心理学

2009年04月07日

「どんどん後悔しよう!」
えっ?なんで?

----------------------------------------------------------------------

こんにちは、松橋です。


先月そういえば、週刊ダイヤモンドの記者の方から電話がありました。
「聞き方のルールを読んで電話しました。
営業に関しての聞き方について取材させてください。」

あれ?今営業質問術について書いてんだけど、
知ってるわけないし・・。
もちろん雑誌に載るかもしれないから、
「ええ、もちろんいいですよ!」
「ありがとうございます。では明日はいかがですか?」

ということで取材を受けたのでありました。
2時間にわたって質問の仕方、営業の心理術をお伝えしました。

4月中旬の週刊ダイヤモンドの営業特集に掲載されるらしいので、
またお知らせします〜。


■どんどん後悔しよう

カウンセリングの相談内容で多いのが、
「ぐずぐず悩む癖があるんです。
こんなマイナス思考を変えたいんです。」

茂木健一郎さんが出ている
「プロフェッショナル」という番組で、
脳活用SPの回でこんなことを言っていました。


「後悔はどんどんしなさい」

解説はこんな感じでした。
--------------------------------------------------------
後悔とは、こうすればうまくいく!という想像と、
現実にやってしまったことを比較しているんです。

ただ単に起きてしまったことだけを、
ただ反省するの違って、

ぐずぐず後悔するということは、

『他にこうすればよかった・・』

と想像することなんです。

成長、向上に必要なんです。

後悔は、過去を変えるためにやっているんじゃない。
後悔は、未来を変えるためにやっているんです。

--------------------------------------------------------

どうです?

いつもぐずぐず後悔してばっかりの人も、
それでいいですよ!
どんどん後悔しましょう!

NLPでいうと、
未来質問と問題質問の使い分けも加えたらいいですね。

「あの時に、あんな余計なことを言わなきゃよかった!
どうして言ってしまったんだろう?」

「どうして?」
と自分に質問するということは、
理想の結果を導く行動と比べているのでしょう。

ということは、
茂木さんによるとこの場合、
余計なことを言わずに、
どんな行動をしていたらいいのか、
潜在意識ではイメージしているはず。

そのイメージをより早く導くためには、
「なんでやってしまったんだ?」
を、
「どうしたらよかったんだろう?」
という質問に変えるといいです。

どんな言葉を自分に使うかで、
脳の使い方が大きく変わります。

ぐずぐず後悔=「どうしたら」

この図式が自然に身に着くまで、
練習あるのみです。


では練習です。


まずは、後悔できることを探してください。(笑)

そして問いかけましょう。
「どうしたらよかったんだろう?」

何かが変わるかもしれません。



■本の紹介

4月29日にスーパービジネスマン講座主催のNLPセミナーで、
市川浩子さんと吉江さんと3人でジョイントします。

その、友人でもある市川浩子さんがが満を持して出版しました。
彼女はモテ塾のパーソナルプロデューサーであり、
NLPマスタープラクティショナーです。

モテ塾と名前だけだと軽い感じがしますが、
NLPや心理学のコミュニケーションセミナーなどで
モテるビジネスパーソンを育成するかなり硬派なビジネス塾です。

開塾5年目で、受講者は累計2000名を超えていますので、
それだけ内容がしっかりしているわけですね。
現在は結婚相談所と提携して婚活者を強力に応援中です!

【本の内容】
101個の話し方のルールは、さすがNLPの講師だけあって、
心理的裏付けがきっちりしてあり、読み応えたっぷりです。
数値がたくさん出てきますのでロジカルな方も納得です。

・なぜオバマ大統領が勝てたのか?
・人前で話すときの立ち位置、スペースの活用法
(NLPの秘儀なので、これを本で書いてほしくなかったです)
・男女の話し方の違い
・男女のウソをつく時の視線の違い
・誉め方のスキル

読んでみて、コミュニケーションの専門家を名乗る私も、
知らないことがたくさん書いてありました。
マナーの先生でもあり、心理学に精通している彼女ならではの、
とても内容の濃い本です。

女性向けのタイトルですが、男性も読んで欲しい本です。
婚活している人は必読です!
私の本と同じ明日香出版社のルールシリーズです。

「働く女(ひと)の伝わる話し方の新ルール」
(1,365円 市川浩子 明日香出版社)

4月7〜8日、アマゾンキャンペーン開催!
PC⇒ https://m.blayn.jp/bm/p/aa/fw.php?i=motejyuku&c=84&n=1700
携帯→ http://motemaster1-hp.hmb1.allin1.jp/add/1237468210161/;jsessionid=073C9EF5C993F42FF96A7573CAD26DCE

■コミュニケーション心理学を一日でマスター

「コミュニケーションNLP一日セミナー基礎編」
http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html

会話が苦手な理由が分かります。
一日でコミュニケーションが確実に変化します。
NLPのスキルを、一日で一気に学びたい方へ!


■NLPミッション発見セミナー
http://www.nlp-oneness.com/article/13380162.html

「やりたいことがわからない」
「生きがいを見つけたい」
「熱中できる仕事につきたい」

このセミナーで、自分の素晴らしい可能性に出会いましょう。


■プラクティショナー平日コースがオープン!

NLPを学ぶということは、脳を使いこなし、
他人との関係を変わり、自分との関係が変わるということです。

お支払いはカードでの分割もご用意しましたので、
お申し込みがしやすくなりました。

認定コースはこちら
↓↓↓
http://www.nlp-oneness.com/category/1273167.html


■編集後記
近くの公園では、毎晩花見が行われています。
学生8人のグループが道路脇で飲んでました。

なぜか、和田アキコの「あの鐘を鳴らすのはあなた」
を、フォークギターで歌っている男性がいました。
とても歌が下手でした・・・。


でも、あの歌を、
人がたくさん通るあんな場所で歌える度胸があれば、
何でもできそう。うまくなるには場数が大事ですしね。

でも、自分のキーに合う曲をせめて歌って欲しい(笑)


あ、それは、私がよく言われてることでした。
カラオケでXジャパンを原曲キーで歌うと、
「超音波だ」「鳥が鳴いてる・・・」
「血管が切れそうな曲ばかり歌うね」

そこで教訓。

「人のフリ見て、わがフリ直せ」


でもやっぱり、
「ゴーイングマイウェイ」ですね。

ちなみに、もっともゴーイング・マイ・ウェイを貫く有名人は?

というアンケートで第一位は、
高田純次さんだそうです。

あのテキトーな芸風をずっと変えずに、
有名なCMに出てるのですからすごいです。


私も貫きます。
え?超音波じゃないですよ。今の仕事のことですよ。(笑)


rich23 at 08:00コメント(0)トラックバック(0) 

2009年01月26日

「生まれてこなければよかった・・・」
今、小学生の30〜40%がそう思っている。
そんな事実を聞いて驚きました。

なぜでしょう。
その理由を聞くと、
「自分の周りにはなりたい大人がいない」
と答えている子供たちが多いそうです。

問題なのは、そう思っている子供ではなく
周りにいる大人が原因なのかもしれません。

子供が生まれてきたときにはまるで「天使」が舞いおりた感動をお持ちの方も、なぜかダメなところばかり見えてしまい、怒った後に後悔したりするようです。

そこで、友人のカウンセラーのレポートを紹介します。
自らを"ラテン系メンタルセラピスト"と名乗り
ソース公認トレーナーでもある 山志多みずゑさんが、
「子育て」と「自分育て」をするすべての人へのメッセージを
レポートにしました。

山志多みずゑさんのメッセージです。
=======================================
【「問題児の母」と呼ばれた私が、実は 一番の問題児でした・・・】

「天使に『自信』の魔法をかける・・・あなたにしか出来ない3つの魔法の使い方」
すでに全国、そして海外の約2000名の方が読まれています。
これは育児をしている、していないに関係なく、
あなたが忘れている「何か」を気付かせてくれます。

無料レポートのダウンロードはこちらからです
「天使に『自信』の魔法をかける・・・
あなたにしか出来ない3つの魔法の使い方」
http://switch.ongaeshi.biz/page11.html
=======================================

聞き方の普及に努める私ですが、
さらに進んで相手の素晴らしさに目を向けて口にする、
つまり承認するということの必要性を痛切に感じています。

「誉める」というと、何か思っていないことを言うようなイメージがありますので、
心理学的な言い回しで「承認する」という言葉を使っています。

人を認めることは、自分を認めることにつながります。
子供さんがいない方にもお役にたつと思います。
http://switch.ongaeshi.biz/page11.html

rich23 at 03:30コメント(0)トラックバック(0) 

2008年05月03日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 カムバック
----------------------------------------------------------------------
伊達公子さんのカムバックが話題です。
12年のブランクをものともせず、決勝まで進みました。
明日4日11時に決勝だそうですが、優勝しちゃいそうですね。

彼女ほどのネームバリューだと、予選は免除してもらえるそうですが、
普通の選手と同じように予選から出場し、勝ち続けています。
日本のテニス界に貢献したいということで、多くの人を魅了しています。
やはり使命感に動かされている人は強いですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 なぜ紳助のように話せないんだ?
----------------------------------------------------------------------
「自分を出せない理由とは?」の第二弾です。

前回は、拒絶されることや孤立することへの恐れや不安が原因だということ、
それらの感情が自分にあることに気づき、認めることが第一歩だということ、
という話をしました。

今回は「他の人に比べて自分はダメだ」という思い込みについてです。

生まれてから20歳を迎えるまで人間は、
およそ14万8千回ものダメ出しを受けて育つんだそうです。
逆に、褒められたり承認される回数はというと、ごくわずかです。
なので、自分は「人に比べてダメだ」という感覚を持つといわれています。

結局、「自分が劣る」なんていうのも『誰かと比べての評価』なのです。
底なし沼に足を踏み入れるようなものかもしれません。

先日の相談の時には、こんなやり取りをしました。

「しゃべりが下手なんです。場を盛り上げるようなことが言えないし。」
「それは誰に比べてそう思いますか?」
「同僚の中で、盛り上げるのがすごくうまい人がいて、 
 彼のようにあんなうまく話せないなぁっていつも落ち込むんです。」

「それはまるでテレビ見てて、『俺はなんで紳助のように話せないんだ!』
 って落ち込むようなもんですよ。」
「?・・・」


「紳助と同僚の面白さのレベルは違うじゃないか」と思いますよね。
もちろんレベルは違うかもしれませんが、
「あの人には劣る」と自分にないものを持っている人と比べるのは、
「自分は島田紳助より下手だ」って落ち込んでいるのと
変わらないと感覚のように思います。

とはいえ相手が身近な存在だと、
自分の方が優れている部分も知っているので余計に、
「あいつがやれているのに自分は・・・」と比較してしまうんですね。。

それぞれの持ち味があるのですから、
自分でないものになろうと頑張るのをやめて、
自分の素晴らしさに目を向けたほうがいいのは?
ということを脳の構造を利用して伝えていくのも、
私のライフワークの一つです。

人と比べずに自分の素晴らしさを注目しようというのは
誰でも賛成してくれると思います。
じゃあ、どうやったら自分の素晴らしさを確認できるでしょうか?
そのためにセミナーでは、
何度も自分の素晴らしい体験にアクセスしていきます。

しかし「いい体験を思い出せない。あまりない。」
たまにそんな方がいらっしゃいます。

自分とのコミュニケーションで、
ダメ出しをし続けているパターンになっている可能性が高いです。

こういう実習を通して、
「普段の生活では、自分の足りないところにばかり目を向けていたなぁ」
という感想をいただくことが多いです。

足りないところに目を向けるより。
すでに自分にあるものに目を向けてみましょう。

まずは、自分の楽しかった体験、ワクワクした体験、
達成感や連帯感、満足感を味わったときは、
いつどこで、どんなことがありましたか?
その時の感情や、体の感覚は?

ほら、たくさんあるでしょう。
嫌なことを考えては落ち込む、というのは、
まるで嫌いなものばかり注文して
「このレストランはまずい」
といっているようなものです。

自分の脳にも、好きなものを好きなだけ注文しましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 ゴールデンウィーク
----------------------------------------------------------------------
会社勤めのころから、ゴールデンウィークは関係のない状態でした。
個人相手の営業だったので、土日祝日は稼ぎ時なのです。
渋滞と混雑は無縁の生活ですが、あまり人がいないと、
観光してもにぎやかさがなく気分が乗らないこともあります。
店も気合が入っていないし。

ということで、これから楽しもうという人は
にぎやかな雰囲気を楽しむつもりで行かれたらどうでしょう?
さびしい観光地は嫌なものですよ。

ちなみに私はこの連休中はほとんどセミナーやってます。
行く所がない方はセミナーに来てね。(笑)

rich23 at 23:51コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月24日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 本の出版
----------------------------------------------------------------------
今までにも「本の出版をしませんか?」と数社からオファーがありましたが、
今回は素晴らしい編集者の方と出会うことができ、
ようやく念願の「本を出版」ということになりました。

内容はまだ今は公表できませんが、
一番伝えていきたいテーマを書くことができ、
その準備で充実しています。

求められて書くというのはとてもやる気が高まるんですが、
メルマガは反応が見えにくいので、少し・・・(笑)

セミナーも、一般公開はちょうど1年経ち、
最初に比べると内容もずいぶん変化しました。
というか、参加者の要望に合わせて変えたりして、
ライブ感が好きなので、毎回違うんですけどね。(笑)

こちらは、参加後にメールをいただくことが多く、
とても励みになります。
セミナーに関係なく、
初めての方も、質問や相談メールお待ちしています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 ライバルの成功を祈ろう
----------------------------------------------------------------------
島田紳助さんが司会で、すぐに使える心理学という番組を見ましたら、
タイガーウッズの成功の秘訣というのを紹介していました。

タイガーウッズは優勝がかかった最終ホールで、
タイガーはすでに打ち終えてトップです。
ライバルが一打差で追いかけています。
ほんの1メートルの距離を残し、
これを入れればタイガーウッズと並ぶという場面を迎えています。

ライバルにとって、この距離は普段ならはずすことのない距離ですが、
この一打が入らなければ、その時点で自分の優勝は無くなるという、
大変プレッシャーがかかる一打です。

さて、それを見ていたタイガーウッズは何を思っていたでしょうか?
皆さんならどうでしょう?

私なら間違いなく、
「外れてくれ〜!」でしょうね。(笑)

ところがタイガーウッズは違ったんです。
「どうか入ってくれ!」

なんと相手の成功を祈っていたんです。
しかし、その祈りは届かず、ボールはカップのふちをなめて、
タイガーウッズの優勝が決まりました。

にもかかわらず、タイガーウッズには優勝した喜びはなく、
満面の笑みとはほど遠く、沈んだ表情で表彰台に向かいます。

インタビューではライバルの最高の状態と戦って勝ちたかったと
コメントしています。

この思考は、グリーンベレーというアメリカの特殊部隊で、
大佐だった父の影響だといいます。

グリーンベレーの隊員一人の力は、
米兵200人に相当するといわれるくらいの部隊といいますから、
どれだけ強じんな精神力が必要か想像もつきませんね。
ゴルゴ13には負けると思うけど(笑)

そのグリーンベレーでの教えで特に大事なものは、
「自分の理想を常に高く心の中でイメージしろ」ということだそうです。
タイガーウッズも、これを父に徹底的にたたきこまれたようです。

タイガーウッズは、自分の高い理想のイメージから考えると、
相手のミスで勝って喜ぶ自分は許せないということです。
ライバルの成功を祈り、最高のライバルに勝つ自分であるという、
自己イメージが明確にあったのです。


もうひとつ、人の成功を祈る理由があります。
人の失敗を祈るということは、
うまくいかないイメージを鮮明に描くことになります。

潜在意識は、イメージしたものは、
自分に起きたことか、他人に起きたことかなど主語は関係なく、
実現に向けて働いてくれます。

つまり、他人の失敗を祈るということは、
自分に失敗のイメージを植え付けるような行動です。
潜在意識活用の観点からいっても、人の成功を祈るのは理にかなっています。

だから、周りで腹が立つ人がいたとしても、
自分のために相手の成功を祈った方が得ですよ。

NLPでは、モデリングという技術があります。
セミナーのコンテンツで、「理想の人物を一人イメージしてください」
という実習があります。

すると、けっこう理想像が思い浮かばないという人が多いのです。
自分はこうなりたい、ああなりたいというのを明確に作ることが、
ブレない自分の柱になるのです。

あなたの理想像はどんな人でしょうか?
そして、さらにイメージを高くあげてみましょう。
イメージがあなたの人生すべてを作るのだから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP 基礎編
----------------------------------------------------------------------
「コミュニケーションNLP心理学基礎編」

日時:4月29日(昭和の日) 10:00〜17:30
場所:セシオン杉並
交通:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩7分
定員:14名

NLPのコミュニケーションに使えるスキルを一日に凝縮。
コミュニケーションってこういうことだったんだ!
聴くという技術はこんなに高度なものがあるんだ!
人に好かれる人の共通点はこれか!と、
目からうろこがボロボロ落ちること間違い無し!

(以前参加された方は、再参加は4000円です。
 初めての方相手にワークをすると、自分の成長ぶりが感じられますよ)

5月度の予定もアップしました。
詳しくはこちらへ。
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html

今後は、私自身、コミュニケーション・自己啓発・ビジネス部門の
ベストセラー作家として忙しくなっていくので、
セミナーに参加するなら今のうちですよ。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 PCモニターが燃えた
----------------------------------------------------------------------
PCで執筆をしていたら、プラスチックの燃えるにおいが・・・。
料理をしている妻に、「鍋が燃えてるよ!きっと取っ手が燃えてるんだ」」

すると妻は相変わらず冷静です。
「そんな取っ手が燃える鍋じゃ、役に立たないじゃない!」

「そりゃそうだ」と思い、あちこち匂いの元を探すため嗅いでいると、
なんとパソコンのモニターの画面がどんどん細くなって、
横幅だけが半分になっていくんです〜。
匂いのもとは、どうやらモニターでした。
いまどきの液晶じゃない14型タイプで10年選手です。

書きかけの原稿もあるし、う〜どうしよう!
何とか保存をクリックしたら、ジジジ〜と音までしてきたので
急いで電源を抜きました。

そういえば前のテレビも、パンッ!という音ともに画面が消え、
火が噴き、後ろから煙が出てきました。
今は19型液晶を目の前にしていますが、とっても見やすいですね。

テレビの寿命は燃えて尽きるようなので、火の元に注意しましょう。(笑)

rich23 at 18:37コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月15日

【ごあいさつ】 交通費の方が高い
----------------------------------------------------------------------
二日連続のセミナーが終了しました。
先月は広島から来られた方がいましたが、
今回は岡山から飛行機で来られた方がいらっしゃいました。

とっても向上心が高い方たちとお会いするのは楽しいものです。
そういえば、ほぼ毎月、関西や中部地方の方が参加されています。
セミナー代より交通費が高いのにありがとうございます。
今度は、東北、北海道の方もお待ちしています(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】  自分を出せない理由
----------------------------------------------------------------------
私のカウンセリングで最も多いのが、
「しゃべるのが苦手」という相談です。
よくあるやりとりをご紹介します。

「みんなの前でしゃべるのが苦手なんです。」
「誰にでもそうなんですか?例えば家族とかでも?」

「いいえ、そんなことないです。家族とか友人は大丈夫です。」
「『みんなの前で』というと、どんな人が相手ですか?」
「会社の同僚とか、商談先とかですね〜」

「家族には大丈夫なんですね。いつからですか?」
「学生の時には大丈夫でしたが、就職してからですかね・・・。」
「苦手っていうと、具体的にはどういうことでしょうか?」
「気の利いたことが言えないんで、何を話したらいいか・・・」


ここまでは、多くの方が同じようなパターンになります。
多くの悩みは、メタモデルでいう一般化や歪曲だらけなので、
まずはそれを気づいてもらうように質問を重ねていきます。

今回は、そういったスキルは横に置いておいて(笑)、
ともかく同じ悩みで悩んでいる方が多いようです。

家族や友人となら話せる。気の利いたことが言えない。
間がもたないので、何を話したらいいかわからない。

理由としては、いくつか考えられます。
1.自分を出すことにブレーキをかけている。
2.他の人と比べて自分はダメだという思い込みがある。
3.過去の自分の失敗をゆるしていない。
etc

今回は1.の自分へのブレーキについて話します。
電車の中などで子供がグズグズ言い出したとき、
どんな叱られ方を見かけますか?

欧米だと子ども相手とはいえ、理詰めで怒るそうです。
なぜ悪いことなのか、理屈を教えるそうです。

でも日本だと、「ほら、あのオジサンに怒られるよ」
私のこと?失礼な・・・(笑)

または、
「みんなに迷惑かかるでしょ!みんな見てるでしょ!」
周囲の視線を子供に意識させるパターンが多いようです。

そうした教育が周囲の視線を気にし、
周囲に合わせるという意識を強化させていきます。

人からどう見られるか、人からどう思われるか、
を常に気にかけて生きるように、しつけられていきます。

この世の中をスムーズに生きていくには、
「周りからどう思われても関係ないさ」
と開き直ることはなかなか難しいですね。

こういった教育環境の中で育って行く過程で、
周りの人に合わせようとエネルギーを使っているうちに、
自分を出さないで長い間過ごしていると、
自分が何をしたいのか、何を感じているのかがわからなくなっていきます。

特に男性は、感情を出すことを抑えるように教育されていきますから、
何をしたいのか、何を感じているのか見失いがちです。
すると、周りの反応が基準になっていきます。

そして、
拒絶されることが怖い、
孤立するのが不安、

こういった気持ちが強くなり、
「突っ張るよりも他者や周囲の人間に迎合した方がマシ」
と無意識に判断し、自分を失っていきます。

自分を出せないのは、コミュニケーションスキルが足りないだけでなく、
そんな怖れや不安が原因かもしれないと気づくと、
大きな進歩につながります。

現在やっている基礎セミナーでは、
NLPスキルをできるだけお伝えしようということでやっていますので、
応用編ではこのあたりのメンタル的な部分に踏み込んでやっています。

「自分は拒絶されることが怖いんだ、孤立するのが不安だったんだ」、
そんな自分を認めるのは最初は嫌なものです。

セミナーの世界では「直面する」といいますが、
そういったマイナスに見える感情を認めるのはきついです。
「自分はそんな不安はないし、人の評価や人の目は気にしないんだ。
ただ、もっとうまく話したいんだ!」
自分をこう思いたいものですが、自分の弱さも含めて、
内面を見つめることが最初のステップになります。

怖れや不安を持っている自分の一部を認めることから、
すべてが始まるかもしれません。
続きは次回。

参考:「トランスパーソナル心理学入門」諸富祥彦著

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP 基礎編を横浜で開催!
----------------------------------------------------------------------
「コミュニケーションNLP心理学基礎編 IN 横浜」
神奈川県にお住まいの方はチャンスです!

日時:4月26日(土) 10:00〜17:00
場所:横浜市開港記念会館
住所:横浜市中区本町1-6
交通:JR京浜東北線・根岸線 関内駅 徒歩10分(約700m)
   みなとみらい線 日本大通り駅  徒歩1分(約50m)
定員:14名

NLPのコミュニケーションに使えるスキルを一日に凝縮。
コミュニケーションってこういうことだったんだ!と、
目からうろこがボロボロ落ちること間違い無し!

(以前参加された方は、再参加は4000円です。
 初めての方相手にワークをすると、自分の成長ぶりが感じられますよ)

5月度の東京開催もアップしました。
詳しくはこちらへ。
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13160786.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 懇親会
----------------------------------------------------------------------
最近はセミナー終了後に、参加者と懇親会に行くことが多くなりました。
そこでは、ざっくばらんな話をしながら、自然に悩み相談になります。

後日お礼のメールをいただくのですが、
「セミナーもよかったんですが、懇親会の方がすごくよかったです。」

個人の悩みを解決する個人カウンセリングは、
通常1時間という時間ですが、
6時間のセミナーの代金よりもいただいています。
悩みを解決するにはもっとも確実で、てっとり早いのですけどね。

セミナーだと、理解や気づきは個人差があり感じ方もそれぞれですが、
一対一だと、解決に至るまで話ができますし。

でも「懇親会の方が」というお礼メールをいただくとうれしい反面、
心境はちょっと微妙・・・(笑)

いずれにしてもお礼メールはありがたいものです。
励みになりますし、いろいろ気づきがあった二日間でした。
みなさんの成果が私のやりがいですから、
成果報告をお待ちしています。

それとは別に、無料メール相談もお受けしていますので、
メルマガをお読みに方は遠慮なくメールをください。
匿名でも結構です。お待ちしています。

rich23 at 07:25コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月08日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 すべてにコツがある
----------------------------------------------------------------------
先日大手出版社に伺ったとき、社内の廊下で挙動不審な社員が10人ほど、
ぞろぞろと移動していました。
服の着こなしや、身のこなしから想像するに、新入社員でしょう。
自分の25年前、緊張と不安と大きな期待で初出社した時の風景を
を思い出しました。(25年も経ったのかぁ・・・驚き!)

私が配属されたのは電算課と言って、PCでデーターを打ち込む部署。
女子社員が多めで、彼女たちのまるで珍しい物を見るような目が
痛かったです。標準語であいさつを言ったつもりでも、
なまるもんですから笑いが起き、なおさら話しベタが加速されました。(笑)

高校卒業後、奨学金制度を利用して、
夜は音楽学校へ通いながら昼は事務の仕事。
二年間の契約期間を終えその2年後の4月、
音楽での成功を夢見ながらとりあえず運送会社でバイト。

運送屋で学んだのは、ただ単純に物を運ぶといっても、
持ち方や運び方にもコツがあるんだなぁということ。
ロープでくくっている家具の持ち方を、先輩にちょっと教えてもらうだけで、
ずいぶん楽に持てたりすることに驚いたことがあります。

そう思うと、すべてにコツがありますね。
コミュニケーションにしてもコツがあります。
ちょっと教えてもらうだけで、全く違うレベルに行けたりします。
かっこよく言うとノウハウです。

さて、運送屋さんですが、事故連発で3ヶ月で退社。
それが大きな転機になりました。続きは無料ガイドブックで。

コミュニケーションNLP無料ガイドブック→http://www.nlp-oneness.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 自己実現の定義
----------------------------------------------------------------------
「トランスパーソナル心理学入門」諸富祥彦著より引用

自己実現というと有名なのが、人間性心理学の代表的な学者、
アブラハム・マズロー博士です。

彼は自分の可能性を充分に実現しきっている人、
つまり『自己実現した人間』の研究に打ち込み、
それが人間性心理学誕生の発端となりました。

彼が定義した自己実現した人間の特徴です。

■自己実現の定義

・孤独やプライバシーを好み、欠乏や不運に対して超然としていること。
・文化や環境からの自律性。
・人生をいつも新鮮かつ無邪気に楽しめること。
・しばしば神秘体験や至高体験を体験していること。
・人類全体への共感や同情。
・深い人間関係。
・民主的性格。
・手段と目的の区別。
・悪意のないユーモアのセンス。
・創造性。
・確固とした価値体系。
・自己中心的でなく問題中心的であること。
・自己や他者や自然に対する受容的態度。


人間が成長を極限まで追求するとどうなるのでしょうか?
その方向での研究の一つが「至高体験」についての研究です。

一般人が体験する至高体験のうち最多のものは、
女性の出産体験、オーケストラの指揮者の体験などだそうです。

至高体験というと、特別な感覚体験をイメージしますが、
覚醒体験や神秘体験、宇宙との一体感や過去生体験などは、
あくまで特殊な体験でしかありません。

宗教の修行で素晴らしい悟りを得たと自他共に認める人が、
日常生活では神経症に悩んだり、
人間関係に苦しんだりしていることがあります。

地に足をしっかりつけた普通の人が毎日の生活の中で、
「個を超えて働いている力をどう生かし、心を豊かにしていくか。」
その方が特殊な体験よりもずっと大切です。

----------------------------------------------------------------------
■超然としているということ
いかがでしょう。
私は一行目の「欠乏や不運に対して超然としていること」でアウトです。(笑)

う〜ん、私など欠乏や不運を嘆いてばかりで、
そういった状況でも超然としていられる自己実現からは遠そうです。(笑)

まあ、NLPや心理学で心のことを学び始めてからは、
1万倍は楽に生きられるようになりましたが、
まだまだこのリストを見ると自分の精神的欠乏を感じます。

あっ、また欠乏を嘆いてしまった。欠乏に対しては超然としなきゃ。
う〜・・「しなきゃ」と言ってる時点で、ますます超然としてない・・・(笑)

■区別
「手段と目的の区別」とは、お金などはいい例になります。
お金を手に入れるのが目的になってしまいがちですが、
お金はあくまで手段です。

コミュニケーションをうまくなりたいというのも手段ですが、
その目的は何でしょう?

人をうまく利用したいとか、自分を認めてほしい。
つまり自分に焦点が当たっている場合は、
自分がどう見られているかどうかが、とても気になり始めます。
何しろ相手の評価が重要ですから。

目の前の相手に何ができるか?
「相手に喜んでもらおう」「役に立ちたい」
こういった視点で考えたとき、一歩抜け出せるのではないかと思います。

■相手のためなら話すより聴くこと
「自分のために」よりも、「相手のために」というスタンスだと、
こちらが何か一生懸命話すよりも効果的なのが、話を聴いてあげること。

「何かうまいことを話さなきゃいけない」という強迫観念が、
ますます話すことに苦手意識を持たせます。
聴くだけでも相当喜んでもらえることができるという感覚、
これををつかんでいただくと、相当リラックスできるようになります。

ただし、この聴く技術はとても訓練が必要です。
今まで出会ってきた人たちで聴くのがうまい人は、
一割もいない感じがします。

誰でも歩くことができます。
歩くことを正式に練習した人は少ないでしょう。
でも、「正しい歩き方」なんて言うスキルがあるくらいですから、
正しくやれていない人が多いようです。

「聴くのは得意だけど、話すのは苦手です」と言う方は多いです。
そういう相談がほとんどです。
でも逆に、今までに
「話を聴くのが下手なんです。」
という悩み相談を受けることは過去経験がありません。

聴く技術が人生を変えます。
話上手になるにためにはまず、聴くことにエネルギーを注いでみましょう。


でも、私は妻の話だけはなかなか聴けないんです・・・。努力します。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP「応用編」開催!
----------------------------------------------------------------------
コミュニケーションNLP心理学「応用編」セミナー 

日時:4月13日(日) 10:00〜17:30
場所:セシオン杉並
交通:東京メトロ丸ノ内線 東高円寺駅 徒歩7分
定員:14名

基礎編ではできない時間のかかる実習を中心に体験していただきます。
一つ一つ丁寧な実習で、NLPを受講したことのある方、
本で勉強した方はしっかりと体験してみませんか?
そして、潜在意識レベルに落とし込む深い気づきにより、
他人とだけでなく、あなた自身とのコミュニケーションが変わります。

早期割引中!詳しくはこちらをクリック!
→ http://www.nlp-oneness.com/article/13234716.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 めげない県民性
----------------------------------------------------------------------
県民性の特番を見てましたら、「粘り強くてめげない県民は?」
なんていうのをやっていました。

私は長年、自分がかなりのネクラと自認してまして、
20歳の頃、「ネクラ万歳」なんて本を買ったことがあるくらいです。(笑)

何人か集まっている中で自己紹介するとさらに拍車がかかります。
「松橋さん、出身はどこ?」
「あおもり」
「ふ〜ん、スポーツなんかやってた?Aさんは?」
「俺はサッカー。Bさんは?」
「私はテニス。松橋さんは?」
「え〜と、卓球部・・・。」

この流れでいくと、なぜかいつも笑いがとれます・・・。(悲)


特番では案の定、めげない県民性NO1は青森県。
雪かきを毎日黙々とやるからという理由。
雪が降る県は他にもあるだろうに・・・。

労働時間が一番長い県でもNO1で、よく働く県民性とのことです。
平均収入は確かブービーくらいだったはずなのに。

なまっていても、卓球をやっていても、笑われてもめげないのは
県民性だからでしょうか・・・。
「めげないノウハウ伝授セミナー」なんてのでも今度開催しようかな。

rich23 at 12:32コメント(0)トラックバック(0) 

2008年03月14日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】 コーチングの有名人
----------------------------------------------------------------------
みなさんお久しぶりです。

メルマガでお送りしている文章をブログにそのままコピペしています。

「ノウハウを披露するのはメルマガだけでいいんじゃない。
ブログはもっと気軽な感じで書いたら?」

こんなアドバイスをいただき、メルマガの文章を載せるのはやめて、
別なものを書こうと思ってたら何と二ヶ月もたってしまいました。
なので、とりあえずメルマガをそのまま引用します。

メルマガよりも、数日遅れで載せることも多くなるかもしれません。
ぜひメルマガ登録を(笑)

メルマガ登録→http://www.nlp-oneness.com/article/13157147.html
まぐまぐの場合→http://www.mag2.com/m/0000237701.html

昨日はコーチングの世界で一目置かれている近藤直樹氏とお会いしました。
私が最も影響を受けたセミナーで学んだことを、復習させてもらったような一日になりました。

彼はコーチングの本を4冊出していますが、特に「7デイズコーチング」という本は以前から持っていたんです。

(本の紹介ページ)
http://www.nlp-oneness.com/article/13188775.html

彼との出会いは友人の紹介ですが、紹介された時に名刺を見るとびっくり。
「あ〜知ってます!この本は、とてもわかりやすく簡単に見えるけど
書いていることは深くていい本ですね〜!あの本を書いた方とお会いできるなんて!」

ということで、5月にコラボセミナーを開催することになりました。
彼は講師としても有名なので、通常はかなりの金額のセミナーになりますが、
参加したら人生が変わるような一日を体験できるでしょう。
詳細はまた改めて。

ふと気がつくと6時間くらい話していました。
こういうときの時間はあっという間ですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】  人前が苦手を克服する方法
----------------------------------------------------------------------
今日同席した女性が相談していた内容は、メルマガの読者にも役立ちそうなので紹介します。彼女は、「本当はやりたいことがあるんだけど・・・」
しばらく躊躇したあと重い口を開きました。

「言うのが恥ずかしいんだけど、ヒーラーとして仕事をしたいと思っているんです。
だけど、人前で話すのは緊張して苦手なんで・・・・。」

それに対して近藤トレーナーは、「緊張は大事ですよ。自分も人前で講師をする時は、緊張するからしっかりクリアリングしてますよ。」

クリアリングとは、彼の著書でも語られていますが、自分の感情や反応を抑えつけず、他人や自分に吐き出して受け止めることです。

「人前なんていやだ!」「失敗が怖い!」「恥ずかしい!」
多くの人は、そんな感情を隠そうとしたりして抑えつけてしまうので、後に引きずることになります。

美空ひばりでさえ、コンサート前には極度の緊張に悩まされたといいます。
しかし、緊張しなくなったときは終わりだとも言っていたそうです。
緊張は自分の能力を高みに引き上げる薬とも言えそうです。

「人前が苦手」という方は、緊張をしっかり感じて、その感情を他人に受け取ってもらいましょう。

できれば本番前に聴いてもらいましょう。
「今の気持ち聴いて!とにかく嫌!帰りたい!準備が足りないし、なんかお客さんのノリ悪そうだし…。」

聴いてくれる人には、ただ受け取ってもらう。
すると、感情を明確に認知するということで、感情に振り回されることが少なくなるのは間違いなしです。認知心理学では基本になっているやり方です。

いわゆる成功哲学など、イケイケのポジティブシンキングだと、マイナスを考えるな!ポジティブなこと以外口にするな!となります。それは自分の一部を否定するようなものです。そういった慎重さや、完ぺきを求める自分の一部を受け入れることが、自分のパワーを最大限に発揮させます。

これは、かなり深い話になるので、今後改めて紹介して行きたいと思いますね。

あなたは自分のどんな部分を否定していますか?
いろいろな自分の部分を、否定したり無理やり抑え込まず、受け入れましょう。
一見マイナスに見えるその部分は、今までの人生であなたを助けてきてくれた部分でもあるのですから。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】コミュニケーションNLP心理学「応用編」開催!
----------------------------------------------------------------------
コミュニケーションNLP心理学「応用編」セミナー 

日時:3月23日(日) 10:00〜17:00
場所:中央区八丁堀区民会館
交通:東京メトロ日比谷線またはJR京葉線
   八丁堀駅A2出口徒歩2分
定員:14名

基礎編ではできない実習を中心に体験していただきます。
一つ一つ丁寧な実習で、NLPを受講したことのある方はしっかりとスキルを復習してみませんか?そして、潜在意識レベルに落とし込む深い気づきにより、他人とだけでなく、あなた自身とのコミュニケーションが変わります。

早期割引中!詳しくはこちらをクリック!
→ http://www.nlp-oneness.com/category/1214078.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 コミュニケーションの達人への道
----------------------------------------------------------------------
このメルマガは「コミュニケーションの達人への道」
というサブタイトルをつけています。

近藤トレーナーがおっしゃってました。
「以前メルマガを書いていたけどうまいこと伝えるのに苦労して、中止しているんです。タイトルは『コミュニケーションの達人への道』って言うんだけど」

またまたびっくり!
「え〜!私も同じタイトルで、今メルマガ出してますよ!〜」
真似したつもりはないんですが・・・。とりあえずごめんなさい。(笑)

「さすが本を何冊も書いている人は違う〜」と感心。
著者としてしっかり発行しようという姿勢に、我が身を反省。このメルマガは、文章が変だとか、意味がわからないというご意見をいただきますが、2,3回見直しているうちに「もういいや!」って、ついつい発信ボタンを押しちゃいます。
彼の姿勢を見習うよう頑張りたいのですが、しばらくはご勘弁(笑)

ということでお知らせです。
サブタイトルが変わるかもしれません。(笑)

スキル系のメルマガとして発行していますが、もっと深い部分も書いていこうかなと思い始めています。そういった部分を書いたときは反響が大きいですしね。
皆さんのご意見をお聞かせください。お待ちしています。

ちなみにこのブログは、またいつ更新できるか自信はありません。あしからず(笑)

rich23 at 01:04コメント(0)トラックバック(1) 

2007年12月13日

┏──────────────────────────────────
┃目次‖【ごあいさつ   】  KY 空気読めない
┃    ‖【メインコンテンツ】 本当の自己・本来の自分
┃    ‖【セミナー】     タイプ別コミュニケーション対処法セミナー
┃    ‖【編集後記】     センセーショナル
┃    ‖ 発行:NLPコンサルタント  ワンネス協会代表 松橋良紀
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】   KY 空気読めない
----------------------------------------------------------------------
先日、マンション販売業界でのシェアではベスト5に入る不動産会社の
参加者50人くらいの営業研修で講師をしてきました。

法人研修だと普通、「上司に言われたからしょうがなく来ました」
なんていう雰囲気の方が多いのですが、参加のみなさんは真剣でまじめ。
業界をリードする会社は違うなと感じました。

「KY」
つまり、「空気が読めない」という言葉が確か、
今年の流行語にノミネートされたと記憶しています。
その「空気」といわれる部分の説明、信頼関係の作り方、
タイプ別による説得の方法、などNLPを中心に研修。

営業マンにとって、インターネットが普及する前と今では
状況が全く変わりました。

昔は、飛び込みなど営業マンが来たとしても、
営業マンからしか聞けない貴重な情報がありました。
だから、「まあ話だけでも聞いてみるか」という人が多かったわけです。

ところが今では、必要な情報はほとんどネットで得られます。
お客様にとって、情報源としての営業マンの価値が薄くなってきたのです。
だからこそ、話を聞いてくれるお客様と短時間で信頼関係を作る技術は、
昔に比べるとものすごく重要になります。

研修では初めてNLPのスキルを体験した人たちが多かったので、
アンケートをみるとかなり満足していただけたようです。
次回がまた楽しみ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 本当の自己・本来の自分
----------------------------------------------------------------------
■SAT
先日まで何度か書いた心理療法の資格ですが、無事合格しました。
NPO法人ヘルスカウンセリング学会のSATコーチャー認定というものです。

SATとは以下の頭文字から来ています。

・構造化された質問 Structured 
・ヒラメキや直感  Association
・技法       Technique

SATを私なりの解釈でいうと、
NLP、交流分析、認知療法、伝統的な心理分析、遺伝子学などの、
いいとこ取りのような内容だったような印象です。
私が今まで学んできたことの総集編のような感じさえしました。

私のセミナーに来られる方の多くは、
・人間関係をもっとスムーズに作りたい
・自己主張をしっかりしたい
・営業力を高めたい
・モチベーションを上げたい

と様々ですが、話す技術だけでなく
自分の内面の変化が必要だと感じている方も多いです。

■3つの本質的欲求
心の本質的欲求は3つあると言います。

1.愛されたい欲求
  自分の欲求を他人に無条件に満たしてほしい という欲求。
  愛されたい、認められたい、わかってほしい、受け入れてほしい、
  信じて欲しい、思い通りになってほしい、などを他人に求める欲求。

2.自分を愛したい欲求
  自分がすることを他人がどう評価しようとも、自分を愛したい、認めたい、
  好きになりたい、信じたい、成長させたいなどを優先し、自分に求める欲求。

3.人を愛したい欲求
  人の評価と自分の利害はどうであれ、相手を愛したい、認めたい、
  信じたい、助けたい、守りたいなど他人に与えたい欲求。


この本質的欲求を満たすには順序があります。

人に愛されないと自分を愛することができない。
自分を愛することができないと、人を愛することができない。
という原則があります。

「本当の自己・本来の自分」を定義すると次のようなことだそうです。

「発揮されれば人生が楽しくなり、ストレスが累積することのない自己。

 遺伝子に決定づけられた気質にそって素直に生きること。」


一方、他人に評価される生き方を他者報酬追求型と呼びます。
多くの人は小さな頃、親に喜んでもらおうと、
親の基準に合わせて生きてきました。

そういった周りの人に認められようとしたパターンから抜け出せず、
他者評価に依存している状態だと、
「ああしてくれない、こうしてくれない」
こういったストレスがたまるし、自己嫌悪にもなります。

「本当の自己・本来の自分」を探しにインドなどへ行く人がいますが、
そんなことをしなくても大丈夫です。

NLPのスキルには、本来の自己報酬追求の生き方を呼び覚ます
スキルがたくさんありますが、
SATの技法にもエッセンスが同じものがたくさん入っていました。

NLPのタイムラインのワークはパターンがたくさん開発されていますが、
そのひとつにいやな出来事を忘れる、書き換えるワークがあります。

それをSATでは、タイムラインのような線をイメージしませんが、
事件の前に戻って過去を書き直していくイメージワークがありました。

過去にさかのぼっていきますが、自分の人生だけでは難しい場合、
なんと先祖までさかのぼっていくイメージワークなのです。
そのようにしてDNAに刻まれたパターンを変えていくという技法は
とてもインパクトがありました。

こうやって書いているうちに、ワークを説明しようとすると
ものすごい文章量になってしまうことに気がつきました。
やっぱりワークをメルマガで紹介するのは難しいですね。

ぜひ体験しにきてください。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】 「タイプ別コミュニケーション対処法セミナー」
----------------------------------------------------------------------
セミナーの告知をするつもりはありませんでしたが、
SATのことを書いていたら、せっかくなので紹介したくなりました。(笑)
その技法の中でもすぐに使えて効果が出るものを抽出してセミナーします。

〜〜「タイプ別コミュニケーション対処法セミナー」 〜〜

◎日時   12月23日(祝)10:00〜17:00(開場は15分前より)
◎定員   8名
◎参加費  19,800円
◎場所   セシオン杉並   03−3317−6611
      丸の内線東高円寺駅下車徒歩5分
      新高円寺駅下車徒歩7分
地図はこちらへ http://www.seminar-oneness.com/sesionmap1223.html

◎セミナーの内容
・NLPのタイプ分析で自分を知る
・人格気質やストレス気質タイプ分類で自分を知り、他人を知る
・遺伝子レベルによる特徴をつかむ
・タイプ別の行動特性をつかむ
・タイプ別の自己対処法を学ぶ
・違うタイプと付き合うコツをマスター
・脳のパターンの書き換えのワーク
・人生の問題を解決するワーク
その他、参加者に合わせて内容を変える場合があります。

■プレオープンにつき、少人数での開催です。
プレオープン価格&早期割引 
19,800円⇒9,800円 (12/18まで入金の方)

先日のセミナーで、SAT式心理テストをやったところ、
NLPスキルより皆さん食いついてました。ちょっと微妙な気分。(笑)

詳しくはこちら⇒http://www.nlp-oneness.com/article/13222412.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  センセーショナル
----------------------------------------------------------------------
中学生のころからなので、かれこれ30年の付き合いになる友人たちと、
毎年12月恒例の忘年会をしました。
コンピューター技師、財務省事務官、建築設計、大手コンビニ社員、看護師、
自動車学校社員、主婦&ハンバーグレストランウェイターと、多様ですが、
会社員でないのは私だけ。
どうも私はSATのタイプ分類でいうと「新寄性追及気質」が高いようです。

新しいものが大好きで、センセーショナルなことに魅かれる、
規則や法を遵守しない、などという遺伝子を強く持ってるタイプだそうです。

ある友人は25年間、同じ会社で仕事をしてますが、
「地道に長く勤めていれば必ず報われる」と20才くらいから言ってました。
対する私は「そうかな〜。やりたいことやればいいじゃん」

DNAレベルの気質が違うということをあの頃知っていたなら、
お互いの意見の違いをもっと尊重できたかな。

ちなみにそれを言っていた友人には、とても元気な奥さんがいまして、私のヨメをよく知っています。
「ヨメネタさ、ちょっと夫婦円満には思えないよ」

あれれ、そんなつもりはなかったんだけど・・・。
みなさん、夫婦円満ですから安心してください(笑)

そういえば、ヨメと一緒に暮らして16年経ちますが、
そっちの分野は新寄性追及気質が作動しないのはなぜかって?
それはセンセーショナルな毎日だからなのです。飽きるヒマがありません。

あっ、これがまずいのかな?
しつこいようですが夫婦円満ですから安心してくださいね(笑)

rich23 at 06:12コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月03日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】    試験うけました
-----------------------------------------------------------------
昨日は心理療法士の認定講座最終日で、
久しぶりの試験というものを受けました!
なんか自動車免許試験みたいな認定試験でした。

引っかけ問題が多くて、「う〜ん」と唸りながら何とか終了。
例えば、確かこんなのがありました。

「心の本質的欲求は慈愛願望欲求・自己信頼欲求・自愛欲求の3つあり、
どれか一つだけでも満たすことが必要である」

そりゃそうだと○をつけて、よく考えると
「確か全部満たさないとダメなんじゃないか」と思いなおし、×に変更。

試験が終わって改めて分厚い本を調べたら、
ひとつだけでは成り立たないと書いてある。
講義ではそんなこと言ってなかったよな。

講師の大学教授も
「私も実際に受けたら、一問間違っちゃったよ〜ハハハ(笑)」

「ハハハ」って、先生、自分で作っておいてそりゃないでしょ・・・。

あとは二週間後の発表が楽しみです。
落ちた場合は追試制度もあるというし…。

いやいや、受かる!・・・たぶん・・・・きっと・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 自己主張のスキル
-----------------------------------------------------------------
■アサーション
この心理療法士コースで、アサーション技術もカリキュラムにありました。
コミュニケーションNLPメルマガなので、一部紹介しましょう。

アサーションとは何か?
講座ではちょっと難しく定義してました。
「その場にあった自分の気持ちを意識でき、
自分も相手も尊重しながら、それを上手に自己表現できる技能」

まあ、アサーションとは、簡単にいえば「自己表現」という意味です。
人間関係の問題の多くは、どちらか一方か、あるいは両方が、
気持ちを抑えつけていることから始まります。
あきらめとか誤解が発生するのも、
感情を出さないことから起きていきます。

ただし、その自分の気持ちを、自分自身がわかってない場合も多いのです。
「こんなことで感情を左右される自分じゃない」

このようにして不快感を感じているのに自分で素直に受け入れないと、
他の歪んだ行動に形を変えて現れたりします。

■感情を伝えることの大事さ

20代前半で独身の頃のことです。
友人2人が私の自宅に泊まりに来て、深夜まで飲み会。
翌日昼過ぎに起きて、覚えたばかりの料理をふるまいました。
(と言っても卵焼きとトーストと?だったかな)

そしたら、友人の一人はまずそうに食べて、感想を言わないんです。
で、それに対してムカついた私は、
「こんなことで怒るなんて大人げない」
とブレーキをかけました。

するとどうなったかというと、他のことでも腹が立つのです。
そのあと友人が何か言うたびに突っかかる自分がいました。
それに気づいて素直に
「さっきせっかく作ったのにまずそうに食べてないで、
感想ぐらい言ってほしいよな!」
「あ〜、実は二日酔いで具合悪いって言うのも情けないんでさ〜」

この事件(?)で感情を抑えることが、大きな溝を作ることが多いと学びました。
(ご飯を作ってもらったら必ず感想を言う!
というのも学びましたが、実践を忘れて怒られてます。笑)

たとえば、あなたは頼まれごとを自分の気持ちを重視しながら、
引き受けるか断るかを決めることができますか?

自分の思っていることを率直に言うのは、
失礼にあたる、
子供っぽい、
反感を買って不利な立場になる、
このように感じていませんか?

■自己主張の3原則
アサーションの3原則というのがあります。

ひとつは率直さ。
本当の気持ちを感情的にならず上手に表現することです。

「自分が満足するように生きていいんだよ」
子供のころ、こういった無条件の愛で包まれる実感や、
メッセージを親から受け取ってこなかったことが、
自己主張することにブレーキをかけています。

ふたつめは、誠実さ。
特に日本人は、相手の感情に誠実であろうとしますが、
自分の感情には誠実でないといわれています。

最後に粘り強さ。
過去に無力体験があると、NOといわれるとあきらめて自分を抑え、
結論を相手にゆだねてしまう傾向があります。

この3原則を念頭に置いて、アサーティブなコミュニケーションをするには、
6つのポイントがありますが、一つだけご紹介。

■相手に話すときは「I(アイ)メッセージ」

自分の意見を言うときには二つの方法があります。
上司が部下に話しています。

「お前は何で時間を守らないんだ!」

これはYOUメッセージと言います。
もし言われたら、どんな気持ちがしますか?
主語を「あなた」にした場合、相手を傷つけるだけになります。
そこで、主語は「私」表現にしましょう。

「私は〜したい、してほしい、だとうれしい、助かる」
これをI(アイ)・メッセージといいます。

「私は、お前が時間を守ってくれるとうれしいな」
ずいぶん印象が変わります。
あくまで自分の要求を、明確に伝えているだけになりますから。

人を動かすのがうまい人を観察してみてください。
間違いなくアイ・メッセージが多いはずですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  幸せって?
-----------------------------------------------------------------
最近「編集後記」というネーミングをやめようかと思っています。

なぜって?
そりゃヨメネタばかり反響があるから「ヨメネタコーナー」としようかと。
このメルマガは、編集後記にかかる時間がほとんどだし。
というよりも、「本文をそれにしてよ」などという不埒な輩も(笑)

ヨメからは、「私の講師としてのイメージが落ちるので止めて」
と禁止命令が出ましたが、読者のニーズには答えないとね。(笑)

最近は寒くなったので、ネコがヨメと一緒に寝ることが多くなり、
それが「とっても幸せ〜」と言っております。
「ごはんがおいしくて幸せ」
「こうやって〜やれて幸せ」

それを聞くたびに、
「いいなあ〜、そんなんで幸せだって思えないよな」
「え〜、あなた!幸せじゃないの!」
「あー、え〜、不幸ではないけどなぁ・・・・」、
 
こんなやり取りがよくありましたが、その理由が今回の学びでわかりました。

どうやら私は気質分析の結果、「報酬不全の遺伝子」タイプが強い。
つまり、どんなに報酬を得ても喜びを感じにくい、
満足を知らないという人生になる気質が強いというのです。

先生いわく、「このタイプは満足するということを一生あきらめて下さい」
そんな断言をされちゃいました・・・とほほ。

ヨメは疲れた時、ネコをなでながらつぶやくことがあります。
「ネコはいいなぁ〜・・・・」

私もこれからつぶやこうと思います。
「ヨメはいいなぁ〜、簡単に幸せになれて。」



rich23 at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 

2007年11月12日

先週10億企業のコンサルタントに伺いました。
社長や会長と話をしていて感じたのは、社員は毎日の仕事に忙殺されて、
部下の教育やマーケティングのことなどほとんど考えられない状態で、
こういった会社はまだまだたくさんあるだろうなぁと。

その中でもやはり、会長は60代というのにマーケティングのアイディアを
いろいろ持っているのはさすが。商品にかける気合も素晴らしいものでした。

社員がアイディアを出してくれないという不満をお持ちでした、
新しい事を言い出すと自分自身が余計に忙しくなるのと考える時間がない、
あとは会議のスタイルが、意見をいいにくい雰囲気なのかもしれません。
まあ、ほとんどの会社の会議はそうでしょうけどね。(笑)

アイディアを生み出すには、本を読んだり、人と話すなど刺激が必要ですし。
その時間が取れないという社員が多いようです。
あなたは刺激を得るために、何をしていますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 脳の正しい使い方
-----------------------------------------------------------------
前回の続きで、脳の使い方を説明します。
今回はかなり細かい事を書きましたので、時間の余裕のあるときに読んでね(笑)

サブモダリティーを使って、脳のプログラミングを変える方法です。
前回の復習で、サブモダリティーについてもう一度書いておきますね。

脳には五感を通じてのみ情報が届きます。
おおまかには視覚(V)、聴覚(A)身体感覚(K)その他には味覚と嗅覚。
この五感を人間の感覚の代表ということで、代表システム(モダリティー)。

さらにそれらに細かな構成要素があり、それをサブモダリティーと呼びます。
視覚だと、色、大きさ、距離、位置、立体か平面かなど。
聴覚だと、音量、テンポ、位置など。
身体感覚だと、温度、重さ、強さ、大きさなど。

これらを調節していく方法はセラピーなどでも使われています。

■成功体験のサブモダリティー
ワクワク体験や、成功体験などのポジティブな体験を思い出し、
サブモダリティーを引き出していきます。

つまり、見えるもの、聴こえる音、言葉、体の感覚を、
さらに細かく設定していきます。

ワクワクした体験、成功体験が思い出せないというのは、
脳を正しく使っていないということになります。

成功体験は浮かばないのに、嫌な体験なのにありありと思い浮かべられる。
これなどは脳の使い方が間違っていて、
NLP的に言うとサブモダリティーの設定がミスってるといえます。

「あのときに上司に怒鳴られたことが、今でもありありと浮かぶ。」
こんな嫌なことがしっかり記憶されています。これを例に解説します。

■視覚(V)のサブモダリティー
その画面には自分から見ているので上司が見えている。
その時の上司との距離が近い
色はカラーで鮮やか。
立体的。
枠がなく、画面は無限大。
怒鳴っているその動きは激しい。あるいはスローモーション。
位置は真正面。


■聴覚(A)のサブモダリティー
怒鳴る音量は大きい
怒鳴るテンポは速め
声のトーンは、迫力のある低音。
言葉は明瞭
ステレオで曇りのない音
音は真正面
怒鳴り後の位置は耳のすぐそば。距離はまさに目の前。

■身体感覚(K)のサブモダリティー
体温は汗ばんでいて熱い感じ。
震えて緊張。
体はこわばっている。


「ありありとイメージする」
「忘れられない体験」
こういうのはこのような要素に分解できます。
このリストは人によっては、「真っ暗」「動きが全くない」なんていう場合もあり、
さまざまだと思います。

リチャードバンドラーは正しい脳の使い方を
ほとんどの人は学んだことがないと言い切っています。
サブモダリティーで挙げたポイントが、経験の質を決めています。
体験をこのように細かいレベルでチェックしてみると、
この体験を変えることが可能になります。

「あのときの嫌なことが忘れられない」

その場合、上の条件に当てはまる場合が多いのではないでしょうか?
こうやってリストを見ると、嫌な記憶を大事に脳に記録するように
サブモダリティーの設定しているといってもいいくらいですよね。

当事者で怒鳴られている状態から幽体離脱して、
ドラマを見ているように上司と自分のやり取りを離れたと頃から見る。

色を白黒にする。上司の顔からの距離を遠ざける。
動きをコマ送りのようにスローモーションにする。
あるいは静止画像にする。

低音で響く声を、キーをどんどん上げていく。。
たとえば鬼太郎の目玉親父のような声のトーンに変える。
聞こえる位置をどんどん離す。
位置を変える。


過去のことなのに、今も引きずっていることは真正面においていたりします。
多くの人は、過去のイメージは左においています。
見える物や聞こえる音(声も含む)を左の位置にずらしていく。


こうして調節していくと、驚くほどその体験に対しての感情が変わります。
体験したことはサブモダリティーを変化することで、
体験そのものが変わります。記憶が変わるのです。

「過去は変えられない」
よく言われる常識ですが、実は変えられるのです。

VAKを駆使しながら読まないとよくわからないかもしれないので、
今回は難しい話になったかも(笑)

実際にこのスキルを使ってセミナーをやりますので、
実体験したい人は11月23日お待ちしてます。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】 自己イメージ改善セミナー
-----------------------------------------------------------------
もっとワークをじっくりやって欲しいという要望に答えて開催!

午前中は『初対面でもすぐに好感を与える
「聴く技術ペーシング」の徹底トレーニングセミナー』

午後は『NLP自己イメージ改善セミナー』の二部構成。
興味をお持ちのほうにご参加ください。

■日 程  
平成19年11月23日(金・祝)
■時 間  
【第一部】 9:30〜12:30 NLPペーシングトレーニングセミナー
【第二部】14:00〜17:00 NLP自己イメージ改善セミナー 
【第三部】18:00〜  懇親会 

■場 所  セシオン杉並 

■第一部&第二部 参加費 各5,000円

■内 容  
【第一部】「聴く技術」の徹底トレーニング
【第二部】 NLPセラピーテクニックの伝授!
      マイナスイメージの消去、自信を取り戻すスキルを学びます。

詳しくはこちらへ http://www.nlp-oneness.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】 パーティー
-----------------------------------------------------------------
ゴミも捨てたのに何で臭いんだ?と思ってたら、
最近飼い猫がボケてきたのか、浴室をトイレ代わりに使うんです。
結婚した年に飼い始めたので、13歳。

ということは結婚13年目です。他人の結婚式に何度か出席してますが、
おそらく楽しさでは私たちをしのぐ結婚式にはまだお目にかかってないです。

13年前、結婚式はやるつもりはまったくなかったのですが、
おじさんが、バンドができる会場を紹介してくれるというのでやることに。

新郎新婦の入場は、ネコ車(工事現場でよく使うセメントとか運ぶ一輪車)に、
ヨメを乗せて、笑いを取るためにちょっと客席に突っ込んだりして。
(あとで、ヨメの招待客から「なんてことすんの!」と非難ごうごうでした)

3時間のうち、半分はギターを弾いていたので新郎席にほとんど座らず、
あっ、そんな結婚式だったんで、元々新郎新婦の席を用意しませんでした。
私が楽しく演奏している間、ヨメさんははあちこちのテーブルまわりで大変。

70〜80年代ロック中心にやったので、結婚式かいな?と思うようないう選曲。
極めつけはラストにやった曲が一番盛り上がって、ディスコ状態。
(いや、今はクラブというんだよね。一回だけ行ったことがあります)

最後の曲はなんていう曲かって?
それはですね、結婚式には最も不似合いな曲名の
「六本木心中!」です(爆)

帰り際、参加者を見送りするときに、お祝いの言葉ではなく、
「今日のコンサート良かったよ。あっ、結婚式だったっけ。」と
たくさんの方からお声をいただきました。

そんな結婚式でも13年持ちこたえているのは、ヨメさんのおかげです。
(前回はヨメからクレームがあったのでフォローしておかなきゃ)

そんな楽しいパーティーをまたやりたいと思っていたところに、
クリスマスパーティーをやろうという話があり、やることになりました。

12月16日(日)に、心のことに関心がある人達が集まって、
東京都内でクリスマスパーティーをやります!
ただ今、マジシャンやジャグラー、プロミュージシャンが参加予定です。
そのほかに、楽器ができる人、パフォーマンスをしたい人を募集中なので、
人前で何かやりたいという人は私までメールをください。

詳しくはまた改めて。



rich23 at 05:57コメント(0)トラックバック(1) 

2007年11月07日


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】    弾丸ツアー
-----------------------------------------------------------------
先日のコミュニケーションNLPセミナーでは、すごい方がいました。
今までも、京都や新潟からわざわざおいでになった方はいましたが、
今回兵庫からいらっしゃった22才の男性は、まさに弾丸ツアー!

夜行バスで上京し、セミナー終了後には観光もする時間もなく、
夜行バスで帰られました。
私のような40代には、ちょっと、いや、かなり厳しいかも。

前向きで一生懸命な姿に、新宿のバス発着所まで見送ったのですが、
手書きの地図が間違っていて、あわや乗り遅れるところでした。

東京は二回目で、せっかく来たのに観光もできずに残念だねというと、
初めて気がついたようで「あ〜そういえば、そうでしたね」

本人の中では、セミナーでとにかく何かを掴んで帰るぞ!という、
その一点に集中されていたようです。
彼のような向上心の高い方ばかりなので、セミナーは楽しいですね。

30代前半までは、スキーなどでよく弾丸ツアーで行きましたが、
今はちょっとね。見た目は30代前半といわれますが、
彼を見て年令を感じました。(ハハハ・・・ちょっと悲しい笑い)

いやいや、これはNLPのメルマガだった。
今の年令だからできる、ということに目を向けよう。(ちょっと無理やり)
あなたにとって、今の年令ならではの楽しみはどんなことでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 脳の正しい使い方
-----------------------------------------------------------------

■イメージ力
イメージするのが苦手だという方がいます。
「楽しかった事を思い出してみましょう。」
特に楽しいことを思い出すのはセミナーでよくやりますが、
思い出せないという方が結構います。

でも、そういった方の特性として、
嫌な思い出については、ビデオを見るような記憶力を持っています。
鮮やかに再現できて、相手の表情や声のトーン、言葉など正確に思い出せる。
ということは、イメージ力は充分にある証拠ですね。

つまりイメージ力を望むとおりに使えてないだけです。
NLPの創設者のリチャードバンドラーがいっています。
-----------------------------------------------------------------
出かける前にすばらしい休暇を思い描いていると
現地についてからがっかりします。
計画を立てていなければがっかりすることもありません。
計画万全であればそれだけ落胆の度合いも大きくなります。

「映画を見に行ったけど思い描いていたほど面白くなかった」
私には不思議でしょうがありません。
頭の中にそれほどよい映画があるのだったら、
どうしてわざわざ映画館へ出かけるのでしょう。

脳をなすがままにさせているからこんなことになるのです。
人々が脳の使い方の習得に費やす時間はわずかです。
自分の脳をより効率的に働かせる方法が
神経言語プログラミング(NLP)です。
-----------------------------------------------------------------

■選択的抽出

認知心理学で、「選択的抽出」というのがあります。
自分にとって解釈しやすいもの、特にマイナスのものを抜き出して
考えることをいいます。

日々の生活の中でうまくやれることもあれば失敗することもあります。
毎日数多い出来事が起こります。
その中から、うまくいったこと、感動したこと、成功した体験などに
目が行かず、失敗したものだけを抜き出してしまう。
そういったマイナスの部分だけを取り出して自分を評価すれば、
気分が沈んでしまうのは当然です。

そういえば、昔こんな部下がいました。
入社して半年ほどたった頃、社員の平均を上回る成績を出したんです。
周りの社員から誉められています。
「今月はよくやったなぁ!とうとうブレイクしたな!」
「いえ、たまたまですから」
こう言って謙遜する姿は良くありますよね。ところがこう続けたのです。

「今回売れたのは運が良くて、契約してくれたA様は
ちょうど必要性を感じていた時に私が当たっただけだし。
B様は、保険が満期になった時だったからお金に余裕があったし。
タイミングが良かっただけだし。本当の僕の実力じゃありませんから」

本人はいくら良くやったといわれても気が晴れない様子です。

私から見れば、人よりも熱心にお客様に話をしたり、
遅くまで残って資料整理したりの努力の結果、自己記録を更新した事実。
新人社員としては充分な成果をあげたという事実には目もくれない。

反対に彼は、自分の評価を低下させる事実にのみ捉われていたんです。

マイナスの部分をだけを抽出していたら、自己イメージが下がるだけです。
まさにこれは脳の使い方を間違ってる例です。

NLPでは、マイナスのイメージを打ち消す方法がたくさんあります。
嫌な思い出が何度も何度も自分を苦しめる、
そんな状況は一種の恐怖症ともいえますが、NLPではそれを分解します。

■サブモダリティーの調節

大まかには視覚(V)、聴覚(A)身体感覚(K)その他には味覚と嗅覚。
この五感を人間の感覚の代表ということで、
代表システム(モダリティー)といいます。


さらにそれらに細かな構成要素があり、それをサブモダリティーと呼びます。
視覚だと、色、大きさ、距離、位置、立体か平面かなど。
聴覚だと、音量、テンポ、位置など。
身体感覚だと、温度、重さ、強さ、大きさなど。

これらを調節していく方法はセラピーなどでも使われています。
「過去の書き換え」なんていうとスパイ映画の世界という感じですが、
こういったスキルを使うことで実現可能なのです。

いかがですか?脳の使い方を知れば知るほど面白いでしょう!

スキーの好きな人へ!
私もこれを使って体力の衰退に対する恐怖心を解消して、
弾丸スキーツアーに一緒にチャレンジしましょう。
弾丸の必要はないか。(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】  セールスNLP販売心理学セミナー
-----------------------------------------------------------------
◎開催日時 11月10日 (土) 10:00〜17:00(開場は15分前より)

◎場所 『川崎市民自治財団 総合自治会館』
・JR南武線・東急東横線・目黒線  武蔵小杉駅 徒歩7分
http://seminar-oneness.com/salesnlp.html

「あの時、あのセールスマンのこんなプロの技術で、
 あの商品を買わされちゃったんだ。なるほど・・・」
「セールスってこういう仕組みでされているんだ。科学だね!」
「調子がいい時、なんで自分が売れていたのか理屈が分かった!」

セールスをやったことない人にも、こんな発見があるかも?

※ホームページはずっと10月13日で表示されていました。
開催4日前に気づくとは残念無念。気がついた人は教えてね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  保証人になってくれ!
-----------------------------------------------------------------
昨日は、長年の友人からいきなりの電話。

「保証人になって欲しいんだ!」
「え?いや〜、保証人だけは松橋家の家訓で・・・」
「いや違うよ、実は結婚するんだよ。
結婚届なんだけどさ、保証人の欄があるから頼みたいんだけど」

「エー?付き合って3ヶ月くらいだよねぇ!そりゃおめでとう!で、いつ?」
「今福岡なんだけど、午後東京に帰るから今日中に籍入れようと思って!」
「エー!!!なに〜!」

夜10時ごろ待ち合わせし、結婚届を確認したところ、
書類上不明確なところが明らかになり、入籍は数日後に延期。
ですが、彼のテンションはめちゃ高くて、
喜びのオーラーのおすそ分けを頂戴しました。

彼いわく、私たち夫婦を見て、やっぱり結婚っていいなと思ったとのこと。
しっかり者の奥さんが要所要所の手綱を握ってるように見えるとか。
(実際は要所どころじゃありません)

私の実の妹は付き合って2週間、義理の妹は3ヶ月で結婚。
私の周りにはせっかちな人が多いものです。でも案外うまくいってます。

結婚生活13年目の先輩として教訓を授けてきました。
「結婚の極意はね、一に忍耐、二に忍耐、三、四なくて、五に我慢」

NLPを教えている者とは思えない私の教訓に彼は、
「そんなことないでしょ。(笑)二人を見てるとほんとにいい関係だよね。」
いやいや、ジョークじゃないって。
結構本気のアドバイスのつもりなんですけど・・。

「奥さんも講師だし、夫婦で自己啓発を仕事にしてるし」
ええ、だからなおさら大変なんですよ。口ゲンカでは「0勝10000敗」。

「でもわかる!付き合って3ヶ月だけど、彼女のおかげで、
オレもずいぶん我慢強くなったよ〜!人間的に成長できたよな〜。」
分かってもらえたけど微妙な気分。

素直で従順で聞き分けのいいコと結婚したいという方へ。
(特に成功トレーナーのA氏へ)
人間的に成長したいのなら、そういった女性は考え直したほうが・・・。
これ以上は言えませんが(笑)


rich23 at 13:47コメント(0)トラックバック(0) 

2007年10月16日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】    秋ですねぇ
-----------------------------------------------------------------
秋といえば、思い出すのは京都への旅行です。
南禅寺の鮮やかなもみじのじゅうたんが敷き詰められた風景が
思い起こされます。少しだけ肌寒い感じと、真っ赤なもみじの鮮やかさ、
シーズン終わったあとの、閑散としているほんのわずかなざわめき。

あなたの秋のVAKはなんでしょう?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 認知心理学
-----------------------------------------------------------------
今日は、NLPではないですが、NLPの元ネタにもなっている
認知心理学のご紹介。
高橋良斉氏の本からの抜粋です。

■認知とは?

認知とは物事の捉え方のことです。。

たとえば上司が職場で険しい表情をしていたとしましょう。
その表情を見てあなたの頭にはどのような考えが浮かぶでしょう
「私が何かミスしたために彼は怒っているのではないだろうか?」
これは上司の表情を怒っている表情であると捉えたわけです。

また浮かんだ考えが「何か部長から無理難題でも押し付けられて
困っているのだろうか?」
というものであった場合、その表情を困っている表情と
捉えたことになります。

そのときに、上司の前でどのように振舞うのか、その判断、行動に
最も大きな影響を与えるのは、実は上司の険しい顔ではありません。
その険しい顔をどのように捉えたのかということなのです。

肉汁たっぷりのステーキも、空腹のときにはご馳走に見えます。
しかし、胃腸の調子側憂いときなら油っぽくて避けるべき食べ物にみえます。

ものごとのとらえかたは、それに対して意味をつけるという行為です。
これを認知と言います。

■認知のゆがみ
1. 過度の一般化
たった一つの出来事からえら得た結論を、他のすべてのものに
当てはめてしまうこと。

例)期限まで報告書を仕上げることが出来ませんでした。
それは事実でしょう。
しかし、二度と今後期限までに仕上げられないということの
根拠にはなりません。

にもかかわらず一度の失敗から、
「自分は二度と成功することは出来ないだろう」とか、
悪意を持つ人が一人いるからといって
「みんな悪意を持っているに違いない」などと決め付けてしまう。


2. すべし思考
「私は〜しなければならない」という考えです。

ある精神科医は患者のすべての要望にこたえようと意気込みました。
しかし、うまくいかず疲弊し、とうとう患者の顔を見たり、名前を
聴くだけでも動機がするようになりました。

3. 二分割思考(完全主義) オールオアナッシング
100点満点以外はたとえ90点でも点に等しい。という考え方。

健全な自尊心を持つ人は、うまくいかなかった経験を
次に生かすことが出来ます。

しかし二分割思考に捉われている人は、
それまでの経過や努力を「まったく無である」、「意味が無い」
としか考えられない。

完全主義には二つのタイプがあります。

一つは「完全な結果を求めることは不可能である」ということを承知の上で
少しでも近づこうというタイプ。イチローなどはその例です。
完全な結果が得られないからといって自暴自棄にはなりません。

二つ目は、世の中に本当の完全があると信じ込み、
それを得られない限りは自分の努力は水泡に帰すると
考えるタイプの完全主義者。

100%というものが確かに存在し、
自分は100%を手に入れることが出来ると信じている。
それを手に入れることが出来ないとしたら、存在価値が無い、
生きている意味がないとまで考える。

-----------------------------------------------------------------

タイトルはちょっとディープで、
「『うつ』と上手に付き合う心理学」

『うつ』というと、誰しもなることがあると言われます。
病院に行って、落ち込むんですというとほとんど『うつ』と
診断されるとも聞いたことがあります。

落ち込んでいるときには、一般化、すべき思考、ニ分割思考に
なっていないかどうか、セルフチェックが大事です。

大事なのは自分がどんな考え方を選択しているのか、気がつくことです。

自分の枠の中だけだと分からない場合、誰かに聞いてもらうことが必要です。

認知のパターンを見つけたら、次はNLPのスキルの出番です。
それはまた今後。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】  コミュニケーションNLP一日徹底講座
-----------------------------------------------------------------
翌日からすぐに使える!
コミュニケーションの達人の秘密を徹底マスター!

◎日時  10月28日(日)10:00〜17:00(開場は15分前より)
◎定員  15名
◎場所  『川崎市民自治財団 総合自治会館』
今回は神奈川県にお住まいの方のリクエストが多かったので、
武蔵小杉駅でやります。神奈川県の方は特にお待ちしています。

◎内容  
・NLPを対人関係に使うには?
・相手の考えを見抜くスキル
・なぜか誰でも気に入られるテクニック徹底マスター
・質問スキルでコミュニケーションの疎通を解消
・常にベストの自分になるアンカーリング
・マイナスの信念を消し去るビリーフチェンジ
・最高の自分を再現するサークルオブエクセレンス
 etc

営業で実際に試して効果的だったスキルをまとめてご紹介!
ワークを徹底的に行ないますので、知識だけ得たいという方には向きません。
翌日からすぐに使えるワークが満載!

気になるようでしたらクリックしてみましょう
⇒http://seminar-oneness.com/

※再参加の方は4000円です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  カラオケ
-----------------------------------------------------------------
13日(土)は、『セールスNLP販売心理学セミナー』でした。
わざわざ京都からおいでいただいたり、会場まで二時間近くかかる方など、
おいでいただいた方、みなさん本当にありがとうございました。

セミナー後の懇親会でも盛り上がり楽しかったのですが、
さらにその後、スタッフでカラオケにいったんですよ。
みんな歌うまかったねぇ。

えっ?松橋はどうなのって?
私はギタリスト出身ですから、ハードなシャウト系が好きなんですよ。

でも、「うまい」と言われることはなく、
「よくそんな高い声出るね〜」「おもしろいね〜」

こうしか言われないのはなぜだろう・・・?

by ソプラノロック歌手



rich23 at 03:52コメント(0)トラックバック(2) 

2007年03月09日

■病気
何かの理由で自分自身に対する期待感が満足させられない場合があります。
売り上げが上がらない、マネージメントがうまくいかないなど。
その場合、最も自分の失敗を正当化できる方法が「病気になる」ということ。
そして自分にこんなふうに言い聞かせる。

「あれができなかったのも無理はないよ。
思い返せばあの頃何か体調が変だった。
でもやることが多すぎて、
そんなことを気にしていられる状態じゃなかった。」

でも自分は物事をきちんとできない人間だ
という低い自己イメージを持っている人は、そうはならない。
自分の内なる資源を探そうという気にさえならない。

つまり、自分は何でもこなせると考えている人、
上手にうまくやれる人間だ、
手がけたことは何でも達成できる内なる力を持っている、
そんな高い自己イメージを持っている人が病気になりやすい。
というよりも病気を作りやすい。
なぜなら自分と周りが最も納得する究極の方法のようです。

病気に関して言えば、最も理想的な自己イメージとは、
・やる気と能力を十分に発揮できる
・突発的なことにも対応できる内なる資源を持っている

こんな人は過大な期待へのストレスを感じることもない。
逆にあるいは期待されないからといってストレスになることもない。
(私は、期待されていないと結構ストレスでした)

一番のポイントは、必要なときには外部に、
なにも抵抗なく助けを求めることができること。
助けを得るのは無能の証拠、という信念は体を痛めつけます。

■完全
自分に対して「完全であるべきだ。」
この信念を持つことは、いばらの道を歩くようなもの。
ブライアン・トレーシーの言葉を借りると、
目の前に高速道路の入り口があるのに、
わざわざ一般道を走るようなもの。
自分は完全であるべき、という執着を捨てること。

10年以上前に勤めていた会社の先輩がこんなことを言っていた。
「胃を壊して血を吐いて、一人前の営業だ!」

そういえば、営業部長はしょっちゅう胃薬を飲んでいた。

他にも思い出したが、退職後聞いた話だと、
正月三が日以外は休んだことがないのが自慢だったある支店長は、
癌で倒れて、数ヶ月で亡くなった。

体のサインは何かのメッセージ。
あなたには、「リラックスしていいんだよ」
というお知らせを聞き逃さないで欲しいです。

責任感が強い人は、少しくらいリラックスしていいと
自分を許してください。

体の不調はライフスタイルについて考えるチャンスを与えてくれているのだから。

■NLP質問
今体のメッセージをは何か感じていますか?
もしあるとしたら、それはどんなメッセージだと思いますか?

rich23 at 01:28コメント(0)トラックバック(0) 

2007年03月08日

■恐怖症の治療を応用

飛行機などの恐怖症には逆行旅行という催眠療法のテクニックがあります。

飛行機に乗るのが怖い患者に、逆行してイメージを促していきます。

〔技にフライトが終わった時点
目的地について幸せに浸っている。
観光地で驚きと喜びの声。
友人を訪ねたり、いっぱいやりながらくつろいでいる。

空港に到着
着陸したばかりで、スムーズなフライトで喜んでいる自分。

フライトの4分の3の時点
映画を楽しんでいる。

っ羇崔賄
食事をしながら会話を楽しんでいる。

ィ簡の1時点
スチュワーデスがやってきて乗り心地を気にかけてくれる
雑誌や飲み物をサービスしてくれている。

ξノ時
この準備のために催眠誘導をここまでやってきたといってもいい。
離陸の瞬間をイメージ誘導する。


このテクニックは、実はさまざまなことに応用できます。
セールスでもっとも障害になるのは断られる恐怖。
特に見込み客発見の段階で、多くのNOをもらうが、
やっているうちに、なにか無駄なことをしているように思う。

「断われるのなんか慣れてるさ」
ベテランの皆さんはそう感じるのかもしれないが、
仕事量が減る原因は、無意識レベルでのこの恐怖が大きい。

そこでこのイメージワークを営業向けに改造しましょう。

■営業が好きになるイメージワーク

ゝ詢粗のコミッションをイメージ
締め日の目標達成をイメージ
C羇嵬槁乎成をイメージ
で蕊文紊里客様の喜びの状態をイメージ
シ戚鷸をイメージ
Δ客様にプレゼンする前をイメージ
Д▲殕縮鷸をイメージ
┘▲櫃鮖呂瓩襪箸をイメージ

私のセミナーではさらにこれを細かくイメージ誘導して、成功のパターンを潜在意識に刻み込んでいきます。

催眠誘導・イメージ誘導は、やけどや麻酔無しの外科手術など、痛みをなくしたり、弱めたりするのに有効なくらいです。営業の苦手意識やモチベーションのダウンに聞かないはずがないのです。
実は、調子が悪いときは、無意識にマイナスの催眠誘導を自分でしています。
意識で何とかしようとがんばるより、もっと無意識にうまく働くやり方を試していきましょう。

■NLP質問
あなたは苦手なものはありますか?
得られる結果から逆算してプラスのイメージをしていますか?

rich23 at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 

2007年02月16日

■6段階リフレーミング
タバコをやめたい、喫煙の習慣を改善したい、というパターンで考えてみましょう。
1.問題の行動を特定する
「私は、禁煙したいができない」

2.この行動をさせてしまう「パート」とつながる
自分の内面に入り質問する。
「この行動をさせている私の『パート』は、意識の領域に来て私をつながってくれますか?」

どんな内的反応があるか観察する。
感覚、イメージ、音に注目する。

そしてそのパートに頼む。
「もし答えがYESなら、明るさや音量や強度を上げてください。もし、NOならそれを下げてください。」

3.その肯定的な意図を見つける
内面にたずねる。
「喫煙という行動をさせることによって肯定的なことをしようとしています。何をさせようとしているのか、意識の領域に来て私に教えてくれますか?」
静かに待つ。
教えてもいいというYESが返ってきたら問いかける。

「この行動をさせることは肯定的な意図がありますか?」

答えを待つ。
『ゆったりとした時間をもつように守っている』
『張り詰めてパンクしないように防いでくれている』
『喫煙者との雑談の中でつながりを感じていたい』
このように、いくつか答えてくれるかもしれません。

改めて内面にたずねる。
「私はこの意図を好ましく思っているだろうか?
私はこういう働きをするパートを持っていたいと感じているだろうか?
もし肯定的な意図を達成するのに、この行動と同じかそれ以上に効果が上げられる方法が他にあるなら、あなたはそれを試してくれますか?」

NOという返事が返ってきたらたずねる。
「たとえ今は示されていなくても、あなたの無意識には、あなたにとって肯定的な目的があると信じてくれますか?」

4.創造的なパートにアクセスする
新しい考えを持って浮かび上がってきたパートがいるがそのパートに気づいているか?
望ましくない喫煙という行動を取らせているパートは自分の『守ってあげている』という肯定的な意図を創造的なパートに快く伝えてくれるだろうか?
YESの返事がきたら創造的なパートに頼んで、その肯定的な意図を使って望ましくない行動より有用で、もっと価値のある行動を新たに3つ作成してもらう。
その新しい選択肢を、望ましくない行動を取らせているパートに伝えてもらう。

○新たな選択肢の例
・緊張をほぐすために、席を離れて静かな場所に行く。
・雑談をする時間を作る
・トイレの個室で瞑想をする
など、肯定的な意図を満たす行動が、創造的なパートから出てくるようお願いする。

5.そのパートにゆだねる
「古い行動を作動させていたパートは、今この3つの新しい行動の中から状況にふさわしいひとつを快く選んで使うのだろうか?」とたずねる。
新しい選択をする手がかりを無意識の心に特定してもらう。

無意識の心が自ら感じているものを十分に体験して、新しく選択した行動をその状況の中で無理なく自動的に起こせるようにする。

6・エコロジーチェック
3つの新しい選択肢の中からひとつ選ぶことに反対しているパートはいるか?
完全に連携しているか?

■連携
このように自分の内なる声と対話するのですが、内なる声は一人だけではないのです。
それをパートと呼びますが、小さいころから自分を傷つかないように守っている古いパート。
創造的なパート。
新たな選択肢に反対する別なパート。
いろんなパートが存在しています。
それらがしっかり連携していくようにしていく作業が6段階リフレーミングです。

この作業などは特にワークをしないと理屈だけではわからない部分ですが、ぜひ一度試してみてください。
たとえば、仕事でいやな部分、逃げてしまう部分などで試してみるといいでしょう。

■NLP質問
すべては肯定的な意図から行われています。
パートにたずねましょう。
「あなたはその行動をさせることで、私にとってどんな役に立ってくれているのですか?」

rich23 at 03:08コメント(0)トラックバック(0) 

2007年01月12日

ヤンキースの松井秀喜選手と、キングカズこと三浦知良選手の対談を見ました。
カズが「還暦まで現役でいたい。ワールドカップに出たい」といった言葉が印象的でした。
サッカーの常識的でいったら、40歳でやれている人は皆無。
カズといえばJリーグ発足後、スーパースターとして脚光を浴びていた人。
その経験があるのにもかかわらず、J2という今までとは天と地ほど違う扱いも受け入れて、
現役にこだわり続けて、今もベストを尽くしているところはすばらしいです。

過去すばらしい成績で脚光を浴びたけど、今沈んでいる・・・
そんな人は世の中にたくさんいると思います。
過去にこだわらず、やりたいことにこだわる彼に見習うところがありそうです。


■考えるということ

よく、お客さんの言い訳で、「しばらく考える」という言葉があります。
あなた自身も結論を出す出さないで迷ったときによく使うかもしれません。
「よく考えてからにしよう」

最高の人生を送るために必要なものは、「自分を見つめる時間だ」ともよく言います。
つまり、自分のことをいろいろ考える作業ですね。

何かうまくいかなかったときに、いろいろと考えますね。


この「考える」というのはどういうことでしょうか?

あなたは「考える」ということをどう定義しますか?

辞書を引くとこう書いています。

「大辞泉」
かんが・える【考える・勘える】
知識や経験などに基づいて、筋道を立てて頭を働かせる。判断する。結論を導き出す。


■NLP的に「考える」とは?

NLPコーチング的にいうと、「考える」とはどういうことでしょうか?
それはどんな質問をするのか?
そしてそれにどう答えるのか?

この二つに過ぎないという解釈です。

決断に迷ったときはこんな質問を問いかけます。

こちらの方法を選んだらうまくいくだろうか?
その時に、もしうまくいかなかったらどうなるのか?
その結果は受け入れられる範囲だろうか?
・・・どうしよう・・・。

ここで重要なのは、どんな質問を投げかけているか?

NLPで、二種類の質問の仕方があります。
「問題誘導」と「解決誘導」です。

部下に失敗したときに、上司がどんな質問をするのかの例です。

〔簑衢尭
何が悪かったの?
問題は何なの?
なぜこんな問題がおきたの?
どのように失敗したの?
なぜそんな事をやったの?

どうでしょう?こんな質問をよくもらいますね。
そうです!あまり建設的で先につながる話にはならないですよね。

でも、案外こんな質問を私たちは、無意識に自分自身にしてしまっているかもしれません。

「何でこんなことをしてしまったんだ」
「なんで俺は売れないんだろう?」

解決誘導
次回は具体的にどういう結果を目指しますか?
その結果を得るには何をすればいい?
今回のことで学んだことは何?


このように、上司に問い詰められたときに、どうすれば成功するか?
ここにフォーカスされたらどうでしょう?

すべてが学びに変わりそうですね。
同じように、自分自身に未来にフォーカスした質問を投げかけることが重要です。

人生は質問の質で変わります。
あなたは、「考える」という行動をしているときに、
どちらの質問をしているのでしょう?

しっかりとチェックしていきましょう。

rich23 at 01:31コメント(1)トラックバック(0) 

2006年08月29日

人間いろんな分類の方法があります。

男脳と女脳。
コーチングでいう4パターン。
NLPのVAKの3パターン

■男と女
今から10年以上前、ジョングレイの「ベストパートナーになるために」という本を、結婚してまもなくのころ読んだときには、ハンマーで殴られたくらい、いや、出社したら会社がなくなってたくらいの衝撃だった。(どちらも経験ありませんが・・・)

これを読んだ時、夫婦間の謎が解けた気分だった。

当時こんなことがよくあった。
私はなぜか、そんなに熱烈な興味があるわけでもないのに、
野球をずっと見てたり、新聞を眺めてる。
(読むとはいわない)

そうしながら、彼女の話を聞いてるとこうなる。
「野球と私のどっちが大事なの!!」

しっかりと聴きながら、
「じゃあ、相手には今度こう言ってやれよ!」
「だったら仕事やめていいぞ!」
と具体的にアドバイスするとこういわれる。

「そういうことじゃないのよ!」

「えっ?じゃあどういうことだよ?」

「もういいわよ!もう寝る!」

「???」

意味がわからない。
せっかく解決に向けて、丁寧にアドヴァイスしてあげたのに・・・

こんなコミュニケーションの不具合は、男と女の脳の違いだというのだ。


悩みを抱えたとき、女はしゃべる。
その際に、受け取ってもらってるかどうかとても重要。
答えは自分の中にあり、その確認のために聴いてもらうのが大事で、その会話で解決を実は望んでないというのだ。

男の場合だと、それはありえない。
まるで穴ぐらに入った熊のように自分の世界に閉じこもり、決して相談しない。
相談する時は、よっぽど解決したくて困ったとき。
悩みを打ち明けるのは自分より格上と認めた人のみで、人に相談するということは、自分に能力が無いと白旗を出すようなものだ。特に仕事に関しては、
妻に相談するということは、基本的にプライドが許さない。

この違いを学び、そしてNLPを学んでから、こういったトラブルは無くなった。

ただ話しを聴いてもらいたいのか、あるいは本当に解決したいのか見極めてからアドヴァイスしないと、女性の部下と接する場合は、危険ですよ。

相手の地図(NLPでは相手の概念などを地図という)を理解してから悩み相談やアドバイスしたほうがより効果的ですね。









rich23 at 00:55コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月11日

■気づき
今日はOFFなので、車で妻を駅まで送った帰り、スーパーに立ち寄って昼ごはんを買っているときに思いついた。
「どうせなら外で食べよう!」
おいしい空気を吸いに、奥多摩へさっそく向かった。
向かっているときに、都内に住んでる父から晩飯の誘いが入る。
半年くらい会っていないので、夜会うことにした。

二時間かけてついたものの、あんまり時間の余裕のない森林浴になったが、リフレッシュできた。
エネルギーが落ちてきたなという時は山へ行く。
逆にイライラなどを抑えたい時には海に行く。

これは気の先生から聞いたんだけど、気力が落ちているときに海へ行くと逆効果。
反対に怒りのエネルギーが高まっているときに、山で気を高めるとこれも逆効果らしい。
リフレッシュ先も自分の状態に合わせるのが良いようです。

■ロジカルレベル
NLPと言うタイトルを使用しているが、最近は全くそのスキルを紹介していないので、「ロジカルレベル」という考え方を売れなくて困っている人の例で紹介します。
続きを読む

rich23 at 00:44コメント(0)トラックバック(0) 

2005年04月30日

■今日の気づき
突然夏がやってきたみたい。
夜は寒くてコートが必要だった先週が嘘のよう。
新卒で入った新人も、アポを取って結果を出してきた。
希望と不安の中でスタートしてから、緊張のひと月だったと思う。
慣れるまでもう少しかかるかもしれないけど、がんばってください。

■仕事の選び方

私自身は、社会人デビューして二ヶ月たったとき、いわゆる五月病のかかっていたと思う。
軽いうつ病みたいな状態だった。

初めての仕事は、有名な新聞社の子会社で、キヨスクなどに新聞雑誌を納入している会社での事務だった。

後にも先にも朝から帰社まで座りっぱなしの事務の仕事は、ここでの二年間だけ。

毎日ちょー単調な仕事だった。

販売店から上がってくる返品伝票は全てなぐり書きなので、見やすいようにマジックでなぞる。
そして伝票の枚数を数える。
規定の用紙に数を記入する。

これだけ。

毎日毎日これだけ。
続きを読む

rich23 at 03:00コメント(0)トラックバック(0) 

2005年03月26日

サッカーワールドカップ予選で、日本対イラン。
残念ながら負けてしまった。中田、小野、俊輔、のすばらしい技を期待したけどイランのディフェンスは固かった。
最後に監督、宮本、福西のインタビューがあった。
それぞれが「負けたことは切り替えて次にいく」といっていた。

営業も、うまくいかなかったことをいかに切り替えるかがスランプ防止のコツだと思う。

今日、1000件以上たまったメールの整理をして精神的にすっきり。
きれいにすることが魂の浄化につながるとか何とか言うけど、パソコンも同じだね。

■掃除

スランプはやはり定期的に襲ってくる。
売れてる時は、こんな感じ。
「もう、コツをつかんだぞ!もうこれくらいの数字は寝てても売れるよ!」

こういったが最後、翌月から寝てても売れるどころか、寝る暇がないくらいやってるのにさっぱり売れない・・・なんてことがよくあった。
この場合、過信や傲慢さが原因。

こんなときに良くやったのが掃除。机の中、家の中、ファイルの中、車の中。
とにかくすみから隅まで掃除しまくる。
宗教ではとても掃除を大事な修行の一部として考えられているけど、心理学的にいっても効果がある。
意識ではなんとも思っていないことでも、無意識レベルで心のゴミを溜めていることがある。パソコンでいえば、不要ファイルやバグがたまっていて、パソコン本来の機能が作動しない状態。本来のスピードが出ず、遅くなるというのと同じ。

なんだか体が動かない、やる気があがらない、トークが乗らない、なんて状態。
意識が低くなっているとは思わないけど、気合が入らない。これは、心の中にゴミがたまっているのかもしれない。

よくお金持ちの家に行くんだけど、共通点がある。
とにかくきれいに整理整頓してある。
これをセミナーで話したときこう意見した人がいた。
「お金があるから収納スペースが広いとか、もったいない、なんて考えずに捨てられるからでしょう!」

でも多くのお金持ちは、お金がなかったときからきちんとしていたそうだ。
違いは何か?
紙1枚、一冊の本、、服一枚、結局一つ一つのことに対して、捨てるか保管するかの決断力があるということ。

「これはとりあえず置いておこう」
「後で暇があったら考えよう」

これがお金持ちから遠ざかる習慣だ。紙一枚にしても決断が必要。
必要か捨てるべきか?必要な場合、どうやって保管すべきか?
この積み重ねが大きな違いを生む。

成功哲学で成功しない習慣の一つに『優柔不断』がよくいわれる。
様々な人が決断力の重要性を言う。
それは、大きな決断に限らず、普段の生活で言えること。
毎日が修行という宗教が多いが、まさにその通りかもしれない。
  
営業をやっている人なら体験しているはず。
デキる人は決めるのが早い。決断力がある。
先延ばししてうやむやにしようという人ほど、リーダーシップが今一歩だったりする。
社会的にうまくいっている人は「欲しいけど、しばらく時間かけて考えてから」とはいわない。
今決めればいいことを時間をかけるということは、人生の中でのゴミファイルを増やすだけだ、ということを知っているから。

まずは、あなたも心のファイル整理をしよう。
スランプに感じたら、とにかく掃除。整理整頓しましょう。
いらないものをどんどん捨てることが大事。
やりたいけどやっていないことをリストアップしよう。
そしていつまでやるのか決めよう。
人生は時間でできているのだから。

また改めて。

セールス・自己啓発・心理学についての質問をどんどんください。
ブログでお答えしていきます。

oneness自己開発協会
代表東郷ヨシキ
oneness@age.to




rich23 at 01:24コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ