2007年03月09日

体のメッセージ

■病気
何かの理由で自分自身に対する期待感が満足させられない場合があります。
売り上げが上がらない、マネージメントがうまくいかないなど。
その場合、最も自分の失敗を正当化できる方法が「病気になる」ということ。
そして自分にこんなふうに言い聞かせる。

「あれができなかったのも無理はないよ。
思い返せばあの頃何か体調が変だった。
でもやることが多すぎて、
そんなことを気にしていられる状態じゃなかった。」

でも自分は物事をきちんとできない人間だ
という低い自己イメージを持っている人は、そうはならない。
自分の内なる資源を探そうという気にさえならない。

つまり、自分は何でもこなせると考えている人、
上手にうまくやれる人間だ、
手がけたことは何でも達成できる内なる力を持っている、
そんな高い自己イメージを持っている人が病気になりやすい。
というよりも病気を作りやすい。
なぜなら自分と周りが最も納得する究極の方法のようです。

病気に関して言えば、最も理想的な自己イメージとは、
・やる気と能力を十分に発揮できる
・突発的なことにも対応できる内なる資源を持っている

こんな人は過大な期待へのストレスを感じることもない。
逆にあるいは期待されないからといってストレスになることもない。
(私は、期待されていないと結構ストレスでした)

一番のポイントは、必要なときには外部に、
なにも抵抗なく助けを求めることができること。
助けを得るのは無能の証拠、という信念は体を痛めつけます。

■完全
自分に対して「完全であるべきだ。」
この信念を持つことは、いばらの道を歩くようなもの。
ブライアン・トレーシーの言葉を借りると、
目の前に高速道路の入り口があるのに、
わざわざ一般道を走るようなもの。
自分は完全であるべき、という執着を捨てること。

10年以上前に勤めていた会社の先輩がこんなことを言っていた。
「胃を壊して血を吐いて、一人前の営業だ!」

そういえば、営業部長はしょっちゅう胃薬を飲んでいた。

他にも思い出したが、退職後聞いた話だと、
正月三が日以外は休んだことがないのが自慢だったある支店長は、
癌で倒れて、数ヶ月で亡くなった。

体のサインは何かのメッセージ。
あなたには、「リラックスしていいんだよ」
というお知らせを聞き逃さないで欲しいです。

責任感が強い人は、少しくらいリラックスしていいと
自分を許してください。

体の不調はライフスタイルについて考えるチャンスを与えてくれているのだから。

■NLP質問
今体のメッセージをは何か感じていますか?
もしあるとしたら、それはどんなメッセージだと思いますか?

rich23 at 01:28コメント(0)トラックバック(0)心理学 | 精神世界 

トラックバックURL

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ