2005年03月28日

すいませんっていうな!


ようやく春がやってきたような陽気になり、
気分も陽気になるよね。

そろそろ皆さんの会社にも新人が入ってきたりして、雰囲気が変わるんでしょうね。

■すいません
新人たちによく注意するのが、
「すいません!って言うな!」

もちろん上司に謝るときのことじゃないよ。顧客にぺこぺこ謝りすぎなのが目に付く。その根っこにあるのは自己イメージの低さから来る行動だということ。自信がないから、悪いことをしているわけじゃないのに迷惑をかけたとばかりに顧客にすぐ「すいません」謝る。

アポの電話をして、相手が出たら「すいません、○○様でしょうか?」
アポの電話で断られて「すいませんでした」
話を聞いてもらったけど、結局アポにいたらず「すいませんでした」

やめなさい。君の自己イメージが下がるだけじゃなく、周りにも朝から聞かされていたんじゃ仕事に対するイメージが下がるだろ!と注意する。
それじゃ、こういう場合なんというか?
考えてみてください。

最初は「恐れ入ります」
断られたら「ありがとうございました」

優雅に行こう。

ところでこの自己イメージの低さは自信のなさから来る。
自信といってもセールスの場合いくつか種類がある。

■〔商品への自信〕

一つは、もちろん商品に対しての自信。

自分の扱っている商品がすばらしく価値のあるものだという自信が必要だ。しかし、残念ながら、そうでない人が多い。

ここで考えてほしい。
あなたの商品で理想の商品は?完璧な商品はあるか?


100%完全無欠の商品はありえない。
車で言えばベンツ。時計で言えばローレックス。

売れないベンツのセールスマンが嘆く理由。
「他のに比べて高いから売れない」

売れない理由を探すのは、アルバイトでもできる。
これらはすばらしい商品という一般的な評価がある。
しかし、価格がそれに応じて高い。買う人が限られる。だから高価格を維持できる。(最近は安いのも出てるけど)

反対に、価格が安い物のは、ステータスにならないとか、時間が狂うとか、すぐこわれるなんてことも多いかもしれない。

他のものに比べて、ブランドだとか高性能などの付加価値があって、しかも他の商品より価格が安い!なんて物はありえない。

あのユニクロも、今日ニュースで見たが、低価格路線を変更してから苦戦しているようだ。

ここで言いたいのは、あなたがどちらに目を向けるかだ。
自社製品の良い点は必ずあるはず。
しかし、他と比べたらここが落ちるとか、価格が高いなど、マイナスの面を探して売れない理由探しをしたらいくらでも出てくるだろう。
その自信のなさが言霊になって相手に伝わる。売れない理由を探すのはやめよう。

まずは自分の商品の熱心なファンになることだ。
充分なファンになる。そして教祖や伝道師になったつもりで、自分に関わる人全てに話したくてたまらない!というくらいだと、成功しないはずがないだろう。

しかしこんなに打ち込めるほど熱くなれない人が多いので、テクニックでカバーしていこう。
それは、これからも読み続けてくださいね。紹介していきますよ!


rich23 at 02:22コメント(0)トラックバック(0)セールス  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ