2007年11月

2007年11月12日

先週10億企業のコンサルタントに伺いました。
社長や会長と話をしていて感じたのは、社員は毎日の仕事に忙殺されて、
部下の教育やマーケティングのことなどほとんど考えられない状態で、
こういった会社はまだまだたくさんあるだろうなぁと。

その中でもやはり、会長は60代というのにマーケティングのアイディアを
いろいろ持っているのはさすが。商品にかける気合も素晴らしいものでした。

社員がアイディアを出してくれないという不満をお持ちでした、
新しい事を言い出すと自分自身が余計に忙しくなるのと考える時間がない、
あとは会議のスタイルが、意見をいいにくい雰囲気なのかもしれません。
まあ、ほとんどの会社の会議はそうでしょうけどね。(笑)

アイディアを生み出すには、本を読んだり、人と話すなど刺激が必要ですし。
その時間が取れないという社員が多いようです。
あなたは刺激を得るために、何をしていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 脳の正しい使い方
-----------------------------------------------------------------
前回の続きで、脳の使い方を説明します。
今回はかなり細かい事を書きましたので、時間の余裕のあるときに読んでね(笑)

サブモダリティーを使って、脳のプログラミングを変える方法です。
前回の復習で、サブモダリティーについてもう一度書いておきますね。

脳には五感を通じてのみ情報が届きます。
おおまかには視覚(V)、聴覚(A)身体感覚(K)その他には味覚と嗅覚。
この五感を人間の感覚の代表ということで、代表システム(モダリティー)。

さらにそれらに細かな構成要素があり、それをサブモダリティーと呼びます。
視覚だと、色、大きさ、距離、位置、立体か平面かなど。
聴覚だと、音量、テンポ、位置など。
身体感覚だと、温度、重さ、強さ、大きさなど。

これらを調節していく方法はセラピーなどでも使われています。

■成功体験のサブモダリティー
ワクワク体験や、成功体験などのポジティブな体験を思い出し、
サブモダリティーを引き出していきます。

つまり、見えるもの、聴こえる音、言葉、体の感覚を、
さらに細かく設定していきます。

ワクワクした体験、成功体験が思い出せないというのは、
脳を正しく使っていないということになります。

成功体験は浮かばないのに、嫌な体験なのにありありと思い浮かべられる。
これなどは脳の使い方が間違っていて、
NLP的に言うとサブモダリティーの設定がミスってるといえます。

「あのときに上司に怒鳴られたことが、今でもありありと浮かぶ。」
こんな嫌なことがしっかり記憶されています。これを例に解説します。

■視覚(V)のサブモダリティー
その画面には自分から見ているので上司が見えている。
その時の上司との距離が近い
色はカラーで鮮やか。
立体的。
枠がなく、画面は無限大。
怒鳴っているその動きは激しい。あるいはスローモーション。
位置は真正面。


■聴覚(A)のサブモダリティー
怒鳴る音量は大きい
怒鳴るテンポは速め
声のトーンは、迫力のある低音。
言葉は明瞭
ステレオで曇りのない音
音は真正面
怒鳴り後の位置は耳のすぐそば。距離はまさに目の前。

■身体感覚(K)のサブモダリティー
体温は汗ばんでいて熱い感じ。
震えて緊張。
体はこわばっている。


「ありありとイメージする」
「忘れられない体験」
こういうのはこのような要素に分解できます。
このリストは人によっては、「真っ暗」「動きが全くない」なんていう場合もあり、
さまざまだと思います。

リチャードバンドラーは正しい脳の使い方を
ほとんどの人は学んだことがないと言い切っています。
サブモダリティーで挙げたポイントが、経験の質を決めています。
体験をこのように細かいレベルでチェックしてみると、
この体験を変えることが可能になります。

「あのときの嫌なことが忘れられない」

その場合、上の条件に当てはまる場合が多いのではないでしょうか?
こうやってリストを見ると、嫌な記憶を大事に脳に記録するように
サブモダリティーの設定しているといってもいいくらいですよね。

当事者で怒鳴られている状態から幽体離脱して、
ドラマを見ているように上司と自分のやり取りを離れたと頃から見る。

色を白黒にする。上司の顔からの距離を遠ざける。
動きをコマ送りのようにスローモーションにする。
あるいは静止画像にする。

低音で響く声を、キーをどんどん上げていく。。
たとえば鬼太郎の目玉親父のような声のトーンに変える。
聞こえる位置をどんどん離す。
位置を変える。


過去のことなのに、今も引きずっていることは真正面においていたりします。
多くの人は、過去のイメージは左においています。
見える物や聞こえる音(声も含む)を左の位置にずらしていく。


こうして調節していくと、驚くほどその体験に対しての感情が変わります。
体験したことはサブモダリティーを変化することで、
体験そのものが変わります。記憶が変わるのです。

「過去は変えられない」
よく言われる常識ですが、実は変えられるのです。

VAKを駆使しながら読まないとよくわからないかもしれないので、
今回は難しい話になったかも(笑)

実際にこのスキルを使ってセミナーをやりますので、
実体験したい人は11月23日お待ちしてます。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】 自己イメージ改善セミナー
-----------------------------------------------------------------
もっとワークをじっくりやって欲しいという要望に答えて開催!

午前中は『初対面でもすぐに好感を与える
「聴く技術ペーシング」の徹底トレーニングセミナー』

午後は『NLP自己イメージ改善セミナー』の二部構成。
興味をお持ちのほうにご参加ください。

■日 程  
平成19年11月23日(金・祝)
■時 間  
【第一部】 9:30〜12:30 NLPペーシングトレーニングセミナー
【第二部】14:00〜17:00 NLP自己イメージ改善セミナー 
【第三部】18:00〜  懇親会 

■場 所  セシオン杉並 

■第一部&第二部 参加費 各5,000円

■内 容  
【第一部】「聴く技術」の徹底トレーニング
【第二部】 NLPセラピーテクニックの伝授!
      マイナスイメージの消去、自信を取り戻すスキルを学びます。

詳しくはこちらへ http://www.nlp-oneness.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 パーティー
-----------------------------------------------------------------
ゴミも捨てたのに何で臭いんだ?と思ってたら、
最近飼い猫がボケてきたのか、浴室をトイレ代わりに使うんです。
結婚した年に飼い始めたので、13歳。

ということは結婚13年目です。他人の結婚式に何度か出席してますが、
おそらく楽しさでは私たちをしのぐ結婚式にはまだお目にかかってないです。

13年前、結婚式はやるつもりはまったくなかったのですが、
おじさんが、バンドができる会場を紹介してくれるというのでやることに。

新郎新婦の入場は、ネコ車(工事現場でよく使うセメントとか運ぶ一輪車)に、
ヨメを乗せて、笑いを取るためにちょっと客席に突っ込んだりして。
(あとで、ヨメの招待客から「なんてことすんの!」と非難ごうごうでした)

3時間のうち、半分はギターを弾いていたので新郎席にほとんど座らず、
あっ、そんな結婚式だったんで、元々新郎新婦の席を用意しませんでした。
私が楽しく演奏している間、ヨメさんははあちこちのテーブルまわりで大変。

70〜80年代ロック中心にやったので、結婚式かいな?と思うようないう選曲。
極めつけはラストにやった曲が一番盛り上がって、ディスコ状態。
(いや、今はクラブというんだよね。一回だけ行ったことがあります)

最後の曲はなんていう曲かって?
それはですね、結婚式には最も不似合いな曲名の
「六本木心中!」です(爆)

帰り際、参加者を見送りするときに、お祝いの言葉ではなく、
「今日のコンサート良かったよ。あっ、結婚式だったっけ。」と
たくさんの方からお声をいただきました。

そんな結婚式でも13年持ちこたえているのは、ヨメさんのおかげです。
(前回はヨメからクレームがあったのでフォローしておかなきゃ)

そんな楽しいパーティーをまたやりたいと思っていたところに、
クリスマスパーティーをやろうという話があり、やることになりました。

12月16日(日)に、心のことに関心がある人達が集まって、
東京都内でクリスマスパーティーをやります!
ただ今、マジシャンやジャグラー、プロミュージシャンが参加予定です。
そのほかに、楽器ができる人、パフォーマンスをしたい人を募集中なので、
人前で何かやりたいという人は私までメールをください。

詳しくはまた改めて。



rich23 at 05:57コメント(0)トラックバック(1)心理学NLP 

2007年11月07日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】    弾丸ツアー
-----------------------------------------------------------------
先日のコミュニケーションNLPセミナーでは、すごい方がいました。
今までも、京都や新潟からわざわざおいでになった方はいましたが、
今回兵庫からいらっしゃった22才の男性は、まさに弾丸ツアー!

夜行バスで上京し、セミナー終了後には観光もする時間もなく、
夜行バスで帰られました。
私のような40代には、ちょっと、いや、かなり厳しいかも。

前向きで一生懸命な姿に、新宿のバス発着所まで見送ったのですが、
手書きの地図が間違っていて、あわや乗り遅れるところでした。

東京は二回目で、せっかく来たのに観光もできずに残念だねというと、
初めて気がついたようで「あ〜そういえば、そうでしたね」

本人の中では、セミナーでとにかく何かを掴んで帰るぞ!という、
その一点に集中されていたようです。
彼のような向上心の高い方ばかりなので、セミナーは楽しいですね。

30代前半までは、スキーなどでよく弾丸ツアーで行きましたが、
今はちょっとね。見た目は30代前半といわれますが、
彼を見て年令を感じました。(ハハハ・・・ちょっと悲しい笑い)

いやいや、これはNLPのメルマガだった。
今の年令だからできる、ということに目を向けよう。(ちょっと無理やり)
あなたにとって、今の年令ならではの楽しみはどんなことでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 脳の正しい使い方
-----------------------------------------------------------------

■イメージ力
イメージするのが苦手だという方がいます。
「楽しかった事を思い出してみましょう。」
特に楽しいことを思い出すのはセミナーでよくやりますが、
思い出せないという方が結構います。

でも、そういった方の特性として、
嫌な思い出については、ビデオを見るような記憶力を持っています。
鮮やかに再現できて、相手の表情や声のトーン、言葉など正確に思い出せる。
ということは、イメージ力は充分にある証拠ですね。

つまりイメージ力を望むとおりに使えてないだけです。
NLPの創設者のリチャードバンドラーがいっています。
-----------------------------------------------------------------
出かける前にすばらしい休暇を思い描いていると
現地についてからがっかりします。
計画を立てていなければがっかりすることもありません。
計画万全であればそれだけ落胆の度合いも大きくなります。

「映画を見に行ったけど思い描いていたほど面白くなかった」
私には不思議でしょうがありません。
頭の中にそれほどよい映画があるのだったら、
どうしてわざわざ映画館へ出かけるのでしょう。

脳をなすがままにさせているからこんなことになるのです。
人々が脳の使い方の習得に費やす時間はわずかです。
自分の脳をより効率的に働かせる方法が
神経言語プログラミング(NLP)です。
-----------------------------------------------------------------

■選択的抽出

認知心理学で、「選択的抽出」というのがあります。
自分にとって解釈しやすいもの、特にマイナスのものを抜き出して
考えることをいいます。

日々の生活の中でうまくやれることもあれば失敗することもあります。
毎日数多い出来事が起こります。
その中から、うまくいったこと、感動したこと、成功した体験などに
目が行かず、失敗したものだけを抜き出してしまう。
そういったマイナスの部分だけを取り出して自分を評価すれば、
気分が沈んでしまうのは当然です。

そういえば、昔こんな部下がいました。
入社して半年ほどたった頃、社員の平均を上回る成績を出したんです。
周りの社員から誉められています。
「今月はよくやったなぁ!とうとうブレイクしたな!」
「いえ、たまたまですから」
こう言って謙遜する姿は良くありますよね。ところがこう続けたのです。

「今回売れたのは運が良くて、契約してくれたA様は
ちょうど必要性を感じていた時に私が当たっただけだし。
B様は、保険が満期になった時だったからお金に余裕があったし。
タイミングが良かっただけだし。本当の僕の実力じゃありませんから」

本人はいくら良くやったといわれても気が晴れない様子です。

私から見れば、人よりも熱心にお客様に話をしたり、
遅くまで残って資料整理したりの努力の結果、自己記録を更新した事実。
新人社員としては充分な成果をあげたという事実には目もくれない。

反対に彼は、自分の評価を低下させる事実にのみ捉われていたんです。

マイナスの部分をだけを抽出していたら、自己イメージが下がるだけです。
まさにこれは脳の使い方を間違ってる例です。

NLPでは、マイナスのイメージを打ち消す方法がたくさんあります。
嫌な思い出が何度も何度も自分を苦しめる、
そんな状況は一種の恐怖症ともいえますが、NLPではそれを分解します。

■サブモダリティーの調節

大まかには視覚(V)、聴覚(A)身体感覚(K)その他には味覚と嗅覚。
この五感を人間の感覚の代表ということで、
代表システム(モダリティー)といいます。


さらにそれらに細かな構成要素があり、それをサブモダリティーと呼びます。
視覚だと、色、大きさ、距離、位置、立体か平面かなど。
聴覚だと、音量、テンポ、位置など。
身体感覚だと、温度、重さ、強さ、大きさなど。

これらを調節していく方法はセラピーなどでも使われています。
「過去の書き換え」なんていうとスパイ映画の世界という感じですが、
こういったスキルを使うことで実現可能なのです。

いかがですか?脳の使い方を知れば知るほど面白いでしょう!

スキーの好きな人へ!
私もこれを使って体力の衰退に対する恐怖心を解消して、
弾丸スキーツアーに一緒にチャレンジしましょう。
弾丸の必要はないか。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】  セールスNLP販売心理学セミナー
-----------------------------------------------------------------
◎開催日時 11月10日 (土) 10:00〜17:00(開場は15分前より)

◎場所 『川崎市民自治財団 総合自治会館』
・JR南武線・東急東横線・目黒線  武蔵小杉駅 徒歩7分
http://seminar-oneness.com/salesnlp.html

「あの時、あのセールスマンのこんなプロの技術で、
 あの商品を買わされちゃったんだ。なるほど・・・」
「セールスってこういう仕組みでされているんだ。科学だね!」
「調子がいい時、なんで自分が売れていたのか理屈が分かった!」

セールスをやったことない人にも、こんな発見があるかも?

※ホームページはずっと10月13日で表示されていました。
開催4日前に気づくとは残念無念。気がついた人は教えてね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  保証人になってくれ!
-----------------------------------------------------------------
昨日は、長年の友人からいきなりの電話。

「保証人になって欲しいんだ!」
「え?いや〜、保証人だけは松橋家の家訓で・・・」
「いや違うよ、実は結婚するんだよ。
結婚届なんだけどさ、保証人の欄があるから頼みたいんだけど」

「エー?付き合って3ヶ月くらいだよねぇ!そりゃおめでとう!で、いつ?」
「今福岡なんだけど、午後東京に帰るから今日中に籍入れようと思って!」
「エー!!!なに〜!」

夜10時ごろ待ち合わせし、結婚届を確認したところ、
書類上不明確なところが明らかになり、入籍は数日後に延期。
ですが、彼のテンションはめちゃ高くて、
喜びのオーラーのおすそ分けを頂戴しました。

彼いわく、私たち夫婦を見て、やっぱり結婚っていいなと思ったとのこと。
しっかり者の奥さんが要所要所の手綱を握ってるように見えるとか。
(実際は要所どころじゃありません)

私の実の妹は付き合って2週間、義理の妹は3ヶ月で結婚。
私の周りにはせっかちな人が多いものです。でも案外うまくいってます。

結婚生活13年目の先輩として教訓を授けてきました。
「結婚の極意はね、一に忍耐、二に忍耐、三、四なくて、五に我慢」

NLPを教えている者とは思えない私の教訓に彼は、
「そんなことないでしょ。(笑)二人を見てるとほんとにいい関係だよね。」
いやいや、ジョークじゃないって。
結構本気のアドバイスのつもりなんですけど・・。

「奥さんも講師だし、夫婦で自己啓発を仕事にしてるし」
ええ、だからなおさら大変なんですよ。口ゲンカでは「0勝10000敗」。

「でもわかる!付き合って3ヶ月だけど、彼女のおかげで、
オレもずいぶん我慢強くなったよ〜!人間的に成長できたよな〜。」
分かってもらえたけど微妙な気分。

素直で従順で聞き分けのいいコと結婚したいという方へ。
(特に成功トレーナーのA氏へ)
人間的に成長したいのなら、そういった女性は考え直したほうが・・・。
これ以上は言えませんが(笑)


rich23 at 13:47コメント(0)トラックバック(0)NLP心理学 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ