聴覚的

2007年04月15日

この数ヶ月、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、福岡、沖縄と
全国行脚させていただきました。
参加者の皆さん、ありがとう!

特に初めての沖縄は、東京との温度差を体感。
2月だというのに空港に降りたら、
「オイオイ!係員が皆、半そでだよ!」とびっくり。
早速コートを丸め、キャスターバックに入れての移動になりました。

仕事も終わり、時間の余裕ができたので、海でも観て帰ろうとバス停で待ち、20分経った頃、親切な40代後半とおぼしき女性が声をかけてくれました。

「どこまで行くの?バスは来ないよ、きっと。」
「えっ?時刻表だとあと5分の予定になってますけど・・」
「この辺のバスは、間引きするからね来ないよ。土日はなおさらだよ。」
「ま、間引き??」
意味がわからない??
「えー?時刻表に書いてあるのにバス来ないんですか!!」
「そうよ!たぶん2,3時間そこに立ってたら乗れるかもしれないけど。」」

ここは日本のはず!沖縄のバス会社よ!そりゃないだろう!ここは東南アジアか?
そういえば、ネットでガイド情報を検索しているときに
「沖縄のバスは当てにならないので」
と言うフレーズを何度か読んだな。あれはこういうことか!
バスが時間を守らないという意味ではなく、そもそも来ないということだったんだ!・・・

てなわけで、ご好意に甘えて乗せてもらって、迎えに行く高校生のお子さんの話などしながら、海に到着。
沖縄の人情に触れられてうれしかったです!。ありがとうございます!

沖縄に別れを告げ、那覇空港を離陸して30分たった頃です。
なれない暑さもあり、疲れでウトウトしているとき、恐怖のアナウンス!

「機長の○○です。機体の不調がありました。飛行には問題がありませんが、万全を期して那覇空港に戻ります。」
疲れのピークでのダメ押しに凍りつく。しかも、追い討ちの言葉。

「燃料が重過ぎるので、あと30分ほど旋回して、機体を軽くしてから着陸します。お急ぎのところ・・・」
最終便のフライトなんぞ選ばなきゃよかった・・・。


那覇空港に到着し、ゲート前出発ロビーで待機。
そういえば、晩飯食べてなかった。腹減った。売店はどれどれ。
あっ、全部閉まってる!22時過ぎじゃ、出発便ないもんね。

整備完了で一時間後に再離陸で、東京は雨だったので、嵐にもまれながら深夜一時に羽田に到着。JALからタクシー代は後日清算で、家に着いたのは2時近く。
タクシーの運ちゃんいわく、
「機体故障で運が良かったねぇ、悪天候での遅延だとタクシー代は出ないよ」
本当に運がよかったんだろうか・・・?

妻いわく、「よっぽど沖縄を離れたくなかったんだね」
そ、そんなわけでは・・・・

「帰りはタクシーで帰れたらいいな。
イヤ、600円で済むのを1万5千円かけるのは無駄使いだろう。
あ、遅れたら、JAL持ちでタクシーで帰れるかも。」
神様。出発時に疲れているとはいえ、こんなことを思った自分をお許しください。
思考は現実化します。

こんな体験しながらも、沖縄にはまた行きたいですね。
沖縄の研修担当の方、セミナー運営の方、青年会議所の方。ぜひ呼んで下さい。割引、激安でしますよ。(笑)
JALさん、機体整備だけはちゃんとお願いしますよ。

■傾聴 レベル

レベル2は、『集中的傾聴』の状態です。
自分の意識が完全に相手に向いている状態です。
つまり、相手のすべての言葉と、すべてのボディーランゲージ、
それらをどれひとつ見逃さないぞという意識を持って、
聞いている状態です。
同じ「きく」でも、「聞く」というよりは「聴く」という感じが当てはまります。
お互いを見つめ合う恋人などはまさにレベル2の状態です。
周りのことなどまったく目に入らないくらい相手に集中していて、
すべての神経が相手に注がれている状態です。

コミュニケーションの達人は、その状態に入るのがうまいといえます。


■質問
相手に神経を注いでいますか?

rich23 at 03:40コメント(0)トラックバック(0) 
Profile
松橋良紀
ワンネス協会代表
http://www.nlp-oneness.com/

経営コンサルタント。
セールスNLPコンサルタント。
セールスNLPトレーナー&ライフ・コーチ。
米国NLP協会認定・NLPマスタープラクティショナー。
16年の営業経験・営業トレーナーの経験を生かし、「しゃべらないで売る!」をコンセプトに活躍中。

NLPなど心理学については、日本を代表する先生方に師事する。
自己啓発・成功哲学など「こころ」の分野に精通。
トータル的な成功をサポートするコンサルタントとして活躍中。
グーグル
Amazonライブリンク
訪問者数

足跡
  • ライブドアブログ