2007年01月

2007年01月25日

そのまんま東知事。こんな呼び方はもうまずいのかも。
東国原知事の誕生には驚きました。
泊りがけのセミナーで帰ってきたらニュースになっていて、組織がらみの政党政治に反感を持つ無党派層の支持が勝因とのこと。
元宮崎県知事の汚職や不二家の期限切れ材料問題にしても次々と明るみになっています。
自分の利益のみに目が向いたことは、以前のようには隠しきれない時代になってきています。
誠実さ大事にする人がどんどん増えている証拠でしょう。

■お金は必要
「真の自分、大いなる叡智、内なる神。
人生の目的は一瞬一瞬が本当の自分と出会う探求。」
(私なりの言い方を変えました。正確な言い回しは覚えてないです)

先日参加したセミナー中、講師の言葉に対し
「そんなきれいごと言ってもお金がなきゃ生活できないよ。」
とがんばっていた方がいました。

講師はこう答えます。
「あなたがそれでいいのなら、それでいいと思います。
ただ経営者だった私の場合こうです。
自分の本質、喜びを知ってからは自分の仕事に不誠実さを感じるようになった。
お金を儲けようと成功哲学を胸に、
常に売り上げにまい進していたが、
嫌になっちゃったんです。」

「心の喜びを探求していると、必要なものは必要なだけ入ってきます。」

「お金は大事です。でも私はそれより大事なものが見つかっただけです。」

■妄想

「悩みは全て妄想です。」とも言ってた。

私の解釈だと、悩みというのは現在に生きていない状態。
未来に起こるかもしれないことへの不安か、過去にしてしまったことに対する後悔。
それを「妄想」と表現していると思ったが、そのとおりかもしれない。

お金は多くのニーズをかなえてくれる。
安心、変化、つながり、重要感、。
特に自分を好きでない場合、「どう見られるか、どう評価されるか」
ここに心を砕きがち。

「いい車乗ってるね。」「いいバック持ってるね。」
これはとても気分がいいです。
「家を田園調布に建てるなんて大成功者だ!」
これなんか最高ですね。
周りから一目置かれる。つまり大事に扱われるようになる。
これらで欲しい感情は、重要感だったり安心かもしれない。
ただ、この感情に気がつかないと、キリがなくなるようです。

つまり、どう生きていきたいのか?
結局ここに行き当たるんですね。

■手放す

「今手元にある20万で生きていかなければ」
「今の彼氏とは別れたくない」
「この仕事だけはやめたくない」

全ての悩みは執着から始まります。
全てこんな感覚が理想です。

「あってもいいし、なくてもいい」

精神世界の肝の部分です。
(まだまだ執着を捨てれない東郷ですけど・・・(笑い)

なぜ捨てれないのか?
自分の潜在意識、いや、もっと深いところの内なる神を信頼していないからです。
自分の無限の力を信じてないから、
「手放したら二度と手に入らないのかもしれない・・・」

そこに、こだわりが生まれてしまうようです。

「自分を信じましょう」
よく聞く言葉ですが、少し言い方を変えましょう。

「自分の内なる大いなる存在(神)を信じましょう」

う〜ん、こんなことばっかり書いていると、
NLPで来ている人はひいちゃうね〜。
でも、似たことがNLPにもあるんです。
また後日。

■NLP質問
あなたは目標達成でどんな感情を手に入れたいですか?

rich23 at 02:08コメント(2)トラックバック(0)精神世界NLP 

2007年01月23日

『あるある大辞典供戮如▲如璽靭埖い発覚。ダイエット写真がまったくウソ。
アメリカの教授の納豆でやせるなんてコメントは、勝手な吹き替えを入れていた。
こんなひどい操作。検証結果が売りの番組なので、相当の大打撃でしょう。
このように、時代は誠実さがかけたことがどんどんばれてしまうことが増えてます。

■心の探求の旅
先日泊りがけのセミナーに参加しました。
今までさまざまな心理学やノウハウを学んできた一方、
精神世界の世界もさまざま探求してきました。今回のセミナーは、精神世界どっぷりのもの。
本当の自分に出会うという内容のものです。
こういう関係のセミナーだと、かなりプレッシャーをかける。
大声を出させたりする。そんなのは多く体験しましたが、そういうものはなく淡々と進む感じ。
ただ、長い間何人もの人に勧められたきただけのことがあって、貴重な二日間になりました。

かなり前に、「神との対話」という本の紹介した覚えがあります。
神という言葉に抵抗をすごく感じて、宗教関係のものと決め付けていたので、手に入れてからもずっと読んでいなかったんです。
ところが、ほとんどの宗教を完全否定。
魂がなぜ人間の体を選んで生まれ変わるのか?
人はさまざまな経験を通してどこに向かっているのか?
こういった根源の答えがあります。

この本を通して知識として知ったことが、ズドンと腑に落ちたセミナーでした。

「なぜこんなひどい目に遭うのだろう?
なぜこんな不運なことが起きるんだろう?」

こんなとき、今までは、
「すべては学びだ、いい勉強になった」
と無理やりでもプラス思考で捉えるようにしようとしてきました。

ところが次のことが腑に落ちると、
まったくさまざまな問題が問題でなくなってしまうのです。
(残念ながら、セミナーの内容は細かくお伝えできないのです)


■ワンネス
「神との対話」の中で印象的なフレーズ。

『私たちはひとつなのだ』

ちなみに会社名は「ワンネスONENESS」です。

なぜワンネスにしたかというと、NLPの「コア・トランスフォーメーション」というの本の中にヒントがありました。
「コア・トランスフォーメーション」のワークを通して自分の中心に行き着く。
すると、すべてはひとつの存在だという感覚や、神との一体感を感じたりする人が多いとありました。
ONENESSとは「一体感」と訳されていましたが、とても興味を引かれ社名にしたのです。

その一体感を今回のセミナーで体験できて、よかったなぁという感じです。
「自分の言ってきたことも、他人から言われた言葉も、全ては大いなる存在からある意図を持って発せられているのかもしれない。」
「全てのことはまさに必然なんだ。」
「特に不運に思うことに、自分の使命が隠されているんだな」

理屈では知っていましたが、本当に感じられたように思います。

NLPも理屈は本で勉強できますが、セミナーなどでないとなかなか身につかないものです。
同じようにこの一体感をこの文面で伝えるのは難しいですね。

『あなたはすべての人とつながっています。
好きな人嫌いな人、すべての生きとし生けるもの全てと。』

ちょっと引いてしまう人も多いかもしれません。(笑)

もちろん、精神世界だけに入ってしまって、セールスなどでの欲がなくなったらどうなるんだ?
とお思いの方も多いでしょう。
参加者の中には「やっぱり世の中お金でしょ」とがんばってた人もいました。
その点は、今後書いていきたいと思います。

■今日のNLP質問
あなたの使命は何ですか?

rich23 at 04:55コメント(1)トラックバック(1)精神世界自己啓発 

2007年01月17日

「NTTドコモが本日2.2インチのディスプレイを2つ搭載した携帯電話「D800iDS」を開発したと発表した。
下のディスプレイはタッチパネル。ニンテンドーDSを思わせるスタイルだ。rbb today配信」
携帯電話が本格的なゲーム搭載機へと進化してきました。
(といっても、過去テレビゲームは買ったことがありませんが・・)
音楽も何百曲も聴けて、テレビも見れて、ゲームもタッチパネルでやれるとしたら・・・。
人生の相当の時間を携帯に吸い取られそうです。
タイムマネージメントセミナーでも企画しようかな。


●リソース
NLPの目標設定の段階には8つあります。
実は今回5段階の説明になります。

・目標達成のために必要なリソースは?
・あるいは、手に入れる必要のあるリソースは?
この二つの質問が5段階目です。

リソースとは、NLPでよく出てくる言葉です。
1 供給源。資源。財源。
2 コンピューターが稼働するために必要な、ハードウエア・ソフトウエアの環境。
英和辞典にはこのようなに書いてあります。

NLPではそのまま『資源』といった意味で使われます。
もともとNLPは、脳を機械やコンピューターに見立てた説で有名な、
グレゴリーベイトソンのアイディアがかなり入っているので、
こういった言葉が多いのかもしれません。

目標達成に必要なリソースとはこんなものです。

(的資源
読んだ本、参加したセミナー、学習用オーディオ(CD、テープ)、道具。

⊃妖資源
家族、友人、同僚、他の知り合い、昔からの知り合い

時間

ぅ皀妊
すでに達成した人を見本・お手本にする(実在でも架空の人物でもOK)

「自信を持ちたい」
こういった目標の場合、4つ当てはめてみましょう。

●あなたのリソース
・友人の前だとしっかり面白い話ができる
・持っている本に必要な情報が載っている。
・あるいはどんな本に必要な情報が載っているのか知っている。
・インターネットでの検索ワードを知っている。

・レベルアップのために、話し方教室に行く。
・自分が上達しているかどうか判断してくれる友人や同僚がいる。
・また、アドヴァイスをもらうことができる。

・レベルアップための時間は確保が可能。

・そして、理想の「自信を持っている人」とは誰か?
 お手本が明確。

この4つのリソースを明確にすることで、小さな一歩が踏めるのです。
あなたが、これだけの内なる資源が眠っていることに気がつく瞬間です。
逆に、これらが不明確だとこうなります。

「自信を持てたらいいけど、どうせ無理。
 だってあれがない、これがない、昔からだめだったし・・・」

こうしてできない証拠探しを始めるパターンに入ってしまいがち。
もしまったく見つからないとしたら?
どうしたらリソースを増やしていけるのかに目を向けましょう。

■今日のNLP質問
「そのゴールを達成するために役に立つリソースは?」
「どのリソースをすでに持っていますか?」
「必要なリソースはどのように手に入れますか?」

rich23 at 00:56コメント(0)トラックバック(1)自己啓発NLP 

2007年01月16日

■不二家の不祥事
「大手菓子メーカー不二家の藤井林太郎社長は15日記者会見し、消費期限切れ牛乳などを洋菓子製造に使用していた問題の責任を取り、辞任する考えを表明した。」
このニュースが発覚したのは内部告発らしいですが、誠実さを守りたいという人が増えているのでしょう。
雪印のときも内部告発ですが、こういったことがどんどん表面化する時代になってきたようです。私も常に自分の誠実さに正直でありたいです。


■夢と目標の違い

前回書いた目標の具体化ではずせないポイントがあります。
目標と夢の違いは何だと思いますか?

人によっては、
「達成できるものが目標」で、「達成しないものが夢」、
なんて答えてくれます。

簡単な公式があります。

『目標=夢+α』

夢にあるものを足すと目標に変わります。
そのαとは・・・・、

「期限」です!

成功哲学の基本ですね。
(昔から読んでいる人には引っ張りすぎました(笑))

「自信を持ちたい」

こういった目標を立てたとしたら、
この質問を自分にしてみてください。

「いつまでに自信を持ちたいですか?」


■証拠

すると当然、それを達成したという証拠を決める必要があります。

「何を見て聞いて感じたら、達成したことがわかるのでしょうか?」
「どうすれば自信を持てたといえますか?」


その達成の測定には、何かと比べる必要があります。
1、自分自身の実績
2、他人

人前で、どんなことをいえたら、今の自信のないという状態はクリアされるのでしょう?

「以前の自分は、最高人数5人までの人前で発言したことがあります。」
それならば、6人以上の人前で発言する。

他人と比べるならば、
「会議中、同期の佐藤君より一回でも多く発言する。」

抽象的な目標についてはこんな感じで決めておくといいでしょう。。

セールスの場合はもっと簡単ですね。
「自分の過去最高の100万円以上の売り上げを達成する」
または、
「トップセールスになる。」

トップセールスの場合だと、自分は過去最高を出す必要はないかもしれませんが、
他の人たちが現状以下になる必要があります。
他の人たちもそこそこベストを尽くしてほしいけど、
記録を更新するくらい活躍されては、自分のトップが難しいです。

■チェック
きちんと正しい方向へ向かっているかどうか。
このチェックが可能なチェックシステムが必要です。
つまり目標の細分化です。

マラソンも、42キロしか目安がないとしたら、
気力を維持させるのに難しいでしょう。
TVをみてると、5キロおきに、タイムがどうのと実況で教えてくれます。

逆にあっという間の10秒で終わる競技。
その100メートル走でさえ、最初の1メートル、5メートル、10メートルでどのくらいのスピードが出ているのかを、しっかり練習でチェックしているそうです。
ダッシュがいいとか、追い込みがいいとか。
このようにデーターを細分化し、新たな目標値を設定していきます。

きちんと目標に向かっているかどうか、チェックするためにも細分化は必要ですね。


■今日のNLP質問
「あなたはゴールにいつたどり着きますか?」
「そして正しく進んでいるかどうかどのようにわかりますか?」

rich23 at 00:24コメント(0)トラックバック(1)NLP自己啓発 

2007年01月13日

元阪神、現在ヤンキースの井川投手のうれしそうな会見が印象的でした。
「小さいころからの夢がかなってうれしいです。」

ビジネスで、特にセールスで成功する人で目標が明確でない人は少ないでしょう。
井川選手のように、長い間目標に対する思いを熟成させてきたことが、
おそらく今回の移籍を現実化したはず。

目標がない状態というのは、いってみれば、
スコアをつけないボーリング。
行き先をわからない旅行。
風に任せる船旅。

気がついたらいつの間にかアラスカに着いてた。
・・・こんなことを経験した人はこれを読んでいる人の中にはまさかいませんよね。(笑い)

そこで、NLP的な目標設定のやり方をご紹介。

■具体的にする

ライフコーチとして、さまざまな方の相談に乗ってきましたが、
多いのが、これ。
「幸せになりたい」
「豊かな人間関係を作りたい」
「もっと自分に自信を持ちたい」
「積極的になりたい」

こんなとき、こんな質問をします。

「どうなれば、ゴールに到達したといえますか?」

「もっと積極的になりたい」という場合、
どんなところが消極的に感じているのか質問します。

そして具体的なことが出てきたら、やることを決めコミットをしてもらいます。

休みの日に、山に遊びに行こうと同僚に声をかけてみる。
上司に、会社の改善案を提案する。
会議でひとつだけでも提案してみる。
今まで避けていた種類の人たちにアプローチを毎日10件する。
などなど。

今までにやったことのないことにチャレンジすることが、
自分の成長につながります。

もし、あなたが漠然としている目標があったら、
達成したときの証拠を明確にしておきましょう。

「自分って何やってもだめだな〜」
「自分て成長しないな」

自己イメージが低い人は、今までゴールがあやふやなだけだったかもしれません。

着実な一歩を踏み出す。
そのために、しっかりと成長した証拠を明確にしておく。

これが自己成長を感じる一歩になるはずですよ。

■今日の質問
「どうなればゴールを達成したと言えますか?」

もしこの答えが出ない目標は達成しようがないですよね。

rich23 at 02:36コメント(0)トラックバック(0)自己啓発NLP 

2007年01月12日

ヤンキースの松井秀喜選手と、キングカズこと三浦知良選手の対談を見ました。
カズが「還暦まで現役でいたい。ワールドカップに出たい」といった言葉が印象的でした。
サッカーの常識的でいったら、40歳でやれている人は皆無。
カズといえばJリーグ発足後、スーパースターとして脚光を浴びていた人。
その経験があるのにもかかわらず、J2という今までとは天と地ほど違う扱いも受け入れて、
現役にこだわり続けて、今もベストを尽くしているところはすばらしいです。

過去すばらしい成績で脚光を浴びたけど、今沈んでいる・・・
そんな人は世の中にたくさんいると思います。
過去にこだわらず、やりたいことにこだわる彼に見習うところがありそうです。


■考えるということ

よく、お客さんの言い訳で、「しばらく考える」という言葉があります。
あなた自身も結論を出す出さないで迷ったときによく使うかもしれません。
「よく考えてからにしよう」

最高の人生を送るために必要なものは、「自分を見つめる時間だ」ともよく言います。
つまり、自分のことをいろいろ考える作業ですね。

何かうまくいかなかったときに、いろいろと考えますね。


この「考える」というのはどういうことでしょうか?

あなたは「考える」ということをどう定義しますか?

辞書を引くとこう書いています。

「大辞泉」
かんが・える【考える・勘える】
知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。判断する。結論を導き出す。


■NLP的に「考える」とは?

NLPコーチング的にいうと、「考える」とはどういうことでしょうか?
それはどんな質問をするのか?
そしてそれにどう答えるのか?

この二つに過ぎないという解釈です。

決断に迷ったときはこんな質問を問いかけます。

こちらの方法を選んだらうまくいくだろうか?
その時に、もしうまくいかなかったらどうなるのか?
その結果は受け入れられる範囲だろうか?
・・・どうしよう・・・。

ここで重要なのは、どんな質問を投げかけているか?

NLPで、二種類の質問の仕方があります。
「問題誘導」と「解決誘導」です。

部下に失敗したときに、上司がどんな質問をするのかの例です。

〔簑衢尭
何が悪かったの?
問題は何なの?
なぜこんな問題がおきたの?
どのように失敗したの?
なぜそんな事をやったの?

どうでしょう?こんな質問をよくもらいますね。
そうです!あまり建設的で先につながる話にはならないですよね。

でも、案外こんな質問を私たちは、無意識に自分自身にしてしまっているかもしれません。

「何でこんなことをしてしまったんだ」
「なんで俺は売れないんだろう?」

解決誘導
次回は具体的にどういう結果を目指しますか?
その結果を得るには何をすればいい?
今回のことで学んだことは何?


このように、上司に問い詰められたときに、どうすれば成功するか?
ここにフォーカスされたらどうでしょう?

すべてが学びに変わりそうですね。
同じように、自分自身に未来にフォーカスした質問を投げかけることが重要です。

人生は質問の質で変わります。
あなたは、「考える」という行動をしているときに、
どちらの質問をしているのでしょう?

しっかりとチェックしていきましょう。

rich23 at 01:31コメント(1)トラックバック(0)心理学NLP 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ