2005年05月06日

宝くじに当たっても今の仕事を続けますか?

■本日はコンサートの日

5月5日のこどもの日、有明にあるライブハウスZEPP・TOKYOに行ってきた。

ロックギタリストのカリスマ、もはや神といってもいいくらいのスティーブ・バイとジョー・サトリアーニ・そしてジョン・ペトルーシという3人のスーパーギタリストの競演!
おまけにベースはビリーシーンといって、B’Zのアルバムにも参加しているけど、超テクニシャン・ベーシスト。ベースをギターのように弾く、高速ベーシスト。
彼らのテクニックもすごいけど、楽しませ方もすごく良くって楽しかった。
お互いのネックを持ち合って、弾いたりするし、楽しそうだった。
せっかくヤフオクで、イス席をゲットしたのに、一曲目から3時間半、全員スタンディングだったが、疲れを感じさせないくらいよかった。

ジョーサトリアーニは十五年位前からのファンけど、いつ見に行ってもCDと同じように弾いてくれる。
「そうか!あのフレーズはああやって弾くんだ。」とわかるようにしてくれてる(?)ので、ギター小僧(ギターに夢中の人を、たとえ40歳の大人でもこう呼ぶ)にはたまらない。

いつも感じるが、たぶんコンサートのたびに、代表曲をCDどおりに弾いてるのに飽きないんだろうか?
もう今まで何百回も人前で弾いてる曲もあるだろうけど。
ショーマンシップにのっとってるというか、ホント職人魂を感じる。
やっぱり超一流は違う!と改めて感心、感動した夜でした。

■お金があったら何をしたい?

自己啓発のセミナーの講師をしている時によくする質問。

「あなたが、もし経済的に自由で、しかも時間も自由だったとしたら何をしたいですか?」

あなたなら何と答えますか?



多くの人は、だいたい旅行と答える。
少し質問を変えましょう。

「宝くじが当たって今一億円あったら今の仕事を続けますか?」

多くの人はやめるという。
「じゃ、何をしたいの?」ときくと、
「う〜ん、仕事しないでのんびり旅行したい・・・」

こういう人が成功する確率はとても少ない感じがするのは私だけじゃないと思う。

昨夜見たギターリストたちは、おそらく充分に経済的には満たされているだろう。
全世界のギタリストがあこがれる存在だからね。

日本でトップアーチスト、たとえばB’Zや浜崎あゆみやサザンや、そのほかいろんな人たちは、生きていくには充分な経済状態を築いているに違いない。
もちろん、まだまだ足りないとか、もはや自分ひとりの身体じゃなく(赤ちゃんがいるような表現になっちゃうけど)所属事務所の都合とかあるだろう。

でも、お金のためだけならとっくにやめてもいいはず。

何が言いたいのかというと、

「早くお金持ちになって楽したい。それまで我慢して仕事しよう!」

という人はおそらく『一生楽できないかも?』ということ。

好きで取り組んだときにしか出会えない『最高の自分』は、とりあえずやっているときにはやってこない。

かくいう私自身、いくつかのセミナーのワークで自分のほんとにしたいことがやっとつかめたので偉そうに言えないけど。

人のこころに対して興味があり、それを自己成長や、セールスに生かしていくことを、話したり、書いたりして伝えるのが自分の使命だと思う。
こういったことを書くのが今一番楽しいので、夜更かしをしてしまうのが難点。
会社で伝えられる人はせいぜい数十人なので、ブログはすごくツールとしては便利。これを読んでいる人はブログを欠いている人が多いと思うが、書いていない人はまずは何かブログで伝えることをしたらいいと思う。

■今何をしたいのかわからない?

「経済的自由人になるために、がんばるだぁ!」という人が最近多いのは、最近の自己啓発書の影響だろう。
本田健氏とか、ロバートキヨサキ氏の多くに書いてある。
「早くお金を作って今の仕事をやめるんだ!」という人が果たしてその仕事で成功するかといえば、難しいだろうと書いた。

じゃ、どうしたらいいか?

今の仕事がどんなであれ、好きになることだ。
成功している人は、選んだ仕事が好きで好きでしょうがないくらいなので、充分に経済的に成功しても死ぬまで関わっていく人が多い。

超一流の成功者があなたの今の仕事をやっていたとしたら、どうしているだろうか?イメージしてみてください。
どんな心構えでやってるか?
どんな言葉を使っているか?
どこに焦点を当てているか?

「これは俺の仕事じゃないんだ!」と文句を言いながら、「とりあえずやってるんだ」と言わんばかりにチンタラやるだろうか?

多分、毎日伝票の数を数えるだけの単調な仕事であっても、突出した結果を出すだろう。
もっと早く、そしてもっとたくさん処理するにはどうしたらいいか、工夫に工夫を重ねるだろう。
その結果、自己イメージを高めていくだろう。

「自分はやれる人間だ」という確信を少しずつ少しずつ積み重ねるに違いない。

その結果、次のステップの仕事が目の前に現れる。
今の段階で充分学び終えたら自然と次がやってくる。
その次がこないのは学びきっていないからかもしれない。


まずは、今日一日やれることをしっかりやろう。

営業の仕事だけでなく、事務の仕事だって、時間を短縮するか、あるいは量を増やすということを目標にできる。

すると、もう一人の『最高の自分』に出会えるかもしれない。
昨日の自分より一ミリでも前進しよう。

今人気のブログはこちらへ・おかげさまで、150位でした


rich23 at 01:31コメント(0)トラックバック(0)自己啓発  

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ