2005年05月07日

成功の掟・言葉の力は絶大!

■気づきです

昨日コンサートの行き帰りに「成功の掟」と言うマーク・フィッシャーの本を読んだ。
200ページくらいで、往復の電車の中で読み終わるくらい読みやすかった。
最近心理学やセールス関係が多かったので、気分転換に持っていった。

自己啓発のノウハウをフィクション・物語風で書いたものとしては、本田健氏の本や、聖なる予言など読んだことがある。
自己啓発入門としてはとてもいいかもしれない。
単純さの中に真理がある。
印象に残った部分を紹介したいと思う。

↓ ↓ ↓
今人気のブログはこちらへ

■ゴールの設定のコツとは?



ある青年がミリオネアと呼ばれる大富豪に教えを請う物語だが、こういうシーンがある。

「『ゴールに到達する秘訣は、それを野心的、かつ手に届きそうなところにおくこと』
最終的なゴールを決めるときにはこのルールを思い出すのじゃ。たいていの人間は控えめすぎることも覚えておきなさい。皆、自分の限界を打ち破る勇気がないのだ。臆病さが夢を捨てているのだ。」


⇒当たり前のことだが、案外できない。
売れていない人に、目標をコミットさせると多くは低すぎる目標しか言わない。売上の目標を立てるときに、あまりに高い設定をすると、諦めが入っってしまうが、低すぎる目標は自己イメージを狭める。セルフイメージがその人の売上を決め、人生を決める。

「ただし忘れてはならんことがある。
 百万長者になる事を、

人 生 不 可 欠 の 目 的 とする。

心底そう思わん限り、どんな方法も効果がない。」

⇒セールスも同じ。目標を決めたら、これは自分の人生にとって不可欠の目標だ!と決心することが、トップセールスへの道を踏み出す一歩だ。

■言葉の力

「信念はそれを言葉に表し、繰り返し復唱することによってもたらされる。
言葉は人間の内面と周りの環境に対して計り知れない力を持っているのだ。
しかし大抵の人は自分の不利な方向に使っているのだ。
言葉の力は絶大じゃよ。」

「あなたに逆らうつもりはありませんが、少し大げさじゃないでしょうか?
確かにある程度は大切なものかもしれませんが」

「君の部屋の机の引き出しにその理論を説明した本がある。
部屋に戻ってそれを読みなさい。」


青年が、部屋に戻って本を探したが見当たらない。
気がつくと、不気味なことに『さようなら』と赤いインクで書かれた便箋があった。
そして部屋の中のコンピューターが動き出し、プリンターから出てきた髪を見て恐怖に打ち震えた。

「お前は一時間で死ぬ」
「お前は一時間で死ぬ」
「お前は一時間で死ぬ」

なぜミリオネアがぼくを殺さなければならないんだ!
ぼくが一体何をしたんだ!

さっさと逃げようとしてドアに向かったが、鍵がしっかりかかっている!
電話もつながらない!窓からは高すぎて飛び降りれない。
外を見ると黒マントの男が屋敷に向かってきた。
殺し屋に違いない!足音が聞こえドアの前でとまった!
これまでだ、もう逃げられない。
ドアが開いて、男が入ってきた!
しばらく無言でじっと立っていた。・・・・・


しかし、帽子の下から現れたのは、ミリオネアだった。

「こんなグロテスクな芝居を打って、いったいどうするつもりですか!?
その気になれば訴えることもできるんですからね!」


しかし・・・そこには2,3の言葉が書き付けてあるだけじゃろう。

そんな紙切れ一枚でわしを法廷に引っぱり出すつもりか?
あんなに言葉の力など信じられんと言っていたではなかったかね?
それなのにそのあわてようはどうじゃ・・」

「言葉の力は絶大だから、そこに真実がなくても他人に影響を与えてしまうのだ。」
「想像力と論理が対立している場合は、必ずと言っていいほど想像力のほうが勝つ。」

プリンターを見るとページのうえにジョージ・デラドークスという名が印刷されている。青年は恥ずかしくなった。
勝手な想像でなんでもないことにひどく取り乱してしまったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
⇒要約したのとで、よく判らない部分もあるかもしれないが、いいたいことは、『私たちの人生を支配しているのは言葉、そして想像力』だということ。

ほんの2,3の言葉によって恐怖や不安におびえたり、幸福を感じたりする。
大事なのは事実ではなく、それから派生する想像、イメージが自分の感情を決める。
今までNLPのポイントとして、言葉の大事さを何度か書いてきたけれど、この話は言葉の力を深く理解してもらえると思う。

『あなたは死ぬ』
なんて言葉が書いた紙を見せられたら、とても動揺するのと同じように
『あなたは必ず成功する』という紙を見たら、無意識に働きかける力も絶大だろう。

まずは成功哲学の基本、「目標を紙に書く」「自分に言い聞かせる」ことはしっかりやっておきましょう。
あなたのイメージが人生を作ります。
↓ ↓ ↓
よかったら「人気のブログ」をクリックしてください。


rich23 at 03:33コメント(0)トラックバック(1)書評  

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 成功の掟  [ 成功おたくのビジネス書評 ]   2005年07月10日 22:28
マーク・フィッシャー著『成功の掟―若きミリオネア物語』 私が紹介したい最初の本

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ