2005年04月03日

ハリネズミ・セールス


4月3日
■ ビジョナリー・カンパニー◆.魯螢優坤
前回に引き続き、ビジョナリーカンパニー△濃廚辰燭海箸鮟颪たい。
ハリネズミの概念というのがある。
古代ローマの寓話に「キツネはたくさんのことを知っているが、ハリネズミは肝心要のことを知っている」
偉大な人は、ハリネズミなのだ。偉大な足跡を残した人は必ずこう言われる。
『すばらしい見方だが、単純化しすぎた。』と批判を受けている。
しかし、理解を深めると、本質は単純であることを知っているのだ。
飛躍した企業は全て極めて単純な概念を確立して、これを判断基準として全ての決定を下していた。
一方余り成長しなかった会社は派手な戦略によって足をすくわれている。
■ 3つの円
飛躍した企業では、戦略を決めるその起訴として3つの主要な側面を理解している。
自社が世界一になれる部分はどこか?
経済的原動力になるのはどこか?
情熱を持って取り組めるのは何か?

セールスでいうと、第一に持って生まれ持った能力にぴったりで、世界でも有数の力を発揮できる。
その仕事で充分に報酬が得られる。
情熱を持っており、仕事が好きでたまらず、仕事をやっていること自体が楽しい。

これで偉大なセールスにならないほうがおかしいくらいだ。
ただ、世界に名を残すくらいのセールスを目指すのでなければ、生まれ持った能力は、他の二つで充分カバーできる。
「野球でメシを食いたい!」と思ったら、プロ野球だが、日本全体で200〜300人しかなれないらしい。何十万人という野球少年の中から00人の枠に入るのはものすごい能力が必要だろう。
しかし、あなたが目指しているのは何人中でのトップだろうか?
日本で5万番目の優秀なセールスマンでも充分成功しているほうかもしれない。
生まれながらの話のうまさはあまり必要ない。ただし、生まれながら人間に対する好奇心や興味を持っているかどうかは大きい要素だ。
二番目にやっても充分な報酬にならないとしたらすぐ転職したほうがいい。情熱を持ち、報酬が手に入り、人に対して好奇心を持っていたら売れるのは間違いない。

好奇心を持つには感受性が必要だ。この感受性は、どちらかというと顔色を伺うとか、ビビリのの性質を持っている人がとても高い。
その特質は、一般的にはマイナスに見られがちだが、すばらしいリソースだ。
相手をしっかり観察する力は人に対しての好奇心なしには磨かれない。
自分が気が弱いとか、ビビリだから向かないというのは間違った見方かもしれない。
その特性は宝の泉になる可能性がある。
もし自分が気が弱いと思っているのなら、トップセールスの能力を持ってるといえるので、ぜひ全国で5万番目くらいは目指して欲しいと思う。

ご意見ご感想お待ちしています。
ネタはいくらでもあるけどなかなか紹介しきれないので、質問に答える形もとりたいと思います。
ぜひ悩みを相談してください。


rich23 at 03:39コメント(0)トラックバック(0)セールス  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ