催眠

2007年03月08日

■恐怖症の治療を応用

飛行機などの恐怖症には逆行旅行という催眠療法のテクニックがあります。

飛行機に乗るのが怖い患者に、逆行してイメージを促していきます。

〔技にフライトが終わった時点
目的地について幸せに浸っている。
観光地で驚きと喜びの声。
友人を訪ねたり、いっぱいやりながらくつろいでいる。

空港に到着
着陸したばかりで、スムーズなフライトで喜んでいる自分。

フライトの4分の3の時点
映画を楽しんでいる。

っ羇崔賄
食事をしながら会話を楽しんでいる。

ィ簡の1時点
スチュワーデスがやってきて乗り心地を気にかけてくれる
雑誌や飲み物をサービスしてくれている。

ξノ時
この準備のために催眠誘導をここまでやってきたといってもいい。
離陸の瞬間をイメージ誘導する。


このテクニックは、実はさまざまなことに応用できます。
セールスでもっとも障害になるのは断られる恐怖。
特に見込み客発見の段階で、多くのNOをもらうが、
やっているうちに、なにか無駄なことをしているように思う。

「断われるのなんか慣れてるさ」
ベテランの皆さんはそう感じるのかもしれないが、
仕事量が減る原因は、無意識レベルでのこの恐怖が大きい。

そこでこのイメージワークを営業向けに改造しましょう。

■営業が好きになるイメージワーク

ゝ詢粗のコミッションをイメージ
締め日の目標達成をイメージ
C羇嵬槁乎成をイメージ
で蕊文紊里客様の喜びの状態をイメージ
シ戚鷸をイメージ
Δ客様にプレゼンする前をイメージ
Д▲殕縮鷸をイメージ
┘▲櫃鮖呂瓩襪箸をイメージ

私のセミナーではさらにこれを細かくイメージ誘導して、成功のパターンを潜在意識に刻み込んでいきます。

催眠誘導・イメージ誘導は、やけどや麻酔無しの外科手術など、痛みをなくしたり、弱めたりするのに有効なくらいです。営業の苦手意識やモチベーションのダウンに聞かないはずがないのです。
実は、調子が悪いときは、無意識にマイナスの催眠誘導を自分でしています。
意識で何とかしようとがんばるより、もっと無意識にうまく働くやり方を試していきましょう。

■NLP質問
あなたは苦手なものはありますか?
得られる結果から逆算してプラスのイメージをしていますか?

rich23 at 02:01コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ