2007年03月

2007年03月17日

最近ブライアン・トレーシーを改めて研究中です。
ありがたいことです。

それにしても、ブライアン・トレーシーはまるで科学者のように、
セールス・マネージメントノウハウを体系化していて、理論的な話が好きな人にはとてもお勧めです。(なのでこの画面を見ているあなたにお勧めです)


初めて私がセールスの世界に飛び込んだとき、紹介してもらったのがたった1本のブライアン・トレーシーのセールスマン向けのテープでした。(当時はCDなど普及しておりませんでした。)
結局そのセールス・プログラムは買いませんでしたが、「セールスは科学だ!」という言葉がとても印象的で、それ以来私の心の柱になっています。

ブライアン・トレーシーは、10歳の時に地元のYMCAに出向いて石鹸を売ったのが初仕事。
それから新聞売り、草刈、クリスマスツリーの販売を経てデパートの倉庫係になる。。
その後、オフィス用品の訪問販売、投資信託、不動産、自動車、広告、社員教育、コンサルティングと職を変えた。
25年間で22社のセールスや管理職を経験。
30代の頃、年商5億ドルの会社の会長の個人コンサルタントに招かれて、貴重な教訓を学ぶ。
それは誰もが会社を犠牲にしてでも自分の地位と特権を守ろうとするということ。
表向きは格好のいいことをどんなに言っても、人は変化を嫌う。
結果、クーデターの餌食になり転職。
その後、世界的コンサルタントと成功していき、毎年40万人以上に講演をしている経営コンサルタントとセールスのカリスマです。

■鼻の差
ブライアン・トレーシーの有名な鼻の差の話。
競馬では、一着と二着の賞金が10倍違います。
一着の馬は、二着の馬の10倍速かったのでしょうか?
とんでもない!文字通り鼻の差だけしか違わないのです。

あなたが年収500万だとして、年収5000万の人との違いはどうでしょう?
あなたが7時間働いているのなら、毎日70時間働いている?
ありえませんよね。(笑)

セールスなら、訪問件数が10倍も多い?
それもあなたが相当サボっていない限り、なさそうですね。

一つ一つの行動、時間の使い方、考え方、想い方、
それぞれでほんの鼻の差の違いだけなのです。

これを「ウイニング・エッジ」と呼んでいます。

同じような例をもうひとつ。
プロ野球では、3割バッターは年収3億円。
2割バッターだと、年収3千万くらい。

年収数億円のバッターが10倍打ってる?
ありえません。

10打席に3本打つか、2本打つかのほんの違いです。
ほんの10打席中、1本打てるかどうかの違いが、
名声を得ることができるのか、
試合にさえほとんど出れないのか、の差を作ります。

■潜在能力
ブライアン・トレーシーはいいます。

「あなたの潜在能力を知る方法があります。
それは、その分野での最高の結果を出しているのは誰だろう?」と自問すればいい。
彼らがそれだけの成績を出している秘訣が、
あなたの潜在能力のひとつの目安になるはずです。」
彼らの成績と比較すれば、自分の潜在能力の何%発揮しているかをつかめるのです。」

つまりは、人がやれることはあなたにもできることです。
その分野の超一流を100%としたら、あなたは何%達成していますか?
つまり、潜在能力を後どれくらい残しているのでしょう?

■質問
あなたの仕事でのトップは誰ですか?
あなたとトップとのウイニング・エッジはなんでしょう?
トップに比べあなたは何%の成績ですか?

V・A・K、それぞれがどう違うのでしょうか?
まだまだできることがあるとしたら、あなたには何ができますか?   

rich23 at 02:54コメント(0)トラックバック(0)セールス自己啓発 

2007年03月13日

先日コーチングした方から、とても心を打つメールをいただきましたので紹介いたします。
=============================================

「今日、私が学生の時に読んでいた本を見直して
先日の東郷さんとのやりとりに正しい方向性を感じました。

そこには、希望実現に向けて潜在意識が働きだすようには
第一「言葉の力」を利用する。
第二「念の力」を利用する。
第三「イメージの持続」
と書いてありました。

また、「感謝の念」についても書いてありました。

『能力があって成功しない人、能力・才能があってもなぜか認められない人は、
おそらく感謝の念が少ないはずです。』

とありました。
『時おり心静かに坐して、ジンと胸にくるような想いでもって
感謝というものをしなければいけない。』と。

最近、我を見失って安っぽい人間になっていたのかもしれません。
今再度、原点に戻って力を蓄えて内部に蓄積しながら、
また光を自ら放つようになりたいと思います。
これからもよろしくお願いします。

==========================================

■砂上の楼閣
Aさん、すばらしい気づきのメールをありがとうございました。
物事を成し遂げるには、Aさんが紹介する3つのテクニックは不可欠です。
アファーメーションや、
『念』という思考の力も、
イメージもとても重要です。
これら無しには、目標の達成はありえません。

ただ、こういうテクニックだけだと砂地に家を建てるようなもの。
感謝がなくなったときに、願望は遠のいていきます。

・「なんでこんなにやってるのに会社は評価してくれないんだ。」
・「今までこれだけ結果を出してきたのに、それなのに・・・。」
これは過去に結果をを出したことのある人ほど陥りやすい罠です。

すると、
・「上司の目は節穴だ。「会社の体制が悪い。」「システムが悪い。」「商品が悪い。」

すべてを批判せずにいられなくなります。
こうして感謝がなくなると間違いなく売れなくなります。

「すべてに偶然はなく、必然があるのみ」
ユングの有名な言葉です。

不運だと思う状況はすべて必然だとしたら、
そこで感謝を学ぶチャンスかもしれません。

調子がいいときは、ほっといても感謝できたりします。
波に乗っているときには、成長しなきゃなんて思うこともないでしょう。
同じように不調にあえいでいる相談を札幌でセミナーの時にいただいたとき、
こんなことをおっしゃっていました。

「そこそこ成果が出ている今までは、本なんか読もうとも思わなかったです。
セミナーとかも参加しようとも思わなかった。
絶不調になってからですよ。
本を読み出したり、コーチングを受けたりして、すごく学んでるのは。
もしあのまんま成果がうまく出ていたら、成長なんて全然なかったと思うんですよ。」

うまくいかない時が、もっとも成長のチャンスです。
成長させてくれる環境を与えられたことに感謝です。

そこでアンソニー・ロビンスの朝の質問を紹介します。
毎朝、次の質問ひとつにつき、2〜3個の答えを考えて、
そのときのポジティブな感情を味わいましょう。

■朝の元気が出る質問
「今人生で何が幸せだろうか?
なぜそれが幸せで、どんな気分だろう?」

「今感謝したいことはなんだろう?
それは私をどんな気分にさせるのだろう?」

rich23 at 03:15コメント(0)トラックバック(0)自己啓発セールス 

2007年03月09日

■病気
何かの理由で自分自身に対する期待感が満足させられない場合があります。
売り上げが上がらない、マネージメントがうまくいかないなど。
その場合、最も自分の失敗を正当化できる方法が「病気になる」ということ。
そして自分にこんなふうに言い聞かせる。

「あれができなかったのも無理はないよ。
思い返せばあの頃何か体調が変だった。
でもやることが多すぎて、
そんなことを気にしていられる状態じゃなかった。」

でも自分は物事をきちんとできない人間だ
という低い自己イメージを持っている人は、そうはならない。
自分の内なる資源を探そうという気にさえならない。

つまり、自分は何でもこなせると考えている人、
上手にうまくやれる人間だ、
手がけたことは何でも達成できる内なる力を持っている、
そんな高い自己イメージを持っている人が病気になりやすい。
というよりも病気を作りやすい。
なぜなら自分と周りが最も納得する究極の方法のようです。

病気に関して言えば、最も理想的な自己イメージとは、
・やる気と能力を十分に発揮できる
・突発的なことにも対応できる内なる資源を持っている

こんな人は過大な期待へのストレスを感じることもない。
逆にあるいは期待されないからといってストレスになることもない。
(私は、期待されていないと結構ストレスでした)

一番のポイントは、必要なときには外部に、
なにも抵抗なく助けを求めることができること。
助けを得るのは無能の証拠、という信念は体を痛めつけます。

■完全
自分に対して「完全であるべきだ。」
この信念を持つことは、いばらの道を歩くようなもの。
ブライアン・トレーシーの言葉を借りると、
目の前に高速道路の入り口があるのに、
わざわざ一般道を走るようなもの。
自分は完全であるべき、という執着を捨てること。

10年以上前に勤めていた会社の先輩がこんなことを言っていた。
「胃を壊して血を吐いて、一人前の営業だ!」

そういえば、営業部長はしょっちゅう胃薬を飲んでいた。

他にも思い出したが、退職後聞いた話だと、
正月三が日以外は休んだことがないのが自慢だったある支店長は、
癌で倒れて、数ヶ月で亡くなった。

体のサインは何かのメッセージ。
あなたには、「リラックスしていいんだよ」
というお知らせを聞き逃さないで欲しいです。

責任感が強い人は、少しくらいリラックスしていいと
自分を許してください。

体の不調はライフスタイルについて考えるチャンスを与えてくれているのだから。

■NLP質問
今体のメッセージをは何か感じていますか?
もしあるとしたら、それはどんなメッセージだと思いますか?

rich23 at 01:28コメント(0)トラックバック(0)心理学精神世界 

2007年03月08日

■恐怖症の治療を応用

飛行機などの恐怖症には逆行旅行という催眠療法のテクニックがあります。

飛行機に乗るのが怖い患者に、逆行してイメージを促していきます。

〔技にフライトが終わった時点
目的地について幸せに浸っている。
観光地で驚きと喜びの声。
友人を訪ねたり、いっぱいやりながらくつろいでいる。

空港に到着
着陸したばかりで、スムーズなフライトで喜んでいる自分。

フライトの4分の3の時点
映画を楽しんでいる。

っ羇崔賄
食事をしながら会話を楽しんでいる。

ィ簡の1時点
スチュワーデスがやってきて乗り心地を気にかけてくれる
雑誌や飲み物をサービスしてくれている。

ξノ時
この準備のために催眠誘導をここまでやってきたといってもいい。
離陸の瞬間をイメージ誘導する。


このテクニックは、実はさまざまなことに応用できます。
セールスでもっとも障害になるのは断られる恐怖。
特に見込み客発見の段階で、多くのNOをもらうが、
やっているうちに、なにか無駄なことをしているように思う。

「断われるのなんか慣れてるさ」
ベテランの皆さんはそう感じるのかもしれないが、
仕事量が減る原因は、無意識レベルでのこの恐怖が大きい。

そこでこのイメージワークを営業向けに改造しましょう。

■営業が好きになるイメージワーク

ゝ詢粗のコミッションをイメージ
締め日の目標達成をイメージ
C羇嵬槁乎成をイメージ
で蕊文紊里客様の喜びの状態をイメージ
シ戚鷸をイメージ
Δ客様にプレゼンする前をイメージ
Д▲殕縮鷸をイメージ
┘▲櫃鮖呂瓩襪箸をイメージ

私のセミナーではさらにこれを細かくイメージ誘導して、成功のパターンを潜在意識に刻み込んでいきます。

催眠誘導・イメージ誘導は、やけどや麻酔無しの外科手術など、痛みをなくしたり、弱めたりするのに有効なくらいです。営業の苦手意識やモチベーションのダウンに聞かないはずがないのです。
実は、調子が悪いときは、無意識にマイナスの催眠誘導を自分でしています。
意識で何とかしようとがんばるより、もっと無意識にうまく働くやり方を試していきましょう。

■NLP質問
あなたは苦手なものはありますか?
得られる結果から逆算してプラスのイメージをしていますか?

rich23 at 02:01コメント(0)トラックバック(0)セールス心理学 

2007年03月05日

今日は、なんと、あの!ブライアン・トレーシーの来日講演に行ってきました。

セールスの神様、世界的経営コンサルタントで有名な彼を生で見れる!
セールスの世界に入ったばかりの頃、ブライアン・トレーシーの『販売心理学』のテープ(当時はCDはありません(笑))を聞いたとき以来、大ファンなんです。
さまざまなセールスのポイントがとにかく明確!
生ブラを見れたのがうれしいです。(ちょっと表現が格調低い・・・)
それと、すばらしい人たちとの出会いがあったので、今日はごきげんです。

まずはスピードコーチングのマイケル・ボルダックを日本に紹介しているホーリーこと堀江信宏氏。
アンソニー・ロビンスの会社で副社長をしていたというマイケルが作ったEブックの内容は、実はこのブログでもちょいちょい書いています。堀江様、ごめんなさい・・・。
これがあれば、コーチをすぐ開業できるくらいのノウハウ満載。
マイケル・ボルダックのセルフコーチングブック(日本語版)

過去に買った能力開発教材の中でも、一押しの内容です。
この内容なら、CDにして豪華なバックに入れて
おそらく大手なら30万から50万で売ってると思います。
これを翻訳している方が堀江氏。
翻訳して出版なんて、英語を挫折しまくった私から見ると神業の世界。
超インテリの方かと思いきや、とても気さくで自然で気負いのない方でした。
(話を聞くとやっぱり相当優秀な方です)
あと、堀江氏のビジネスパートナーのマック氏。
彼の友人のニック氏と、綱島歯科医院の綱島先生(でも麻布で開業)。
ニック氏も同じくNLPを学んでいる方で、シンクロを感じました。
残念ながら綱島先生は先にお帰りになりましたが、終了後の「イタリアンもんじゃ」にチャレンジをしながらの時間はとても楽しく過ごせました。
(もんじゃの味は表現不可能)
みなさん感謝です。ありがとうございました。

■例え話
さて、ブライアン・トレーシーの講演ですが、成功哲学の基礎編という感じでした。

・目標の重要性
・ポジティブであれ!
・原因と結果の法則
・磁石の法則
・信念の法則
・期待の法則
・成功のための7つの質問
・etc

4時間のうち半分以上は目標の明確化についての話だったような気がするくらい、目標の重要性を強調していました。

こんな例えで収入の多い人と普通の人の違いを言っていました。
『高速道路と、デコボコの一般道を回り道(簡単に農道とします)』
===============================================
成功していない人は知識と技術を知らないだけ。
成功しない人は農道をがんばって走っている。
成功者は高速道路を走っているだけ

いくら運転の天才でも、農道を走っていくのと、
凡人が高速を走っていくのではどちらが早く目的地に着くか?

中古のぼろぼろの車で高速を走っていくのと、
新車のスポーツカーでもデコボコ道を走るのではどちらが早いか?

あなたたちの周りでいないだろうか?
自分よりバカ者なのに成功している人は?
(こんな通訳してました・・・)
それは、そのバカ者は高速道路に乗っているだけ。
あなたも高速道路に乗るために、知識と技術を身につけなさい。

成功している前例があるのなら、それを真似しなさい。

失敗者はやりたくないことを考える。
失敗者は将来の心配、今の問題、幸せじゃないことを考える。
成功者はいつも何をやりたいのかを考える。

失敗者は誰を責めるかを考える。
成功者はどうしたらできるかを考える。

■ワーク
常に自分への質問はこの言葉から始めなさい。
「HOW どうしたら?」
さあ、みんなで口に出してください!はい!「どうしたら?(合唱)」

目標を30秒で書いてください。

目標を10個3分で書いてください

===============================================

このように、ブライアンの言葉はとてもオーソドックスなものですが、本物が語るととても説得力があります。
同じことをさまざまな人が書いたり話したりしているけど、誰がどのようにして話すかが重要ですね。

自分の思考がマイナスに傾いているときはついつい
「なぜだろう?」
「何が悪いんだろう?」
「うまくいかなかったら、あれが困る、これが困る・・」
常に『どうしたら』というのは改めて習慣化したいとつくづく思いました。

■NLP質問
「私は今何をしたいのか?それはどうしたらできるだろうか?」

rich23 at 03:06コメント(0)トラックバック(0)自己啓発セールス 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ