素晴らしさに目を向けたほうがいいのは?
ということを脳の構造を利用して伝えていくのも、
私のライフワークの一つです。

人と比べずに自分の素晴らしさを注目しようというのは
誰でも賛成してくれると思います。
じゃあ、どうやったら自分の素晴らしさを確認できるでしょうか?
そのためにセミナーでは、
何度も自分の素晴らしい体験にアクセスしていきます。

しかし「いい体験を思い出せない。あまりない。」
たまにそんな方がいらっしゃいます。

自分とのコミュニケーションで、
ダメ出しをし続けているパターンになっている可能性が高いです。

こういう実習を通して、
「普段の生活では、自分の足りないところにばかり目を向けていたなぁ」
という感想をいただくことが多いです。

足りないところに目を向けるより。
すでに自分にあるものに目を向けてみましょう。

まずは、自分の楽しかった体験、ワクワクした体験、
達成感や連帯感、満足感を味わったときは、
いつどこで、どんなことがありましたか?
その時の感情や、体の感覚は?

ほら、たくさんあるでしょう。
嫌なことを考えては落ち込む、というのは、
まるで嫌いなものばかり注文して
「このレストランはまずい」
といっているようなものです。

自分の脳にも、好きなものを好きなだけ注文しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 ゴールデンウィーク
----------------------------------------------------------------------
会社勤めのころから、ゴールデンウィークは関係のない状態でした。
個人相手の営業だったので、土日祝日は稼ぎ時なのです。
渋滞と混雑は無縁の生活ですが、あまり人がいないと、
観光してもにぎやかさがなく気分が乗らないこともあります。
店も気合が入っていないし。

ということで、これから楽しもうという人は
にぎやかな雰囲気を楽しむつもりで行かれたらどうでしょう?
さびしい観光地は嫌なものですよ。

ちなみに私はこの連休中はほとんどセミナーやってます。
行く所がない方はセミナーに来てね。(笑)

rich23 at 23:51コメント(0)トラックバック(0)心理学NLP 

2008年04月24日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 本の出版
----------------------------------------------------------------------
今までにも「本の出版をしませんか?」と数社からオファーがありましたが、
今回は素晴らしい編集者の方と出会うことができ、
ようやく念願の「本を出版」ということになりました。

内容はまだ今は公表できませんが、
一番伝えていきたいテーマを書くことができ、
その準備で充実しています。

求められて書くというのはとてもやる気が高まるんですが、
メルマガは反応が見えにくいので、少し・・・(笑)

セミナーも、一般公開はちょうど1年経ち、
最初に比べると内容もずいぶん変化しました。
というか、参加者の要望に合わせて変えたりして、
ライブ感が好きなので、毎回違うんですけどね。(笑)

こちらは、参加後にメールをいただくことが多く、
とても励みになります。
セミナーに関係なく、
初めての方も、質問や相談メールお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 ライバルの成功を祈ろう
----------------------------------------------------------------------
島田紳助さんが司会で、すぐに使える心理学という番組を見ましたら、
タイガーウッズの成功の秘訣というのを紹介していました。

タイガーウッズは優勝がかかった最終ホールで、
タイガーはすでに打ち終えてトップです。
ライバルが一打差で追いかけています。
ほんの1メートルの距離を残し、
これを入れればタイガーウッズと並ぶという場面を迎えています。

ライバルにとって、この距離は普段ならはずすことのない距離ですが、
この一打が入らなければ、その時点で自分の優勝は無くなるという、
大変プレッシャーがかかる一打です。

さて、それを見ていたタイガーウッズは何を思っていたでしょうか?
皆さんならどうでしょう?

私なら間違いなく、
「外れてくれ〜!」でしょうね。(笑)

ところがタイガーウッズは違ったんです。
「どうか入ってくれ!」

なんと相手の成功を祈っていたんです。
しかし、その祈りは届かず、ボールはカップのふちをなめて、
タイガーウッズの優勝が決まりました。

にもかかわらず、タイガーウッズには優勝した喜びはなく、
満面の笑みとはほど遠く、沈んだ表情で表彰台に向かいます。

インタビューではライバルの最高の状態と戦って勝ちたかったと
コメントしています。

この思考は、グリーンベレーというアメリカの特殊部隊で、
大佐だった父の影響だといいます。

グリーンベレーの隊員一人の力は、
米兵200人に相当するといわれるくらいの部隊といいますから、
どれだけ強じんな精神力が必要か想像もつきませんね。
ゴルゴ13には負けると思うけど(笑)

そのグリーンベレーでの教えで特に大事なものは、
「自分の理想を常に高く心の中でイメージしろ」ということだそうです。
タイガーウッズも、これを父に徹底的にたたきこまれたようです。

タイガーウッズは、自分の高い理想のイメージから考えると、
相手のミスで勝って喜ぶ自分は許せないということです。
ライバルの成功を祈り、最高のライバルに勝つ自分であるという、
自己イメージが明確にあったのです。


もうひとつ、人の成功を祈る理由があります。
人の失敗を祈るということは、
うまくいかないイメージを鮮明に描くことになります。

潜在意識は、イメージしたものは、
自分に起きたことか、他人に起きたことかなど主語は関係なく、
実現に向けて働いてくれます。

つまり、他人の失敗を祈るということは、
自分に失敗のイメージを植え付けるような行動です。
潜在意識活用の観点からいっても、人の成功を祈るのは理にかなっています。

だから、周りで腹が立つ人がいたとしても、
自分のために相手の成功を祈った方が得ですよ。

NLPでは、モデリングという技術があります。
セミナーのコンテンツで、「理想の人物を一人イメージしてください」
という実習があります。

すると、けっこう理想像が思い浮かばないという人が多いのです。
自分はこうなりたい、ああなりたいというのを明確に作ることが、
ブレない自分の柱になるのです。

あなたの理想像はどんな人でしょうか?
そして、さらにイメージを高くあげてみましょう。
イメージがあなたの人生すべてを作るのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP 基礎編
----------------------------------------------------------------------
「コミュニケーションNLP心理学基礎編」

日時:4月29日(昭和の日) 10:00〜17:30
場所:セシオン杉並
交通:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩7分
定員:14名

NLPのコミュニケーションに使えるスキルを一日に凝縮。
コミュニケーションってこういうことだったんだ!
聴くという技術はこんなに高度なものがあるんだ!
人に好かれる人の共通点はこれか!と、
目からうろこがボロボロ落ちること間違い無し!

(以前参加された方は、再参加は4000円です。
 初めての方相手にワークをすると、自分の成長ぶりが感じられますよ)

5月度の予定もアップしました。
詳しくはこちらへ。
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html

今後は、私自身、コミュニケーション・自己啓発・ビジネス部門の
ベストセラー作家として忙しくなっていくので、
セミナーに参加するなら今のうちですよ。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 PCモニターが燃えた
----------------------------------------------------------------------
PCで執筆をしていたら、プラスチックの燃えるにおいが・・・。
料理をしている妻に、「鍋が燃えてるよ!きっと取っ手が燃えてるんだ」」

すると妻は相変わらず冷静です。
「そんな取っ手が燃える鍋じゃ、役に立たないじゃない!」

「そりゃそうだ」と思い、あちこち匂いの元を探すため嗅いでいると、
なんとパソコンのモニターの画面がどんどん細くなって、
横幅だけが半分になっていくんです〜。
匂いのもとは、どうやらモニターでした。
いまどきの液晶じゃない14型タイプで10年選手です。

書きかけの原稿もあるし、う〜どうしよう!
何とか保存をクリックしたら、ジジジ〜と音までしてきたので
急いで電源を抜きました。

そういえば前のテレビも、パンッ!という音ともに画面が消え、
火が噴き、後ろから煙が出てきました。
今は19型液晶を目の前にしていますが、とっても見やすいですね。

テレビの寿命は燃えて尽きるようなので、火の元に注意しましょう。(笑)

rich23 at 18:37コメント(0)トラックバック(0)心理学NLP 

2008年04月15日

【ごあいさつ】 交通費の方が高い
----------------------------------------------------------------------
二日連続のセミナーが終了しました。
先月は広島から来られた方がいましたが、
今回は岡山から飛行機で来られた方がいらっしゃいました。

とっても向上心が高い方たちとお会いするのは楽しいものです。
そういえば、ほぼ毎月、関西や中部地方の方が参加されています。
セミナー代より交通費が高いのにありがとうございます。
今度は、東北、北海道の方もお待ちしています(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】  自分を出せない理由
----------------------------------------------------------------------
私のカウンセリングで最も多いのが、
「しゃべるのが苦手」という相談です。
よくあるやりとりをご紹介します。

「みんなの前でしゃべるのが苦手なんです。」
「誰にでもそうなんですか?例えば家族とかでも?」

「いいえ、そんなことないです。家族とか友人は大丈夫です。」
「『みんなの前で』というと、どんな人が相手ですか?」
「会社の同僚とか、商談先とかですね〜」

「家族には大丈夫なんですね。いつからですか?」
「学生の時には大丈夫でしたが、就職してからですかね・・・。」
「苦手っていうと、具体的にはどういうことでしょうか?」
「気の利いたことが言えないんで、何を話したらいいか・・・」


ここまでは、多くの方が同じようなパターンになります。
多くの悩みは、メタモデルでいう一般化や歪曲だらけなので、
まずはそれを気づいてもらうように質問を重ねていきます。

今回は、そういったスキルは横に置いておいて(笑)、
ともかく同じ悩みで悩んでいる方が多いようです。

家族や友人となら話せる。気の利いたことが言えない。
間がもたないので、何を話したらいいかわからない。

理由としては、いくつか考えられます。
1.自分を出すことにブレーキをかけている。
2.他の人と比べて自分はダメだという思い込みがある。
3.過去の自分の失敗をゆるしていない。
etc

今回は1.の自分へのブレーキについて話します。
電車の中などで子供がグズグズ言い出したとき、
どんな叱られ方を見かけますか?

欧米だと子ども相手とはいえ、理詰めで怒るそうです。
なぜ悪いことなのか、理屈を教えるそうです。

でも日本だと、「ほら、あのオジサンに怒られるよ」
私のこと?失礼な・・・(笑)

または、
「みんなに迷惑かかるでしょ!みんな見てるでしょ!」
周囲の視線を子供に意識させるパターンが多いようです。

そうした教育が周囲の視線を気にし、
周囲に合わせるという意識を強化させていきます。

人からどう見られるか、人からどう思われるか、
を常に気にかけて生きるように、しつけられていきます。

この世の中をスムーズに生きていくには、
「周りからどう思われても関係ないさ」
と開き直ることはなかなか難しいですね。

こういった教育環境の中で育って行く過程で、
周りの人に合わせようとエネルギーを使っているうちに、
自分を出さないで長い間過ごしていると、
自分が何をしたいのか、何を感じているのかがわからなくなっていきます。

特に男性は、感情を出すことを抑えるように教育されていきますから、
何をしたいのか、何を感じているのか見失いがちです。
すると、周りの反応が基準になっていきます。

そして、
拒絶されることが怖い、
孤立するのが不安、

こういった気持ちが強くなり、
「突っ張るよりも他者や周囲の人間に迎合した方がマシ」
と無意識に判断し、自分を失っていきます。

自分を出せないのは、コミュニケーションスキルが足りないだけでなく、
そんな怖れや不安が原因かもしれないと気づくと、
大きな進歩につながります。

現在やっている基礎セミナーでは、
NLPスキルをできるだけお伝えしようということでやっていますので、
応用編ではこのあたりのメンタル的な部分に踏み込んでやっています。

「自分は拒絶されることが怖いんだ、孤立するのが不安だったんだ」、
そんな自分を認めるのは最初は嫌なものです。

セミナーの世界では「直面する」といいますが、
そういったマイナスに見える感情を認めるのはきついです。
「自分はそんな不安はないし、人の評価や人の目は気にしないんだ。
ただ、もっとうまく話したいんだ!」
自分をこう思いたいものですが、自分の弱さも含めて、
内面を見つめることが最初のステップになります。

怖れや不安を持っている自分の一部を認めることから、
すべてが始まるかもしれません。
続きは次回。

参考:「トランスパーソナル心理学入門」諸富祥彦著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP 基礎編を横浜で開催!
----------------------------------------------------------------------
「コミュニケーションNLP心理学基礎編 IN 横浜」
神奈川県にお住まいの方はチャンスです!

日時:4月26日(土) 10:00〜17:00
場所:横浜市開港記念会館
住所:横浜市中区本町1-6
交通:JR京浜東北線・根岸線 関内駅 徒歩10分(約700m)
   みなとみらい線 日本大通り駅  徒歩1分(約50m)
定員:14名

NLPのコミュニケーションに使えるスキルを一日に凝縮。
コミュニケーションってこういうことだったんだ!と、
目からうろこがボロボロ落ちること間違い無し!

(以前参加された方は、再参加は4000円です。
 初めての方相手にワークをすると、自分の成長ぶりが感じられますよ)

5月度の東京開催もアップしました。
詳しくはこちらへ。
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 懇親会
----------------------------------------------------------------------
最近はセミナー終了後に、参加者と懇親会に行くことが多くなりました。
そこでは、ざっくばらんな話をしながら、自然に悩み相談になります。

後日お礼のメールをいただくのですが、
「セミナーもよかったんですが、懇親会の方がすごくよかったです。」

個人の悩みを解決する個人カウンセリングは、
通常1時間という時間ですが、
6時間のセミナーの代金よりもいただいています。
悩みを解決するにはもっとも確実で、てっとり早いのですけどね。

セミナーだと、理解や気づきは個人差があり感じ方もそれぞれですが、
一対一だと、解決に至るまで話ができますし。

でも「懇親会の方が」というお礼メールをいただくとうれしい反面、
心境はちょっと微妙・・・(笑)

いずれにしてもお礼メールはありがたいものです。
励みになりますし、いろいろ気づきがあった二日間でした。
みなさんの成果が私のやりがいですから、
成果報告をお待ちしています。

それとは別に、無料メール相談もお受けしていますので、
メルマガをお読みに方は遠慮なくメールをください。
匿名でも結構です。お待ちしています。

rich23 at 07:25コメント(0)トラックバック(0)心理学自己啓発 

2008年04月08日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 すべてにコツがある
----------------------------------------------------------------------
先日大手出版社に伺ったとき、社内の廊下で挙動不審な社員が10人ほど、
ぞろぞろと移動していました。
服の着こなしや、身のこなしから想像するに、新入社員でしょう。
自分の25年前、緊張と不安と大きな期待で初出社した時の風景を
を思い出しました。(25年も経ったのかぁ・・・驚き!)

私が配属されたのは電算課と言って、PCでデーターを打ち込む部署。
女子社員が多めで、彼女たちのまるで珍しい物を見るような目が
痛かったです。標準語であいさつを言ったつもりでも、
なまるもんですから笑いが起き、なおさら話しベタが加速されました。(笑)

高校卒業後、奨学金制度を利用して、
夜は音楽学校へ通いながら昼は事務の仕事。
二年間の契約期間を終えその2年後の4月、
音楽での成功を夢見ながらとりあえず運送会社でバイト。

運送屋で学んだのは、ただ単純に物を運ぶといっても、
持ち方や運び方にもコツがあるんだなぁということ。
ロープでくくっている家具の持ち方を、先輩にちょっと教えてもらうだけで、
ずいぶん楽に持てたりすることに驚いたことがあります。

そう思うと、すべてにコツがありますね。
コミュニケーションにしてもコツがあります。
ちょっと教えてもらうだけで、全く違うレベルに行けたりします。
かっこよく言うとノウハウです。

さて、運送屋さんですが、事故連発で3ヶ月で退社。
それが大きな転機になりました。続きは無料ガイドブックで。

コミュニケーションNLP無料ガイドブック→http://www.nlp-oneness.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 自己実現の定義
----------------------------------------------------------------------
「トランスパーソナル心理学入門」諸富祥彦著より引用

自己実現というと有名なのが、人間性心理学の代表的な学者、
アブラハム・マズロー博士です。

彼は自分の可能性を充分に実現しきっている人、
つまり『自己実現した人間』の研究に打ち込み、
それが人間性心理学誕生の発端となりました。

彼が定義した自己実現した人間の特徴です。

■自己実現の定義

・孤独やプライバシーを好み、欠乏や不運に対して超然としていること。
・文化や環境からの自律性。
・人生をいつも新鮮かつ無邪気に楽しめること。
・しばしば神秘体験や至高体験を体験していること。
・人類全体への共感や同情。
・深い人間関係。
・民主的性格。
・手段と目的の区別。
・悪意のないユーモアのセンス。
・創造性。
・確固とした価値体系。
・自己中心的でなく問題中心的であること。
・自己や他者や自然に対する受容的態度。


人間が成長を極限まで追求するとどうなるのでしょうか?
その方向での研究の一つが「至高体験」についての研究です。

一般人が体験する至高体験のうち最多のものは、
女性の出産体験、オーケストラの指揮者の体験などだそうです。

至高体験というと、特別な感覚体験をイメージしますが、
覚醒体験や神秘体験、宇宙との一体感や過去生体験などは、
あくまで特殊な体験でしかありません。

宗教の修行で素晴らしい悟りを得たと自他共に認める人が、
日常生活では神経症に悩んだり、
人間関係に苦しんだりしていることがあります。

地に足をしっかりつけた普通の人が毎日の生活の中で、
「個を超えて働いている力をどう生かし、心を豊かにしていくか。」
その方が特殊な体験よりもずっと大切です。

----------------------------------------------------------------------
■超然としているということ
いかがでしょう。
私は一行目の「欠乏や不運に対して超然としていること」でアウトです。(笑)

う〜ん、私など欠乏や不運を嘆いてばかりで、
そういった状況でも超然としていられる自己実現からは遠そうです。(笑)

まあ、NLPや心理学で心のことを学び始めてからは、
1万倍は楽に生きられるようになりましたが、
まだまだこのリストを見ると自分の精神的欠乏を感じます。

あっ、また欠乏を嘆いてしまった。欠乏に対しては超然としなきゃ。
う〜・・「しなきゃ」と言ってる時点で、ますます超然としてない・・・(笑)

■区別
「手段と目的の区別」とは、お金などはいい例になります。
お金を手に入れるのが目的になってしまいがちですが、
お金はあくまで手段です。

コミュニケーションをうまくなりたいというのも手段ですが、
その目的は何でしょう?

人をうまく利用したいとか、自分を認めてほしい。
つまり自分に焦点が当たっている場合は、
自分がどう見られているかどうかが、とても気になり始めます。
何しろ相手の評価が重要ですから。

目の前の相手に何ができるか?
「相手に喜んでもらおう」「役に立ちたい」
こういった視点で考えたとき、一歩抜け出せるのではないかと思います。

■相手のためなら話すより聴くこと
「自分のために」よりも、「相手のために」というスタンスだと、
こちらが何か一生懸命話すよりも効果的なのが、話を聴いてあげること。

「何かうまいことを話さなきゃいけない」という強迫観念が、
ますます話すことに苦手意識を持たせます。
聴くだけでも相当喜んでもらえることができるという感覚、
これををつかんでいただくと、相当リラックスできるようになります。

ただし、この聴く技術はとても訓練が必要です。
今まで出会ってきた人たちで聴くのがうまい人は、
一割もいない感じがします。

誰でも歩くことができます。
歩くことを正式に練習した人は少ないでしょう。
でも、「正しい歩き方」なんて言うスキルがあるくらいですから、
正しくやれていない人が多いようです。

「聴くのは得意だけど、話すのは苦手です」と言う方は多いです。
そういう相談がほとんどです。
でも逆に、今までに
「話を聴くのが下手なんです。」
という悩み相談を受けることは過去経験がありません。

聴く技術が人生を変えます。
話上手になるにためにはまず、聴くことにエネルギーを注いでみましょう。


でも、私は妻の話だけはなかなか聴けないんです・・・。努力します。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP「応用編」開催!
----------------------------------------------------------------------
コミュニケーションNLP心理学「応用編」セミナー 

日時:4月13日(日) 10:00〜17:30
場所:セシオン杉並
交通:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩7分
定員:14名

基礎編ではできない時間のかかる実習を中心に体験していただきます。
一つ一つ丁寧な実習で、NLPを受講したことのある方、
本で勉強した方はしっかりと体験してみませんか?
そして、潜在意識レベルに落とし込む深い気づきにより、
他人とだけでなく、あなた自身とのコミュニケーションが変わります。

早期割引中!詳しくはこちらをクリック!
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13234716.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 めげない県民性
----------------------------------------------------------------------
県民性の特番を見てましたら、「粘り強くてめげない県民は?」
なんていうのをやっていました。

私は長年、自分がかなりのネクラと自認してまして、
20歳の頃、「ネクラ万歳」なんて本を買ったことがあるくらいです。(笑)

何人か集まっている中で自己紹介するとさらに拍車がかかります。
「松橋さん、出身はどこ?」
「あおもり」
「ふ〜ん、スポーツなんかやってた?Aさんは?」
「俺はサッカー。Bさんは?」
「私はテニス。松橋さんは?」
「え〜と、卓球部・・・。」

この流れでいくと、なぜかいつも笑いがとれます・・・。(悲)


特番では案の定、めげない県民性NO1は青森県。
雪かきを毎日黙々とやるからという理由。
雪が降る県は他にもあるだろうに・・・。

労働時間が一番長い県でもNO1で、よく働く県民性とのことです。
平均収入は確かブービーくらいだったはずなのに。

なまっていても、卓球をやっていても、笑われてもめげないのは
県民性だからでしょうか・・・。
「めげないノウハウ伝授セミナー」なんてのでも今度開催しようかな。

rich23 at 12:32コメント(0)トラックバック(0)心理学自己啓発 

2008年03月14日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 コーチングの有名人
----------------------------------------------------------------------
みなさんお久しぶりです。

メルマガでお送りしている文章をブログにそのままコピペしています。

「ノウハウを披露するのはメルマガだけでいいんじゃない。
ブログはもっと気軽な感じで書いたら?」

こんなアドバイスをいただき、メルマガの文章を載せるのはやめて、
別なものを書こうと思ってたら何と二ヶ月もたってしまいました。
なので、とりあえずメルマガをそのまま引用します。

メルマガよりも、数日遅れで載せることも多くなるかもしれません。
ぜひメルマガ登録を(笑)

メルマガ登録→http://www.nlp-oneness.com/article/13157147.html
まぐまぐの場合→http://www.mag2.com/m/0000237701.html

昨日はコーチングの世界で一目置かれている近藤直樹氏とお会いしました。
私が最も影響を受けたセミナーで学んだことを、復習させてもらったような一日になりました。

彼はコーチングの本を4冊出していますが、特に「7デイズコーチング」という本は以前から持っていたんです。

(本の紹介ページ)
http://www.nlp-oneness.com/article/13188775.html

彼との出会いは友人の紹介ですが、紹介された時に名刺を見るとびっくり。
「あ〜知ってます!この本は、とてもわかりやすく簡単に見えるけど
書いていることは深くていい本ですね〜!あの本を書いた方とお会いできるなんて!」

ということで、5月にコラボセミナーを開催することになりました。
彼は講師としても有名なので、通常はかなりの金額のセミナーになりますが、
参加したら人生が変わるような一日を体験できるでしょう。
詳細はまた改めて。

ふと気がつくと6時間くらい話していました。
こういうときの時間はあっという間ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】  人前が苦手を克服する方法
----------------------------------------------------------------------
今日同席した女性が相談していた内容は、メルマガの読者にも役立ちそうなので紹介します。彼女は、「本当はやりたいことがあるんだけど・・・」
しばらく躊躇したあと重い口を開きました。

「言うのが恥ずかしいんだけど、ヒーラーとして仕事をしたいと思っているんです。
だけど、人前で話すのは緊張して苦手なんで・・・・。」

それに対して近藤トレーナーは、「緊張は大事ですよ。自分も人前で講師をする時は、緊張するからしっかりクリアリングしてますよ。」

クリアリングとは、彼の著書でも語られていますが、自分の感情や反応を抑えつけず、他人や自分に吐き出して受け止めることです。

「人前なんていやだ!」「失敗が怖い!」「恥ずかしい!」
多くの人は、そんな感情を隠そうとしたりして抑えつけてしまうので、後に引きずることになります。

美空ひばりでさえ、コンサート前には極度の緊張に悩まされたといいます。
しかし、緊張しなくなったときは終わりだとも言っていたそうです。
緊張は自分の能力を高みに引き上げる薬とも言えそうです。

「人前が苦手」という方は、緊張をしっかり感じて、その感情を他人に受け取ってもらいましょう。

できれば本番前に聴いてもらいましょう。
「今の気持ち聴いて!とにかく嫌!帰りたい!準備が足りないし、なんかお客さんのノリ悪そうだし…。」

聴いてくれる人には、ただ受け取ってもらう。
すると、感情を明確に認知するということで、感情に振り回されることが少なくなるのは間違いなしです。認知心理学では基本になっているやり方です。

いわゆる成功哲学など、イケイケのポジティブシンキングだと、マイナスを考えるな!ポジティブなこと以外口にするな!となります。それは自分の一部を否定するようなものです。そういった慎重さや、完ぺきを求める自分の一部を受け入れることが、自分のパワーを最大限に発揮させます。

これは、かなり深い話になるので、今後改めて紹介して行きたいと思いますね。

あなたは自分のどんな部分を否定していますか?
いろいろな自分の部分を、否定したり無理やり抑え込まず、受け入れましょう。
一見マイナスに見えるその部分は、今までの人生であなたを助けてきてくれた部分でもあるのですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP心理学「応用編」開催!
----------------------------------------------------------------------
コミュニケーションNLP心理学「応用編」セミナー 

日時:3月23日(日) 10:00〜17:00
場所:中央区八丁堀区民会館
交通:東京メトロ日比谷線またはJR京葉線
   八丁堀駅A2出口徒歩2分
定員:14名

基礎編ではできない実習を中心に体験していただきます。
一つ一つ丁寧な実習で、NLPを受講したことのある方はしっかりとスキルを復習してみませんか?そして、潜在意識レベルに落とし込む深い気づきにより、他人とだけでなく、あなた自身とのコミュニケーションが変わります。

早期割引中!詳しくはこちらをクリック!
→ http://www.nlp-oneness.com/category/1214078.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 コミュニケーションの達人への道
----------------------------------------------------------------------
このメルマガは「コミュニケーションの達人への道」
というサブタイトルをつけています。

近藤トレーナーがおっしゃってました。
「以前メルマガを書いていたけどうまいこと伝えるのに苦労して、中止しているんです。タイトルは『コミュニケーションの達人への道』って言うんだけど」

またまたびっくり!
「え〜!私も同じタイトルで、今メルマガ出してますよ!〜」
真似したつもりはないんですが・・・。とりあえずごめんなさい。(笑)

「さすが本を何冊も書いている人は違う〜」と感心。
著者としてしっかり発行しようという姿勢に、我が身を反省。このメルマガは、文章が変だとか、意味がわからないというご意見をいただきますが、2,3回見直しているうちに「もういいや!」って、ついつい発信ボタンを押しちゃいます。
彼の姿勢を見習うよう頑張りたいのですが、しばらくはご勘弁(笑)

ということでお知らせです。
サブタイトルが変わるかもしれません。(笑)

スキル系のメルマガとして発行していますが、もっと深い部分も書いていこうかなと思い始めています。そういった部分を書いたときは反響が大きいですしね。
皆さんのご意見をお聞かせください。お待ちしています。

ちなみにこのブログは、またいつ更新できるか自信はありません。あしからず(笑)

rich23 at 01:04コメント(0)トラックバック(1)心理学NLP 

2008年01月15日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】  楽しいセミナーでした
----------------------------------------------------------------------
先日はコミュニケーションNLPセミナーの開催がありました。
スタッフの席が無くなるくらいお申し込みがあり、
しかもびっくりするような様々な分野の方にご参加いただきました。

某有名メーカープロジェクトマネージャー、カイロプロテクター、
銀行出身の投資M&Aコンサルタント、WEBマネージャー、市役所勤務、
システムエンジニア、OL、建設業の品質管理、保守点検サービスなどなど。

芸能関係からも初めての参加がありました。
なんとあの宝塚の出身の方がいらっしゃったりして、
今回はとてもバリエーションに富んで、楽しいセミナーになりました。

アンケートの一部を紹介します。
----------------------------------------------------------------------
「コミュニケーションはとても奥深いということに気づけた。」

「苦手な理由は、自分の話すことにのみ意識が向けられていて、
相手の真意を汲み取れていなかった」

「自分の意見をいかに通すか、いかにたたみかけるかが
コミュニケーションスキルの王道だと思っていたので発見になった。
早合点による短気が改善されると思います。」

「交渉にあたって、あいまいな点を確認していくことが大切だと学ぶことがで
きて、今後の仕事の改善を図っていくことが可能になった。」
----------------------------------------------------------------------
今回に限らず今まで参加された方は、人と話すときだけでなく、
インタビュー番組など見ている時でも常に実践して
習熟度を上げていただくことが可能です。
そして、会社や家族とのより深い関係作りにつなげていただくことが、
私たちの最大の喜びです。みなさん、ありがとうございました。

次回は2月3日開催です。
ご興味のある方は→http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 願い事のルール2
----------------------------------------------------------------------
前回アファーメーションについて書いたところ、
過去最大の反響メールをいただきました。
なので、引き続き、目標の立て方、願い事の作り方をお伝えします。

アファーメーションとは、 自己暗示とか深層自己説得などと訳されます。
年始らしく言うと、「自分に言い聞かせる願い事」
私たちは毎日二万個くらいのことを考えているといわれています。
その中に、「あーなったらいいな〜」という願望が含まれます。
この時期に目標設定する人が多いと思いますが、やはりルールがあるのです。

■感情を使う

年収1000万欲しい。
マンションが欲しい。

これらの目標を達成したい目的は何でしょう。
たとえば、みなさんでしたら豪邸を手に入れたら何をしたいですか?

私なら友人を集めてパーティーをしたりして、
まずは知り合いに見て欲しいですよね。

そこで、
「私は、豪邸でパーティーの準備をワクワクしながしている」
「私は、豪邸でパーティーを心から楽しんでいる。」

こうやって感情をゆさぶるように、
もうすでに実現しているかのように表現します。
このようにわくわくするような楽しいイメージが重要なんです。
アファーメーションには、感情を加えると
潜在意識を揺り動かします。


■肯定的に書く
具体的に作るというとこういう目標を立てがちです。
たとえば「数百万円の借金を返したい」という目標。

これは一見、目標がすごく明確なので、
「いい目標ですね」といっちゃいそうです。

目標設定のお手伝いをしていると、
「借金を返したい」、
または、
「お金に困らない生活をしたい」
という方が多いです。

ただし、残念ながら借金返済という目標だと、
マイナスエネルギーを逆に潜在意識に入れてしまいます。

「借金を返す」という目標だと不安と恐怖を追い払うために、
逆にせっせと不安と恐怖を潜在意識に刻みこむようなものです。

同じように「お金に困らない生活がしたい」、
というのも、お金に困っている状態に焦点が当たっています。

では、どうすればいいでしょうか?
それは肯定的な方向から目標を立てましょう。

借金を返し終わったあと、
どんな素晴らしい生活をしているのかをイメージします。

豊かになったらどうなりたいのか?
つまり、家や車を手に入れたり、旅行したり、
前からやりたかった仕事をしている状態など、
「今まで我慢していることを、ついに楽しめるようになった!」
そんなイメージで、アファーメーションを作っていきましょう。

■ミルトン・モデル
NLPのスキルにミルトンモデルというのがあります。
そのひとつに「否定命令」といって、このパターンを意図的に使います。

魔法の誘導「〜しないでください。」

契約しようかどうか迷っているお客さんに、
「今すぐに契約しよう、とは思わないでください。なぜなら〜」

びっくりする人もいらっしゃると思いますが、
この言い回しは潜在意識には「今すぐ契約しろ!」と届いているのです。

営業マン時代、もうひと押しというときに使っていました。
これを使って契約が取れなかったことはなかったので、
効果は実証済みです。(使うタイミングは難しいですので注意)

自分に言い聞かせる言葉も同じです。

「〜しないようにしよう」
「〜だけはしたくない」
「〜はなりたくない」

これは欲しくない方向に潜在意識の焦点を自然に向けさせます。
「欲しくないもの」を見るのではなく、
「欲しいものを見る」ということが重要。

■あなたが「今年したくない」ことではなく、
 「したいこと」は何でしょう?
 この機会に明確にしておきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 うちのネコ
----------------------------------------------------------------------
毎日ネコが、「ミャーミャー」とすり寄ってきてうるさいです。
「背中を掻け、掻け(かけ)」といってくるんです。
「ん?背中を揉めじゃなくて掻け?」

そうなんです。「掻け」なんです。
うちのネコは、抱かれるのは嫌なくせに、
背中を一日数十分は撫でてあげないと「ミャー!」とうるさいのなんの。

最近めんどくさいんで、ちょうどお土産の背中掻き棒で、
ゴリゴリ背中を掻いてやったら、とても気に入ったらしく、
年中おねだりしてきます。
朝起きてネコと出会うと、待ってましたいと言わんばかりに、
「ミャー!ミャー!(背中を掻け、掻け)

寝てるか、飯食うか、背中をゴリゴリとマッサージされている毎日の生活。
ネコはいいなぁ〜。(?)



rich23 at 02:16コメント(0)トラックバック(0)NLP自己啓発 

2008年01月06日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】  新年明けました
----------------------------------------------------------------------
新年明けましておめでとうございます。

平成20年になり、平成になってもう20年経つんだなぁ〜
という感慨にふけりながら、のんびり正月を過ごしているところです。

「涙の晩餐SP」という番組ありました。
有名シェフが、師匠や恩人に料理をふるまうという内容で、
フレンチの有名店のオーナーシェフいわく、
「あの人が手を差し伸べてくれなかったら今の自分はいません。
引き上げてくれたり、助けてくれる人がいたからこそ今の自分があります。
皆さんに感謝です。」

それぞれが、その世界では超一流なのにかかわらず、
お世話になった人に対しての感謝を忘れない姿勢を見て、
だからこそ、その世界で一流になれたんだろうなと感じました。

NLPでリフレーミングというスキルがあります。
フレームとは枠のことです。そのフレームを変えるということです。

モナリザの絵も、木製の重厚な枠に入れるのと、
白いプラスティック製に枠に入れるのでは見え方がまるっきり変わります。
内容は変わらないのに、受ける印象が大きく違ってきます。

物事には必ず二つ以上の見方があります。
同じ出来事でも、どの枠で見るかで受け取り方が全く変わります。

いろいろと助けてくれた人も人間ですから嫌な部分もあるでしょう。
成功していく人は、人間関係で寛容な人が多いようですが、
人の良い部分に焦点を当て、感謝するフレームを持っているのでしょうね。

今年も感謝の心を持ちながら過ごしたいものです。
あなたは誰に感謝しますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 願い事のルール
----------------------------------------------------------------------
新年ということで、アファーメーションについてご紹介しましょう。
アファーメーションとは、 自己暗示とか深層自己説得などと訳されます。
どんな言葉を口にするか、心の中で何を自分に言い聞かせるかで、
脳のパターンが変わります。

初詣での願い事などまさにアファーメーションです。
ただ残念なことに間違った方法でしている人がとても多いんです。

「今年は年収1000万欲しい」
「年収1000万手に入れるそ!」
「お金持ちになりたい」

初詣で、このようなお願いした人は多いのではないでしょうか?
実は私も長年そうしていました。

たとえば『お金持ちになりたい』と願うのは、
潜在意識をうまく動かせないんです。

「〜したい」「〜になりたい」たとえば
『お金持ちになりたい』
ということは、
『今自分は欠けているんだ、足りないんだ、手に入っていないんだ』
ということを潜在意識に余計に認知させることになります。

「願いを叶えてください」
とお願いするのではなく、
『願いが叶ったと思い、感謝することである』
ということがスピリチャルな本には書いています。

これは決して精神世界の不思議なお話ではなく、
潜在意識の使い方としてはとても正しいのです。

NLPや心理学では、「感謝しなさい」とは言いませんが、
脳のプログラミングを変えるために、3つの感覚に注目します。

見えるもの(視覚)
言葉   (聴覚)
体の感覚、(身体感覚)

■プログラミングの手順
この3つのプログラミングを変える手順はこうです。
まず、すでに手に入っているイメージを思い浮かべます。
例えば年収1000万円を達成したとします。

達成した証拠はどんなことでみえるでしょう?
一年間の給料明細を集めて電卓をたたいている姿でしょうか。

その時に出る言葉は何でしょう。
「よくやったな!」とか、「うれしいな!」

そのうれしさを感じている時の体の感じはどうでしょう?
表情や姿勢は?
ガッツポーズをしているかもしれませんね。
助けてくれた人や、出来事に感謝の気持ちもわいてくることでしょう。

これらを簡単にやるとすると、
『願いが叶ったと思い、感謝する』
ということになります。

長者番付の常連だった「まるかん」の社長の斎藤一人さんは、
お参りのときはお願いするんじゃなくて、
次のようにしなさいと言っています。

「いつもお守りいただきありがとうございます。感謝いたします。」

欲しい結果は、「〜したい」ではなく完了形で感謝してみましょう。
「望んでいる○○が叶えられたことに感謝いたします。
 ありがとうございます。」

あなたは今年一年、何に感謝したいですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP心理学セミナー開催!
----------------------------------------------------------------------
コミュニケーションNLP心理学セミナー 

日時:1月14日(祝) 10:00〜17:00
場所:セシオン杉並
交通:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺徒歩7分
定員:14名

早期割引中!詳しくはこちらをクリック!
→ http://seminar-oneness.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 努力
----------------------------------------------------------------------
吉野家の社長が言ってました。
「周りに協力してもらう、というのと、
 周りが協力してくれる、
というのは全然違うことなんです。
陰で努力している人のところには、自然に協力してくれる人が集まるんです」

年も変わりましたし、私の今年の抱負は
努力するように努力します・・・?(笑)

みなさんの抱負は何ですか?



rich23 at 12:47コメント(0)トラックバック(1)NLP精神世界 

2007年12月21日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】  2007年の振り返り
----------------------------------------------------------------------
もう今年もあと10日です。
あなたにとって今年はどんな年だったでしょうか?
元旦に立てた目標は何でしたか?

立てた目標の達成率は、ノートを見返すと30%くらいでした。。
ただ、達成していない目標の多くは正直数年かかるようなものばかりなので、
満足感は十分です。
無理っぽい目標をたくさん書いたせいで、
見返す回数は少なかったのが今後の課題ですね。

振り返ると好きなことばかりができて、とても充実した一年でした。
来年は2008年、和暦だと平成20年・・・
えっ?平成も20年になるんだぁ。

「あれは確か平成20年だったかなぁ?
あの年からそれまでの種まきが効いて、大きく花開いたんだよ!」

来年は、そんな回想ができる年にしたいですね。
そのためにも、10日間楽しみましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 パワーを最大限にする方法
----------------------------------------------------------------------
「スキルはたくさん知っているのに、それを生かせるパワーが足りないなぁ」

案外こういった方は多いと思います。
パワーを上げる、エネルギーを上げるための方法で、
私が最も効果があったと思うことをお伝えします。

訪問販売をしていたころ、
超有名企業の社長宅など大金持ちの家に行くチャンスが何度もありました。
家に入って思ったのはとにかくきれい。

テーブルや床には、ほとんど物を置いていなくてすっきり片付けている。
当時は、「お金持ちだから収納場所も沢山あるからきれいなんだろう」

会社訪問しても、活気があってエネルギーが高い会社はきれい。
良い氣が流れている神社やお寺なんかはもちろん徹底してきれい。

その理由を今回紹介する本を読んで納得したんです。

私の人生で役に立った本・ベスト5に入りますが、
文庫本も出ているくらいスピリチャルの世界で有名な本で、
「このメルマガの読者にはちょっと違和感があるかなぁ?」
と思いつつ、年末なので思い切って紹介します。

----------------------------------------------------------------------
『ガラクタを捨てれば自分が見える - 風水整理術入門 -』
カレン・キングストン著より抜粋

◆人がガラクタを溜めてしまう理由とは?

1.「いざというときのために」
これは自分の未来に信頼を置いていない証拠。

捨ててから必要になるのではないかと心配をすれば、そのとおりになります。
「そのときには手に入らない貧しい状態になっているかもしれない」
という欠乏意識からきています。


2.自己存在価値という執着
物に対する執着はある種の波動を発し、
よく使うものや好きなものや自分で作ったものなどには
本人のエネルギーが浸透しています。

プレゼントには送り主のエネルギーが浸透しています。
しかし、処分はもっとよい家にもらわれていくのだと思いましょう。
エネルギーのことが分かると、
使わないのに手元に置いて執着することは、
その品に対してかえって良心の呵責を感じるようになるはずです。


3.遺伝
「万が一のため」という考え方は欠乏意識から来るもので、
通常は親から子供に伝達されます。

少しその考え方を変えることで、
もっとよい新しいものを人生に取り入れるスペースを作るために、
積極的に物を整理していくようになります。


4.ケチ精神
「最後の一滴まで元を取らないと処分しないのは損」
このような考え方は、古ぼけた不要物を後生大事に溜め込んで、
エネルギーの流れを滞らせます。
そんな所に新しくて良いものが入ってくることはありません。


5.感情を押さえ込むため
ガラクタはあなたを忙しそうに見せてくれます。
孤独や問題を直視する恐れなど紛らわせてくれます。
でも、その感情を抑え続けるにはとてつもないエネルギーが必要。
エネルギーの浪費です。


◆タンスの中身
ほとんどの人は、自分の持ち服の20%しか着ていないそうです。
タンスの中身を整理する時は、普段よく着ている20%をとっておき、
残りの80%を捨てるべきです。
これがあなたのエネルギーレベルを高くし、
良い運を引き込むコツなのです。

型、素材、デザイン、布地、
その他に何か気に入らないことがあったら処分しましょう。
ぎっちり詰まったたんすを開けて
「何も着るものがないわ」などと愚痴る必要がないように。


◆服とエネルギーのバイブレーション
去年一年袖を通さなかったもの、
特に過去2、3年に袖を通さなかった服は処分してください。
着る気にならなかった服は、確実にもう処分するべき時が来たのです。

色、素材、デザインなどは、
その時の自分のエネルギーのバイブレーションに見合ったものを
私たちは選びます。
人は人生の中で、ある特定の色の時期を過ごします。
その色を自分のオーラに蓄えます。
私(カレン)はある時期、紫ばかり着ていたことがありました。
その時には紫色の高貴なオーラが必要だったのです。


ほとんどの人たちが一度着たきりという服を持っています。
こういう事が起こる理由は、誰でも精神的にバランスの悪い日があり、
そんなときはオーラも「オレンジ地に紫の水玉の色合い(笑)」
などになっているために似合うと感じてしまうのです。

あなたは次に着る機会を待っているのですが、
幸いなことに(笑)あの感覚は戻ってくることはありません。


◆収集癖の理由
コレクションを始めるのは、
実は自分の成長のために何かを欲している本能のなせる技。
そのときに自分が必要としている波動ですので否定する必要はありません。

でも人生は変化しています。
それらの集めた物は、本質を自分のエネルギーの中に取り込み終われば
用済みです。もう新しいことを始めていいのです。


◆紙のガラクタ「本」
古い本を保管し続けると、
人生に新しいアイディアや考え方が入ってこなくなります。

さらに、段々新しいことにチャレンジをしなくなり、
かび臭いエネルギーを発するようになってしまうのです。

高学歴なのに配偶者が見つからない場合、
風水でいう恋愛を司る位置に古い蔵書がぎっしり詰まった
大きな本棚が置いてあることがあります。
時がきたら、本を処分することを学んでください。

使ったことのない料理の本、見ることのなくなった児童書や参考書、
未読の小説の本など。

今の自分に、そして自分の将来を象徴するような本だけを残してください。
それと、よく使う資料や心から好きな本を残して、あとは処分しましょう。


◆ガラクタかどうか審査のコツ
1.これを見たり思い出したりしたら、私は元気になるのかしら?
2.私は心からこれが好き?
3.本当に使ってる?

『必要なものは全て与えられる、あなたが必要なものは与えられる』
と心から信じれば、それは現実になるでしょう。

そうすれば、「ガラクタ」をため込む必要は、二度となくなるのです。

--------------------------------------------------------------------

みなさん読まれていかがでしょうか?
私はこの本を読んだときから人生は変わりました。
この本を読んでから、物が1/8くらいに(笑)減ったと思います。

捨てられないのは自分の未来を信用していない欠乏意識からだといいます。
「何かあった時、大変だから」
うちの親からいい聞かされて来たこのフレーズのおかげで、
家には物があふれている中で過ごしてきました。

その使われていない物がマイナスのエネルギーを発生するというのは、
初めてこういったことを読む方には受け入れ難い話ですよね。

でもこんな話を聞いたことはありませんか?
道端にほんの少しのゴミが落ちていた。
それが一ヶ月もすると山盛りになっていて、なんとトラック一台分!
これはマイナスのエネルギーが呼ぶからだそうです。


モノだけでなく、執着を捨てることで運気が変わるというのは、
お客様との関係や、恋人との関係にも言えるかもしれません。

「この人との関係を切っちゃったら、
こんないい人は二度と現れないんじゃないか?」
こんな不安はやはり自分の力を信じていないし、欠乏意識かも知れませんね。

踏ん切りをつけた瞬間から更に素晴らしい新たな出会いが始まった、
なんていう体験をしている方は多いと思います。

「自分は必要なものが必要なときに手に入る」
過去を振り返ればいつもそうだったでしょうし、これからも大丈夫です。

この本を読んでからは、私自身はエネルギーが確実に高まりました。
年末のこのチャンスに思い切ってガラクタ処分してみませんか?


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  5時間弾き続けました
----------------------------------------------------------------------
忘年会パーティーで久しぶりに人前でギターを弾いてきました。

カシオペアの「朝焼け」という曲をやりましたが、
人前でこの曲をやるのは25年ぶり。

前の日にちょっと練習してみると、完コピは到底無理なことに気づき、
潜在意識に委ねてほとんどアドリブでやることに・・・(笑)

おかげで指が思ったより動かなかったのと(練習してないので当り前か)、
時間の都合で一曲だけしか弾けなかったので欲求不満がたまっていたところ、
二次会もそこのライブハウスでカラオケとのことでラッキー!

さっそく70〜80年代ロックのカラオケを入れてギターを弾いていたら、
プロのシンガーソングライターの待野さんが歌で入ってくれたり、
プロのドラマーが参加してくれて超盛り上がり。
歌とドラムがうまいと弾いていてとても楽みました。

他の人達のカラオケの間もずっとギターで合わせて(邪魔して?)
5時間くらい弾き続けまして、お店の人たちにはご迷惑をおかけしました。

あと、演歌だというのにロック風のバッキングや、
早弾きアドリブが入るようなカラオケにしてしまい、
曲をリクエストした方たちは、大変ご愁傷さまでございました。(笑)

次回はいつ企画しようかな。



rich23 at 08:14コメント(0)トラックバック(0)書評精神世界 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ