2006年08月

2006年08月31日

NLPで今日、クライアントのAさんという女性に、どんなアファーメーションが効果的なのか、定期的な電話相談で聞かれました。

『支店長代理昇格を達成したい』とのこと。


さて皆さんならどんな言葉で目標設定しますか?


目標設定だけで、一冊の本が作れるくらい深い話になります。

目標は5つの分類が出来ます。

・〜を所有すること、あるいは獲得すること
・〜をすること
・〜を知ること
・〜と関わること
・〜であること

なので、目標の吟味やリソースなど超省略して、第一段階の獲得というところに焦点を当てて、アファーメーション(自己暗示)だけお伝えしましょう。

「東郷さん、『支店長代理への昇格を達成したい』でいいですか?」

「う〜ん、Aさんね、支店長代理には、いつまでになりたいですか?
目標は具体的にする必要があります。どうでしょう?」

「そうですね、過去数ヶ月の平均が300万円売り上げたので、次のステップにはあと3,4ヶ月かかりそうです・・・。でも来月でやれたらいいなぁ・・・。そうですね、来月にします。」

「来月というと不明確なので、何月何日にしますか?」

「9月30日にします。」

「じゃあ、それまでにいくら売り上げたらなれるんですか?」

「えーと、月600万円です。上司にはやれるよ!といわれるんですけど・・」

「じゃ、『私は2006年9月30日までに600万円以上達成して、支店長代理に昇格していっている』かな?どう?」

「『600万達成して支店長代理に昇格していっている』ですか?」

「『する』より現在進行形のほうがストレスが無くなっていいみたいだよ。
確信がもてないときにはこのほうがいいんだ。

あとね、『600万円』とするよりは、『600万円以上』にしたほうがいいよ。
600万円ぴったりを出すのは難しいんでしょ。
それに、それ以上出せたらいくらでもいいんだよね。」

「そうですね。もうちょっと短くするとどうなりますか?」


「それじゃ、600万円以上か、支店長代理昇格のどちらかだけにするといいね。

ただ、ここまではいわゆる成功哲学のノウハウでよくいうこと。
他にマーフィーの法則なんかで有名だけど、もっと潜在意識にいれられる方法がある。ちょっと好き嫌いあると思うけど。

お願いするんじゃなくて、感謝する方法なんだ。

こうやるんだ。

『私は2006年9月30日までに600万円以上達成して支店長代理に昇格しました。ありがとうございます。』

さらに、これを紙に書いて読むともっといい。
その時はこのフレーズを入れると、催眠誘導のテクニックも使えて完璧。


『私は今、この紙を眺めています。そして2006年9月30日までに600万円以上達成して支店長代理に昇格しました。ありがとうございます。』

短くするなら、金額か役職かどちらでもいいんじゃないかな。
今メモしたもので、どれかピンと来てやりやすいものを使ってみてね。

じゃ、イメージング誘導しますので、・・・・

9月30日の結果楽しみにしてますよ。」

という感じで、ナポレオンヒルと、マーフィーと、催眠誘導のパターンを紹介しました。
声に出して、音読して潜在意識に叩き込むうちに、達成するのが当たり前に感じられてきます。
結局、売れている人は目標を、念仏のように暇があったら考えて、思い出しては脳に刻み込む、という事をしている人が多いです。
(のほほ〜んとしながら売れる人ももちろんいますが少数ですね)

ここまではVAKのA(言葉)だけでした。VとKはイメージ誘導でやりますが、また後日に。
まずは、言い聞かせる言葉をお試しあれ。

ご質問・ご相談お待ちしています。



rich23 at 02:57コメント(0)トラックバック(1) 

2006年08月29日

人間いろんな分類の方法があります。

男脳と女脳。
コーチングでいう4パターン。
NLPのVAKの3パターン

■男と女
今から10年以上前、ジョングレイの「ベストパートナーになるために」という本を、結婚してまもなくのころ読んだときには、ハンマーで殴られたくらい、いや、出社したら会社がなくなってたくらいの衝撃だった。(どちらも経験ありませんが・・・)

これを読んだ時、夫婦間の謎が解けた気分だった。

当時こんなことがよくあった。
私はなぜか、そんなに熱烈な興味があるわけでもないのに、
野球をずっと見てたり、新聞を眺めてる。
(読むとはいわない)

そうしながら、彼女の話を聞いてるとこうなる。
「野球と私のどっちが大事なの!!」

しっかりと聴きながら、
「じゃあ、相手には今度こう言ってやれよ!」
「だったら仕事やめていいぞ!」
と具体的にアドバイスするとこういわれる。

「そういうことじゃないのよ!」

「えっ?じゃあどういうことだよ?」

「もういいわよ!もう寝る!」

「???」

意味がわからない。
せっかく解決に向けて、丁寧にアドヴァイスしてあげたのに・・・

こんなコミュニケーションの不具合は、男と女の脳の違いだというのだ。


悩みを抱えたとき、女はしゃべる。
その際に、受け取ってもらってるかどうかとても重要。
答えは自分の中にあり、その確認のために聴いてもらうのが大事で、その会話で解決を実は望んでないというのだ。

男の場合だと、それはありえない。
まるで穴ぐらに入った熊のように自分の世界に閉じこもり、決して相談しない。
相談する時は、よっぽど解決したくて困ったとき。
悩みを打ち明けるのは自分より格上と認めた人のみで、人に相談するということは、自分に能力が無いと白旗を出すようなものだ。特に仕事に関しては、
妻に相談するということは、基本的にプライドが許さない。

この違いを学び、そしてNLPを学んでから、こういったトラブルは無くなった。

ただ話しを聴いてもらいたいのか、あるいは本当に解決したいのか見極めてからアドヴァイスしないと、女性の部下と接する場合は、危険ですよ。

相手の地図(NLPでは相手の概念などを地図という)を理解してから悩み相談やアドバイスしたほうがより効果的ですね。









rich23 at 00:55コメント(0)トラックバック(0)心理学 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ