コミュニケーション

2008年12月11日

今回はメルマガで送った文章を膨らましたものを書きたいと思います。

ノーベル賞のニュースに合わせて、マザーテレサのノーベル賞受賞を、
「その時歴史は動いた」で放映していました。

彼女は大きなシステムで援助するのではなく、
あくまで一人一人とのつながりの中で愛を伝えるのが
重要だと言っていました。

死を前にした人でも最後は愛されていることを感じて欲しいと彼女は言います。

見ていて、彼女の言う「愛」ってなんだろう?と考えました。

マザーテレサは思いやりのある言葉をかけたり、手を握ったりして、
たくさんの人に接していました。

相手の存在価値を認めることが「愛」だとしたら、
やはり相手の話をじっくり聞いてあげるというのも、
「あなたは価値ある存在だ」というメッセージを
伝える大きな手段だと思います。

「聞き方のルール」の初稿を校正し終えましたが、
この本で一番伝えたいことは、次のようなことかなぁと感じます。


いろいろ励ましたり教えてあげるのもいいでしょう。
それに比べて、聞くのは簡単なようで、案外難しいのです。

しかし聞き方の技術を身につけて「聴く」ことで、
「あなたは価値ある存在なんですよ」というメッセージが
深いレベルで相手に伝わります。

「あのね〜、それでね〜」
よく、母親が子供の話を楽しそうに聞いて入る微笑ましい姿を見かけます。
親が愛情を伝えるひとコマです。

カウンセリングをしていると、親が自分のことを受け入れてくれなかったということがトラウマになっている方が多くいらっしゃいます。

秋葉原の悲惨な事件は、社内では全く話せる人がなく、ネットでも批判され、見返してやる!と凶行に及んだとニュースで見ました。
もし彼に、きちんと話を聞いてくれる、受け取ってくれる人がいたなら、あのような事件は起きなかったでしょう。

何でも話せる友人の重要性はいまさらながら言うこともありませんが、自分の話を聞いてくれる存在というのは、自分の価値を認めてくれることと同義語と思います。

大それたことをしなくても、しっかり聴くことで、人は救われます。
それにはある程度の技術が要ります。
このことを、改めて多くの人へ伝えていきたいと、出版を目の前にして改めて思います。

出版まで一ヶ月を切りました。みなさん応援よろしくお願いします。

rich23 at 09:41コメント(0)トラックバック(0) 

2007年12月03日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【ごあいさつ】    試験うけました
-----------------------------------------------------------------
昨日は心理療法士の認定講座最終日で、
久しぶりの試験というものを受けました!
なんか自動車免許試験みたいな認定試験でした。

引っかけ問題が多くて、「う〜ん」と唸りながら何とか終了。
例えば、確かこんなのがありました。

「心の本質的欲求は慈愛願望欲求・自己信頼欲求・自愛欲求の3つあり、
どれか一つだけでも満たすことが必要である」

そりゃそうだと○をつけて、よく考えると
「確か全部満たさないとダメなんじゃないか」と思いなおし、×に変更。

試験が終わって改めて分厚い本を調べたら、
ひとつだけでは成り立たないと書いてある。
講義ではそんなこと言ってなかったよな。

講師の大学教授も
「私も実際に受けたら、一問間違っちゃったよ〜ハハハ(笑)」

「ハハハ」って、先生、自分で作っておいてそりゃないでしょ・・・。

あとは二週間後の発表が楽しみです。
落ちた場合は追試制度もあるというし…。

いやいや、受かる!・・・たぶん・・・・きっと・・・。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 自己主張のスキル
-----------------------------------------------------------------
■アサーション
この心理療法士コースで、アサーション技術もカリキュラムにありました。
コミュニケーションNLPメルマガなので、一部紹介しましょう。

アサーションとは何か?
講座ではちょっと難しく定義してました。
「その場にあった自分の気持ちを意識でき、
自分も相手も尊重しながら、それを上手に自己表現できる技能」

まあ、アサーションとは、簡単にいえば「自己表現」という意味です。
人間関係の問題の多くは、どちらか一方か、あるいは両方が、
気持ちを抑えつけていることから始まります。
あきらめとか誤解が発生するのも、
感情を出さないことから起きていきます。

ただし、その自分の気持ちを、自分自身がわかってない場合も多いのです。
「こんなことで感情を左右される自分じゃない」

このようにして不快感を感じているのに自分で素直に受け入れないと、
他の歪んだ行動に形を変えて現れたりします。

■感情を伝えることの大事さ

20代前半で独身の頃のことです。
友人2人が私の自宅に泊まりに来て、深夜まで飲み会。
翌日昼過ぎに起きて、覚えたばかりの料理をふるまいました。
(と言っても卵焼きとトーストと?だったかな)

そしたら、友人の一人はまずそうに食べて、感想を言わないんです。
で、それに対してムカついた私は、
「こんなことで怒るなんて大人げない」
とブレーキをかけました。

するとどうなったかというと、他のことでも腹が立つのです。
そのあと友人が何か言うたびに突っかかる自分がいました。
それに気づいて素直に
「さっきせっかく作ったのにまずそうに食べてないで、
感想ぐらい言ってほしいよな!」
「あ〜、実は二日酔いで具合悪いって言うのも情けないんでさ〜」

この事件(?)で感情を抑えることが、大きな溝を作ることが多いと学びました。
(ご飯を作ってもらったら必ず感想を言う!
というのも学びましたが、実践を忘れて怒られてます。笑)

たとえば、あなたは頼まれごとを自分の気持ちを重視しながら、
引き受けるか断るかを決めることができますか?

自分の思っていることを率直に言うのは、
失礼にあたる、
子供っぽい、
反感を買って不利な立場になる、
このように感じていませんか?

■自己主張の3原則
アサーションの3原則というのがあります。

ひとつは率直さ。
本当の気持ちを感情的にならず上手に表現することです。

「自分が満足するように生きていいんだよ」
子供のころ、こういった無条件の愛で包まれる実感や、
メッセージを親から受け取ってこなかったことが、
自己主張することにブレーキをかけています。

ふたつめは、誠実さ。
特に日本人は、相手の感情に誠実であろうとしますが、
自分の感情には誠実でないといわれています。

最後に粘り強さ。
過去に無力体験があると、NOといわれるとあきらめて自分を抑え、
結論を相手にゆだねてしまう傾向があります。

この3原則を念頭に置いて、アサーティブなコミュニケーションをするには、
6つのポイントがありますが、一つだけご紹介。

■相手に話すときは「I(アイ)メッセージ」

自分の意見を言うときには二つの方法があります。
上司が部下に話しています。

「お前は何で時間を守らないんだ!」

これはYOUメッセージと言います。
もし言われたら、どんな気持ちがしますか?
主語を「あなた」にした場合、相手を傷つけるだけになります。
そこで、主語は「私」表現にしましょう。

「私は〜したい、してほしい、だとうれしい、助かる」
これをI(アイ)・メッセージといいます。

「私は、お前が時間を守ってくれるとうれしいな」
ずいぶん印象が変わります。
あくまで自分の要求を、明確に伝えているだけになりますから。

人を動かすのがうまい人を観察してみてください。
間違いなくアイ・メッセージが多いはずですよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】  幸せって?
-----------------------------------------------------------------
最近「編集後記」というネーミングをやめようかと思っています。

なぜって?
そりゃヨメネタばかり反響があるから「ヨメネタコーナー」としようかと。
このメルマガは、編集後記にかかる時間がほとんどだし。
というよりも、「本文をそれにしてよ」などという不埒な輩も(笑)

ヨメからは、「私の講師としてのイメージが落ちるので止めて」
と禁止命令が出ましたが、読者のニーズには答えないとね。(笑)

最近は寒くなったので、ネコがヨメと一緒に寝ることが多くなり、
それが「とっても幸せ〜」と言っております。
「ごはんがおいしくて幸せ」
「こうやって〜やれて幸せ」

それを聞くたびに、
「いいなあ〜、そんなんで幸せだって思えないよな」
「え〜、あなた!幸せじゃないの!」
「あー、え〜、不幸ではないけどなぁ・・・・」、
 
こんなやり取りがよくありましたが、その理由が今回の学びでわかりました。

どうやら私は気質分析の結果、「報酬不全の遺伝子」タイプが強い。
つまり、どんなに報酬を得ても喜びを感じにくい、
満足を知らないという人生になる気質が強いというのです。

先生いわく、「このタイプは満足するということを一生あきらめて下さい」
そんな断言をされちゃいました・・・とほほ。

ヨメは疲れた時、ネコをなでながらつぶやくことがあります。
「ネコはいいなぁ〜・・・・」

私もこれからつぶやこうと思います。
「ヨメはいいなぁ〜、簡単に幸せになれて。」



rich23 at 21:27コメント(0)トラックバック(0) 

2007年07月24日

2007年7月20日号 コミュニケーションNLP心理学メールマガジン
       http://www.nlp-oneness.com
 ★自己啓発会社の元社員がこっそりと教える
  NLPコンサルタントのコミュニケーション達人への道★    
┏──────────────────────────────────
┃目次‖【ごあいさつ   】  ワクワク願望設定セミナー
┃   ‖【メインコンテンツ】  ゴール設定第4段階&メタモデル
┃   ‖【お勧めの本】    『「ライフワーク」で豊かに生きる』本田健
┃  ‖【セミナーのお知らせ】 7月28日体験セミナー
┃  ‖【編集後記】      誕生日のお祝い
┃   ‖ 発行:NLPコンサルタント  ワンネス協会代表 松橋良紀
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

■『人生の質は、コミュニケーションの質そのものだ』アンソニーロビンズ

コミュニケーションのスキルを知ることは、
人生の達人へのスキルを学ぶことと同じです。
NLPを中心にした心理学・セラピー・成功哲学・精神世界などの成功技術を、
自己啓発会社の元社員であり、セールスのベテランがこっそり明かします。

------------------------------------------------------------
この一週間は記録的な台風が過ぎ去ったと思ったら、大地震がありました。
先週土曜日のTVで、新潟中越地震の被災地で仮設住宅に住んでいる町を、
SMAPの香取慎吾さんが慰問する番組を見ました。
ちょうどこの番組の翌々日に、また同じ地域が被災したようで残念です。

ちなみに取材した地域では風評被害で、観光客が激減とのこと。
風評被害といっても、食べ物が悪いとかではなく
「まだまだ苦しんでいる人がいるのに観光で訪れるのは忍びない」とのこと。

慰問した町では、高校の女子ソフトボール部が町の希望の星だそうで、
香取さんはとても部員が明るくて元気で、逆に力をもらえたようです。

印象的だったのは、女の子達がスーパースターが来てくれたことに
とても感動・感激していてこぼれるような素晴らしい笑顔!
人がこれだけ、人を喜ばせることが出来るんだなーと
その場面を見ているうちに涙が出そうになりました。
とにかくとても嬉しそうな彼女達を見ていて、感動でした。

香取さんのようなスーパースターの存在だから、
これだけの喜びを与えられることはもちろんですが、
有名人じゃない私はどうしたら人に喜んでもらえるかな〜?と考えると・・・。

やはり
セミナーやコーチングを通して、笑顔が溢れる人生のきっかけを提供する!
今はこのことをベストを尽くしてやっていきたいと思います。

みなさんは、どのような形で人に喜んで欲しいですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【メインコンテンツ】 ゴール設定第4段階&メタモデル
----------------------------------------------------------------------

前回まで紹介した内容の復習です。
第一段階 手に入れたい結果は?
第二段階 そのために何をしますか?
第三段階 具体的にはどういう結果になりますか?

それでは続きです。

ぢ荵傭奮 
「それが手に入ったとき、どのようにしてわかりますか?」

例として、
「前向きになりたい・積極的になりたい」

コーチングや個人セッションのときに、
こういった目標をおっしゃる方がいます。
しかし達成した証拠が明確でないものは、
目標として設定することはむずかしいのです。

『どうなったら、前向き・積極的になったといえるのか?』

その部分を明確にする必要があります。

私はこの場合、こういった質問を投げかけます。

「なぜ消極的だと思いますか?
 どんな時に消極的だと感じますか?」

すると
「会議で発言が出来ないから・あいさつが苦手・人にいつも意見を言えない、
だから消極的なんです。」
「家族にも意見を言えないのですか?」
「いえ、上司に言えないんです。」
「ではいつもではないんですね。
『会議で発言する』『あいさつを自分からする』『上司に意見を言ってみる』
コレが出来たら積極的になったといえますか?」


このように、特定の行動が出来たら積極的だ!
という定義を明確にします。

NLPでは「メタモデル」という、
話の内容を正確にする質問のスキルがあります。

「一般化」といって、数回の体験をついつい
『いつもやってる』と無意識にしがちです。

例として『日本人っていうのはおとなしい』
日本人が100人いたら100人ともおとなしいかというと、
そうではありませんよね。

同じように、自己イメージも数回の失敗なのに、
『いつも自分は消極的だ』

このように一般化しがちです。
どんなことが出来たら目標達成したのか、
その証拠をハッキリさせておきましょう。

※あなたの目標達成の証拠は何ですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【オススメの本】 『「ライフワーク」で豊かに生きる』 本田健
----------------------------------------------------------------------
日本の自己啓発本の著者といえば、本田健さんが有名です。
彼の幸せな小金持ちシリーズの第3弾で、
「転職の見つけ方」というサブタイトルが付いています。

数ヶ月前に、心理学講座でばったり元同僚に会いました。
その時に、「何をしたいのかわからないんですよ」
その言葉がきっかけとなって、7月14日に「夢を見つける願望設定セミナー」
の開催となりました。

その時の参考図書が「ソース」という本と、この「ライフワーク・・」です。
10年以上前に「ソース」を読んでから自分の価値観が明確になり、
私自身、大きく人生が変わりました。
そのソースの考え方を本田健さんはわかりやすく整理して書いています。

ここから引用です。

■あなたの特質は?

.◆璽謄スト
▲リエーター
L簑蟆魴茲垢訖
ぅ蝓璽澄
ゥ船礇譽鵐献磧
Ε汽檗璽拭
Дーガナイザー(調整役)
物を作る人
コミュニケーター
世話を焼く人(癒す人)

これらの特質のうち、より多く持つ特質を表現するときに、
その人の才能は輝きます。

■意味のある仕事とは?

私はよく「意味のある仕事をしたい」と相談されます。

では「どんな仕事なら意味が感じられますか?」
と聞くとほとんどの人が答えられない。これを明確にしましょう。


■仕事のモデル

多くの人はトランペットが好きなら、『トランペット奏者になることだ!』
としか考えないのです。
しかし、私は幸せの源泉に関する、
あらゆる活動も考えたほうが良いと思います。

々イな事をする
⊇颪
O辰
ぅ哀奪困砲垢
デ笋
広める(マーケティング)
Ф気┐
組み合わせる
プロデュースする
サービスを提供する

●注意点
得意なものや、今まで経験したこと、お金になることで選ぶのは、
オススメしません。ワクワク感が薄れていきます。

----------------------------------------------------------------------
私、松橋は、10年前に「ソース」読んでから人生が変わったと書きました。

『話すのが好き』、『教えるのが好き』そして『研究好き』を生かして
『講師になりたい』と思うようになりました。


自分が得意なものをやっている場合、
やっていてつまらなくなるケースが多いといいます。
失敗を恐れるタイプにその傾向が強く見られるようです。


なぜなら「得意」イコール、誰かと比べて上手いか下手かということです。
自分が好きという基準ではなく、誉められたとか上手いで選んだものは、
ワクワクを維持するのに苦労するんですね。

人の評価を気にしない自分になるのは、とても大きなチャレンジです。
私もやりたいことがハッキリしてから、ずいぶん回り道をしましたが、
全ては今現在のために必要なことだったように思います。

自分の目標や価値観をしっかり知りたい方は、
個人セッションにて明らかにします。
http://www.seminar-oneness.com/


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【セミナーのお知らせ】 7月28日 NLP体験セミナー
----------------------------------------------------------------------
「NLPって何?」
「コーチングってNLPのスキルの一部だと聞いたけど?」
そんな疑問にお答えするために、NLPのワークを通して、
NLPがどれだけ役に立つものなのかを存分に体験していただきます。
自己啓発の総集編といわれるNLPを体感するチャンスです。

■『NLP体験セミナー』

◎日時 2007年7月28日(土) 18:30〜21:00
◎場所 マネジメントサポートセミナールーム
◎交通 JR山手線田町駅 徒歩3分 都営三田線三田駅 徒歩2分
◎定員 20名
◎参加費 3000円 
詳しくはHPへ
↓↓↓↓↓↓
http://www.nlp-oneness.com/category/1175190.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
----------------------------------------------------------------------
7/14の「ワクワクする夢を見つける願望設定セミナー」では
『キネシオロジー』を学んでいる方が多く、
心と体のつながりについての発見がいくつかありました。

NLPでも、身体を使うワークがたくさんありますが、
来月は、『イメージワークNLPセミナー』をやろうと思います。

『身体を使うワークだらけのNLPセミナー!』(仮名)

 『状態管理を感情を決める』とアンソニーロビンズはいいます。

ちなみに17日は私の43歳の誕生日でした。
帰宅すると妻がケーキを用意してくれていました。
「ケーキ1ホールは、食べきれないからカットケーキにしたよ。」

そのカットケーキ一個さえ、食べ切れませんでした。
年齢を感じた誕生日でした・・・。



rich23 at 04:37コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ